髪型を変えるときには、誰しも失敗したくないと思うものですよね。

髪を切って取り返しがつかなくなってしまう前に、一度試しに髪型を変えることが出来たらな…と思ったことは誰しも一度はあるのではないでしょうか?

この記事では、そんな方におすすめする髪型シュミレーションができるアプリを紹介しています。

アプリでシュミレーションして失敗せずに髪型を変えましょう。

美容室に行くのに失敗したくない

髪型を変えたいから、美容室に行きたい、でも髪型を変えて後悔したくもない…と悶々と悩んでしまう人も多いですよね。

どれだけ想像しても、実際に髪を切ってしまわないと切った後の印象は分からないものです。

切ってみたら似合わなかった

ヘアスタイル雑誌を見て一目ぼれした髪型と全く同じにカットしてもらったにも関わらず、仕上がった自分を鏡で見ると髪型が全く似合っていない自分がそこに映っていた、という経験をした事のある人は少なくないでしょう。

人それぞれ骨格や顔立ちも違う

ヘアスタイル雑誌は、あくまで美容師さんが提案したい髪型が似合うモデルさんを選んでカットしています。

そのため、写真の雰囲気はモデルさんの顔立ちや骨格があってこその雰囲気なのです。

写真通りになるには、顔を変えるしかないということです。

髪型を失敗する原因


髪型を失敗する人には、多くの共通点があります。

こんな考え方や行動をしてしまう人は髪型選びで失敗しやすいので注意しましょう。

他人の意見に耳を貸さない

「この髪型が似合うと思うよ」「こうした方が良いんじゃない?」という他人の言葉に耳を貸さず、自分の決めたことをガンとして貫く人の多くは髪型に失敗しやすいと言えます。

他人の意見は第三者からの現実的な意見であることが多いので、そのアドバイスをされてしまう理由をよく考えて、アドバイスに耳を傾けましょう。

何の確証も無いのに自信を持つ

どんな人でも髪型を変える場合、絶対に似合う確証というものはなく結果として「似合うか」「似合わないか」ということが分かるものです。

髪型を変える前から、「この髪型は絶対私に似合うはず」と思い込んでしまうと、他人の意見に耳を傾けることができず髪型選びに失敗してしまいがちです。

同じヘアモデルの髪型ばかりが気になっている

同じヘアスタイル雑誌の中で、同じヘアモデルが登場していることはよくあることです。

雑誌を見ていて、同じヘアモデルの髪型ばかりが気になっている場合、それは髪型でなくモデルさんの顔や雰囲気が気に入っているに過ぎません。

実際に、そっくりそのまま同じ髪型をしても、顔が違うと雰囲気は変わるものなので、ヘアモデルの顔や雰囲気で髪型を選ぶと髪型選びに失敗しやすいですね。

自分の髪質を考慮しない

髪質によってはクセがあってボリュームが過剰に出やすかったり、直毛で全く自分でボリュームを出すことができないなど髪質によっては、できない髪型や似合わない髪型が存在します。

そんな自分の髪質を考慮せずに髪型を選んでしまうと、美容師さんの仕上げなら上手く決まっていても、翌日からは全くセットが出来ず似合わない髪型になってしまうことがあります。

美容師の提案に対してケチる

っ髪質に合わない髪型を希望された場合、美容師は矯正やパーマなどでそれを実現しようとします。

しかし、金額にケチってカットだけで強行してしまうと、結局自分自身でセットをすることが出来ずに髪型選びとしては失敗してしまうと言えるでしょう。

初めての美容師にイメチェンをお願いする


美容師によっても技術にバラつきがあったり、お客さんの意図や希望をくみ取るコミュニケーション能力にも差があるのが普通です。

お金を払って技術を買うのですから、満足いく技術を希望するのは当然かもしれませんが、美容師も万能ではないので当たりはずれがあっても仕方ないものです。

初めて担当してもらう美容師にイメチェンをお願いしてしまうと、自分の希望が上手く伝わらなかったり、技術の高さが分からないことで髪型のチェンジが大きな賭けになってしまいます。

初回はあまり変化を付けない方が良い

どんな美容室でも3回通ってみるのが良い、と言われるように、3回通えば大抵の美容師さんはお客さんの好みやこだわりをしっかりと理解してくれると言います。

逆に3回通っても希望通りにならない場合は、美容師の技術の問題かもしれません。

初回の美容室ではあまり変化を付けずにカラーのようなやり直しがきくメニューを頼んだり、毛量調整などをオーダーして様子を見るのが良いかもしれません。

担当の美容師にお願いする

長く担当をお願いしている美容師がいると、自分の好みはもちろん、過去にした髪型、自分のライフスタイルなどを考慮した上で髪型を提案してくれたり、アドバイスをしてくれます。

髪型に失敗してしまう人の多くは、値段で美容室を転々とする美容室難民です。

信頼できる美容師を持つことも髪型に失敗しないための方法と言えますね。

髪型シュミレーションができるおすすめアプリ9選!

髪型を変える前に髪型シュミレーションアプリで、自分の顔にその髪型が似合うかどうかシュミレーションしてみましょう。

おすすめのアプリをご紹介していきます。

ヘアスタイルシミュレーション-SimFront

自分の顔写真を使って、色々な髪型や髪色をシュミレーションすることができます。

自分の顔写真を撮ると、それがアプリに読み込まれて自動的に3D化されます。

しっかりとアプリが顔のパーツを認識しているので、試してみたい髪型をちゃんと顔に合わせてくれます。

アプリの中で自分の顔が3D化されているので、瞬きをしたり、表情を変えることまでできます。

メイクをすることもできるので、髪型シュミレーション以外でも普通に楽しめるアプリです。

かなり細かい設定変更が可能

ヘアスタイルシュミレーションは、かなり細かく設定を変更できることが魅力のアプリです。

髪型もしっかりと顔写真にフィットするほか、メイクを変えることや表情を変えることもできるので様々なパターンで髪型をシュミレーションすることができますよ。

らしさヘアスタイルデザイナー

こちらっも写真を撮り込んで髪型を当てはめることでヘアスタイルのシュミレーションをおこなうことのできるアプリです。

ヘアスタイルのほかに、ヘアカラーやメイクを変えることもできます。

ナチュラル系ヘアから、カジュアル系ヘアまでさまざまなパターンの髪型があり、髪型を長さ別に選ぶことができます。

ZIPで話題になったアプリ

「らしさ ヘアスタイルデザイナー」は朝の情報番組、ZIPのSHOWBIZコーナーで取り上げられて一躍話題になったアプリです。

今をときめく有名な美容師の提案する髪型を試すことができるほか、月に一回新しいヘアスタイルが更新されるのも、このアプリの特徴のひとつです。

髪コレ

「髪コレ」は、髪型の画像に一枚ずつ自撮り写真をガイドに合わせながら当てはめていくことで、髪型をシュミレーションができるアプリです。

ガイドに合わせて写真を撮って合成するので、髪型の写真にリアルに自分の顔がフィットしてリアリティのある髪型シュミレーションをすることができますよ。

写真を合成した後に、上下左右に写真を動かして微調整することで、より細かいシュミレーションをすることができますよ。

MakeupPlus

こちらは髪型えはなく、メイクをバーチャルでシュミレーションすることのできるアプリです。

スッピン写真を取り込むことで、かなり忠実にメイクをシュミレーションすることができます。

このアプリの凄いところは、有名コスメブランドのコスメをシュミレーションできるというところです。

シュミレーションしてみて、気に入ったコスメがあれば、そのコスメを購入することもできます。

HairColorDye-HairstyleDIY

こちらはヘアカラーのシュミレーション専用のアプリです。

取り込んだ写真の髪色だけを綺麗に変えることができて、何なら複数の色を使用することも可能です。

自分に似合う髪色に悩んでいて、様々な髪色の中から似合う髪色を探したいという人におすすめのアプリです。

取り込んだ写真をペンでなぞっていくと、髪色を変えることができるのでグラデーションカラーやメッシュなどをシュミレーションすることも可能です。

有料版ではフィルターや髪色の種類が更に多くなり様々なヘアカラーをシュミレーションすることができますよ。

ChouChouヘアスタイル・シミュレーター”シュシュ”

こちらも写真を使った顔ハメ型、髪型シュミレーションアプリで、表参道の人気美容師が提案する多数のヘアスタイルをシュミレーションすることができます。

手軽で操作が簡単な上に、気に入ったヘアスタイルを見つけたときには、アプリからそのヘアスタイルを提案した美容室を予約することが可能です。

シュミレーションから美容院の予約までがかなり簡単におこなえます。

髪型300種類以上!髪型シミュレーションesalon

こちらも顔写真を取り込めば、選んだ髪型と顔写真を自然に合成してくれます。

一度顔写真を取り込むと、後は髪型を選ぶだけで何パターンでもヘアスタイルをシュミレーションすることができます。

この青売りの凄いところは何と言っても300種類以上の髪型パターンです。

王道の髪型からコスプレの髪型まで、かなり多くのヘアスタイルをシュミレーションすることができるので、きっと自分に似合う髪型が見つかりますよ。

Sturk/HairCloud

「Sturk/HairCloud」も顔写真を取り込むことで髪型をシュミレーションするアプリですが、このアプリのすごいところは、これまでの髪型シュミレーション、ヘアカラーシュミレーションはもちろんのこと、自らオリジナルのヘアデザインを作ることができることです。

カット機能を使えば「このデザインよりもう少しだけ短く」をシュミレーションすることができます。

ふせん機能で、複数のヘアデザインを見比べることができる機能も使い易いポイントです。

メンズヘア-Menshairapp

これまでの髪型シュミレーションアプリは、ほとんどのデザインが女性向けのものでした。

たまに男性向けのヘアデザインがあっても、その数は少ないものであまり男性にとって実用的なアプリではありませんでした。

しかし、「メンズヘア-Menshairapp」は男性向けの髪型シュミレーションアプリです。

このアプリなら、きっと男性にとっても理想的な髪型が見つかりますよ。

自分に合った髪型の見つけ方とは?

髪型をシュミレーションしてみることができれば、自分に合った髪型を見つけやすくなりますが、それでも無数のヘアデザインの中で自分に似合う髪型を探すのは大変ですよね。

自分に合った髪型を見つけるにはこんな方法があげられます。

自分の事をよく知る

自分に合った髪型を見つけるためには、まずは自分のことを客観的な目で見てよく知ることが大切です。

自分をよく知るために、鏡を見る人も多いですが、鏡の情報は左右反転していることで、自分のイメージを重ねてみている部分があります。

自分の事をよく知るためには写真を使って、自分のことをよく見てみるのがおすすめです。

顔の雰囲気を理解する

まずは髪の雰囲気を理解しましょう。

自分の顔は優しく見えるのか?キツそうに見えるのか?など、自分が他人だとしたら自分のことを第一印象でどう感じるのかをよく考えてみましょう。

そのイメージが自分の希望するイメージなら、その雰囲気をよりよく見せる髪型を、そのイメージが自分の希望するものでないならイメージを変える髪型にして雰囲気を変える必要があります。

顔の輪郭を知る

髪を全て縛って、自分の輪郭をよく観察してみましょう。

丸顔、面長、エラ張り、卵型などの顔型はもちろん、自分の顔はどこに凹凸があるのか?どちらに偏っているのか、耳の位置などをしっかりと把握しましょう。

髪型を決める上で、顔型はとても重要な要素なので、顔の輪郭以外にも頭の形もチェックしておくと良いでしょう。

髪質を知る

髪質によって、できる髪型やできない髪型があります。

自分の髪質をよく知ることで、自分
の髪でできる髪型を知ることができます。

髪が硬いのか柔らかいのか?直毛なのかクセ毛なのか、クセ毛ならばうねっているのか縮れているのか?など様々な角度から自分の髪を知りましょう。

自分の過去の髪型から似合っていた髪型を探す

自分のこれまでの写真などを振り返ってみると、実際にやってみて似合っていた髪型や、そうでなかった髪型がリアルに分かるものです。

似合っていた髪型と同じ系統の髪型にすることで、失敗なく似合う髪型を選ぶことができますよ。

友人に相談する

信頼できる第三者の意見というのは、とても現実的です。

自分では納得いかない返答が返ってくるかもしれませんんが、それが他人から見た自分という人間の印象なのです。

友人に「髪型を変えようと思うんだけど、どんな髪型が私に似合うと思う?」と聞いてみましょう。

そして、友人が提案した髪型と、その髪型が自分に似合うと思った根拠まで聞いてみると良いかもしれません。

美容師に相談する

美容師は髪型のプロです。

美容師に相談することで、自分でも知らなかった髪や頭の形の特徴を教えてもらえて、それを踏まえた上での提案をしてもらえることでしょう。

自分のライフスタイルやヘアアレンジが得意かそうでないかなど細かく相談すればするほど、自分の扱いやすい理想のヘアスタイルを提案してくれます。

オンラインサービスを利用する

最近ではオンラインで、髪型のアドバイスをしてくれるサービスもあります。

しっかりと髪型に関する知識を持ったプロのアドバイスを受けることで、自分に似合う髪型を見つけることができます。

かつらwith ヘアスタイルシミュレーション

かつらwith ヘアスタイルシュミレーションは、かつらを作る際の相談をオンラインで受け付けています。

自分の顔写真を使って似合う髪型を探しながら、プロ目線で似合うかつらの提案やアドバイスをおこなってくれます。

HotPepperBeautyイメージ診断

簡単な質問に答えていくだけで、あなたの好みのテイストを診断してくれて似合う髪型を提案してくれます。

自分に似合う髪型だけでなく、自分の好きなヘアスタイルをしたいという人におすすめのサービスです。

アプリを使用する

この記事でも紹介している髪型シュミレーションアプリを使って、ひたすら髪型をシュミレーションしてみるのも有りですね。

シュミレーションする中で、自分がしっくりくる髪型を見つけるまでひたすら当てはめてみましょう。

顔の形に合うヘアスタイルのポイントを教えます!

顔の形によっても似合う髪型と、そうでない髪型があります。

自分の顔型にどんな髪型が似合うかを知ることで、自分に似合う髪型を見つけるヒントになりますよ。

丸顔

丸顔の顔型の人は、少し高さを出してあげるだけで理想的な顔型と言われる卵型のフォルムに近付けることができます。

髪型を選ぶ際には、トップに高さを持たせることや、毛先をシャープにして丸みをつけ過ぎないように気を付けましょう。

レイヤーカットをする

レイヤーカットとはいわゆる「段」をつけるということです。

髪の内部より外側を短くカットすることで、毛先がシャープになり軽やかな印象になるのが特徴です。

段を入れるといっても、調節次第で毛先に重みを残すこともできるので「レイヤー=軽くなる」といったイメージは間違いです。

トップにボリュームを持たせる

卵型の顔型をしている人にはトップにボリュームを持たせることが重要です。

ショートヘアならトップにボリュームを持たせるのも簡単ですが、髪が長くなればなるほど、トップは髪自体の重みで潰れやすくなってしまいます。

髪を長くするときには、トップのボリュームを持たせるために大き目のパーマを当てるなどの工夫が必要です。

ロブ

丸顔の人にぜひおすすめしたいのが、長めのボブスタイルであるロブです。

鎖骨辺りに重い部分を持ってくることでAラインのシルエットが綺麗に出ます。

アレンジなどもしやすく、丸顔の人を卵型に見せてくれる髪型です。

ロングフルウェーブ

トップのボリュームを持たせるという意味では、ロングのフルウェーブもおすすめです。

トップから大き目のウェービーパーマをあてることで、トップにボリュームを出しつつAラインのシルエットを作ることができます。

横広がりになり過ぎないように、あまり細かいウェーブをあてないように注意しましょう。

面長

面長な顔型の人は、横にボリュームを持たせることで全体のバランスを取りましょう。

面長な人は縦の高さを出してしまうと、面長を強調してしまうので注意が必要です。

サイドにボリュームを持たせる

面長の人は、フォルムをひし形にすることをイメージしてサイドにボリュームを持たせた髪型を選ぶと似合いやすくなります。

ボブやサイドを後ろに流すような髪型にすることで、顔型に似合うようになります。

前髪を作る

前髪を長くしてしまうと、面長を強調して顔が長く見えてしまいます。

面長の人は積極的に前髪を作ることで、顔の縦幅を目立たないようにすることができますよ。

マッシュショート

頬の辺りに重さを持たせたマッシュショートは面長の人を小顔に見せてくれる髪型の1つです。

フォルムは重めに、でも中でしっかり毛量を調節して軽やかにすることでセットも簡単な扱いやすいヘアスタイルになりますよ。

目の位置ギリギリの重め前髪

面長の人には顔の縦幅を小さく見せる、目の位置ギリギリの重め前髪が似合いやすいです。

ガーリーな雰囲気になりますが、小顔に見えて可愛い雰囲気を作ってくれますよ。

ベース顔

エラの張っているベース型の顔型の人は、エラが張っているのと同時に頭のこめかみ部分が張っている人が多いと言えます。

元から頭や顔が大きく見えやすいので、ボリュームを出すことを否定的に考えている人が多いですが、バランスよくボリュームを出すことでフォルムを整えればかえって顔周りが小さく見えますよ。

顎周りをふんわりさせる

ベース型の顔型を持つ人は、エラが張っている顎回りをコンプレックスに思っていることが多いです。

その顎周りの髪をふんわりとさせて、エラを隠すことで小顔に見せることができます。

トップに高さを持たせる

エラと同時にこめかみ部分の骨格が張っている人は、トップの骨格が低くなっていることが多いです。

トップにしっかりとボリュームを出すことで、ひし形のフォルムに近付けることができ、髪型に締まりが出ますよ。

ミディアムのランダムワンカールヘア

ベース型の顔型をしている人は、いかにエラとこめかみの張りを隠すのかが重要です。

鎖骨が隠れる位の動きがあるランダムなワンカールヘアにすることで、Aラインを作りこめかみの張りを隠しながら、毛先の動きでエラをカバーすることができます。

肌の色別!似合う髪色

髪型と同じく雰囲気や印象を変えるのがヘアカラーですよね。

自分の肌の色に合う髪色にすれば、より自分を魅力的にしてくれますが、反対に自分に似合わない髪色にしてしまうと肌がくすんで見えてしまうこともあります。

黄色ベース

肌の色が黄色をベースしている人には、赤系の髪色が似合うでしょう。

明るい色でも暗い色でも、ビビットな色味でレッド、カッパー、ブラックなどのハッキリした色にすることで肌色が綺麗に見えます。

くすみ系カラーにしたいなら

黄色ベースの肌色の人が、くすみ系のカラーにしたいのなら、黄色人種の肌色に比較的馴染みやすいマット系カラーにするのがおすすめです。

肌色をクリアに見せてくれながらくすみ系カラーを楽しむことができます。

青色ベース

肌の色が青色ベースの人は、くすんだ色味にすることで肌の透明感を際立たせることができます。

アッシュ、イエロー、ベージュなど、くすみ系カラーに似合いやすいのは青色ベースの肌色をしている人です。

赤系カラーにしたいなら

赤系カラーはくすみ系とも混ぜ込みやすいので、ピンクアッシュやピンクベージュなどのカラーリングにするのが良いでしょう。

また、くすみと赤みを両立させたバイオレットもおすすめのヘアカラーです。

髪型を選んだら次は美容室を選ぼう!美容室や美容師の選び方

いくら自分に似合う髪型を見つけたところで、それを再現してくれる美容師を選び損ねると元も子もありません。

美容室や美容師を選ぶ際には、こんなポイントに気を付けて美容室や美容師を選んでみましょう。

自分に合う客層をターゲットにしている美容室を選ぶ

美容室によっては、ターゲットにしてる客層が様々です。

オシャレ度の高い若者をターゲットにしているお店、主婦などのファミリー層をターゲットにしているお店、ドレッドやダブルカラーなど特殊なデザインを好む層をターゲットにしているお店と様々です。

お店のHPや立地から、上手に自分にピッタリの客層をターゲットとしている美容室を探しましょう。

繁華街のお店は若者向け

繁華街やオシャレな街にある美容室は、若い人やオシャレ感の高い人をターゲットにしている場合も多いです。

雑誌で活躍するスタイリストが在籍していたり、最新のカラー剤、パーマ機材などを導入しているお店も流行に敏感で若者向けと言えます。

トレンド感が強く最新の流行ヘアやカラーを提案してくれるのが特徴です。

住宅街や閑散としている場所のお店はファミリー層向け

住宅街や閑散としている場所にある小さな美容室は主婦などのファミリー層をターゲットにしているお店であることが多いですね。

子ども向けのカットサービスを大々的に宣伝しているお店はファミリー層向け美容室の確率が高いです。

トレンド感はあまりないものの、普段のお手入れがしやすい髪型や、じっくりとカウンセリングをしてくれるのが特徴です。

男性美容師と女性美容師

最近では男性美容師が一般的となり、中には男性美容師しかいない美容室もありますよね。

美容師を指名する際に男性美容師と女性美容師のどちらを選ぶのかは、自分の希望するテイストに合わせて選ぶのがおすすめです。

カッコイイ女ウケヘアは女性美容師

女性美容師は、同じ女性ということで女ウケするクールなヘアスタイルやモードなデザインを得意とする人が多く、デザインと共に、普段の扱いやすさや今後のヘアスタイルの展開まで考えて髪型を提案してくれることが多いと言えます。

その反面、女性にしかウケない前髪パッツンやオンザ眉毛などの個性的ヘアも躊躇なく薦めてきたり、人によっては「これ位なら痛くないから」と髪の扱いがやや雑な人もいます。

同じ女だからこそ、扱いがやや大雑把に感じるのかもしれませんね。

デザインと雰囲気重視の男ウケヘアは男性美容師

男性美容師は、男性目線で女性の可愛い雰囲気を作るので男ウケする髪型にしたいのなら断然、男性美容師を指名するのがおすすめです。

何よりもディティールや雰囲気にこだわり、素人目ではよく分からないような部分に注力することもありますが、実際に有名美容師さんとして人気モデルを担当している美容師の多くは男性美容師です。

異性に触れるということで、扱いが丁寧だと感じる人も多いようです。

その半面、自分の意見をお客さんに押し付けがちになったり共感の面でいうと男性美容師とは分かり合えないことも多く、デザインは素敵だけど自分のオーダーとは違うと感じる人も少なくないようです。

指名をする

美容室の予約をする際に、多くの美容室で「担当者の指名はありますか?」と聞かれますよね。

初めて行く美容室だと、どんな美容師さんがいるのかも分からないので、指名せずに来店する人がほとんどです。

しかし、美容師の指名はできればした方が良いと思います。

指名されて「自分にカットをして欲しい」と言うお客さんと「誰でも良いからカットして欲しい」というお客さん、自分が美容師だとしたらどちらにモチベーションが高まるでしょうか?HPやサイトなどで美容師さんの情報を調べて、美容師さんを指名して予約しましょう。

知り合いの紹介で美容室に行くのがベスト

新しい美容室に行く際には、知り合いの行っている美容室に紹介という形で来店するのが最もベストな方法です。

もちろん、同じ担当者を指名するのが良いでしょう。

美容師も、既存のお客さんと繋がっていると緊張感が全く違い接客にも身が入ることも多いです。

紹介者繋がりで話題も豊富になるので、お互いに緊張しにくくなるのもメリットのひとつです。

髪型シュミレーションをして準備万端で美容室に行こう☆

美容室に行くとついつい緊張して、何も考えられなくなったり美容師さんに全部お任せしてしまって自分の希望を伝えられないという人は、しっかりと自分自身で髪型シュミレーションをして、似合う髪型を探してから美容室に行くようにしましょう。