「自分にはとてもできそうにないな」「成功する確率は低そうだな」思わずそう思ってしまうような”到底無理なこと”に直面することって、生きていれば誰にでも結構あるものですよね?

そしてそういうことって「到底無理」ともう最初から感じてしまっているわけですから、実際行動を起こしたり挑戦する前から諦めがちになってしまうという人がほとんどなのではないでしょうか?

でも…それって実は少し勿体ないこと!何故ならそういう到底無理なことというのも挑戦してみることで実は様々なメリットが生まれるようになってくるものだから。

無理、と感じてしまうくらい難しいものだからこそそれだけ素晴らしいメリットもたくさん出てきて、多くのものを得られるようになっていくんですよ。

というわけで今回はそんな”到底無理なことに挑戦することで得られるメリット”についてもっと具体的にご紹介していくので、挑戦してみることの重要性・意義について皆さんにもここで改めて知っていただければと思います。

なのでいつも無理そうなことに直面するとすぐ諦めがち…なんて人は特に読んでみて。

挑戦しようというモチベーションを今後少しでも持てるように、色々参考にするようにしてみてくださいね!それでは見ていきましょう!

到底無理なことって最初から諦めていませんか?

冒頭でもお話したように、思わず「無理そうだなぁ…」と思ってしまうくらい難しいことに直面することって人生の中には多々あるもので……そしてそういう到底無理なことって当然自信も意欲も持ちづらくなってしまうものなので、みんな最初から結構諦めがちになってしまったりするんですよね。

きっと読者の皆さんもそうなのではないでしょうか?しかし…先程言ったように、そんな到底無理なことというのもいざ挑戦してみると実は様々なメリットが出てくるようになるもの。

一見無理だと感じてしまうくらい難しいものだからこそ、それだけ自分自身が鍛えられるようになったり、新たにいろんなことを学ぶようになったりと、色々なこともできるようになるわけで。

挑戦した後には自身のためになる多くのものを得ることができるようにもなったりするわけです。

だから無理そうだからといって何もせずすぐに諦めてしまうというのは、やっぱり非常に勿体ないことだったりするんですよね。

とにかく挑戦することに大きな意義がある

しかもそのメリットというのは到底無理なことを”完璧に乗り越えた”時に得られる、というものではありません。

到底無理なことに挑戦して”頑張って行動を起こしていく”中で段々と得られるようになっていくものなわけです。

つまり、例えその挑戦が本当に無理で残念な結果に終わってしまったとしても、まず挑戦して頑張る時点でメリットは十分得られるようになるということ。

結果などはそこまで重要ではなく、挑戦することに大きな意義があると言えるようになってくるわけです。

だから「無理かも…」と結果のことを気にしてすぐに諦めてしまうなんていうのは、やっぱり勿体ないこと。

とにかくまずは挑戦してみるという気持ちを起こし、そして実行することがとても大事になってくるんですよ。

到底無理なことにも挑戦する10個のメリットとは

では、挑戦することの重要性・意義をもっと知っていただくためにも、ここからはいよいよ本題である”到底無理なことに挑戦するメリット”についてご紹介。

到底無理なことに挑戦することで人がどんなことを得られるようになるのか、というのをより詳しくお話していきたいと思いますよ。

先程もお話したように、到底無理なことというのはやはり「無理…」と感じてしまうだけあって普通は自信なども持てず、挑戦しようという気持ちもなかなか起きづらいものですが…このメリットを知ればきっと多くの人がモチベーションを上げられるようになるはず。

それだけ本当に凄いメリットが色々あるんですよ。

なので皆さんぜひここをじっくり読んで!今後難しいことに挑戦する時のための参考にするようにしてみてくださいね。

では、見ていきましょう。

人間として成長できる


到底無理なことに挑戦することで得られるようになるまず大きなメリットといえば、自分自身が人間として成長できるというところになってくるでしょう。

やはり人というのは何かに挑戦をすると様々な経験をするようになり、心身共に鍛えられるようになるものですし。

しかもその挑戦することが到底無理と思えるくらい難しいことなどになってくると色々問題や壁も増えてきて、それにぶつかりながらも必死に頑張るようになり、結果余計に鍛えられるようになりますからね。

やっぱりそれだけ人間として大きく成長できるようになるんですよね。

ちなみに具体的にどんな風に成長できるかというのはこの後お話する様々なメリットからもよく分かると思うので、最後まで1つ1つじっくり読んでいってみてくださいね。

心が強くなれる

というわけで、到底無理なことに挑戦することでどんな風に成長するようになっていくのか、というお話ですが…特に鍛えられ成長できるようになる部分といえば、やっぱり精神面になってくるでしょう。

つまり到底無理なことに挑戦することで、心も強くなれるというまた違ったメリットも得られるようになってくるんですね。

先程も言いましたが、やはり到底無理と思えるくらい難しいことに挑戦すると色々経験することや、問題や壁も余計に多くなってきますからね。

そうしたことにぶつかったり乗り越えようと必死になることでそれだけ心も鍛えられるようになり、そのうちちょっとしたことではビクともしないような強い心を持てるようになっていくというわけなんですね。

心が鍛えられるというのは体を鍛える以上に人をグッと成長させるものですからね。

これも自身のプラスとなる非常に嬉しいメリットですよね。

失敗の苦しみを経験できる

到底無理と思うような難しいことなどに挑戦すると、すんなり自分の理想通りに事が進む、なんていう風にはなかなかいかなくなってくるものです。

お話したように問題や壁なども増えてきますし…どちらかというとやはり失敗や挫折をすることの方が多くなってくるでしょう。

でも実はそれも完全に悪いことというわけではなくて、むしろ少し良いことだったりするんです。

何故ならそうして失敗や挫折をするというのは、逆に失敗の苦しみを知ることができるという良い機会になるものだから。

そうして普段はなかなかできない貴重な経験をできるようになり、そしてその経験によって人間としてまた大きく成長できるようにもなるわけです。

つまりこれも自身のためになる立派なメリットの1つと言えるようになってくるわけなんですね。

人の気持ちが分かるようになる

ちなみに失敗の苦しみを経験することでどんな成長ができるようになっていくのかというと…やはりこの場合も気持ちの面での成長が大きくなってきます。

特に、人の苦しみなどが分かるようになる。

こういった成長をするという場合がほとんどになってきますね。

というのも、こういう苦しみや傷みというのは実際経験することで「あぁ、こんなに辛いものなんだな」と自分自身も本当に心から実感し分かるようになるものだから。

だから周りの人が同じように苦しんでいる時も「この人もあの時の自分みたいな気持ちなんだなぁ」とその辛さがよく分かるようになって、そしてそれだけ人に対して気遣いや優しい心も持てるようになっていくわけです。

つまり、失敗の苦しみを経験することで周囲の人に対して優しくなれる。

到底無理なことに挑戦をするとこんな素晴らしい成長ができるようになったりもするんですね。

対策を練ることができる


また失敗の苦しみを経験することは自分自身にある力も付くようになり、それも成長へと繋がるようになります。

その力というのは、問題に対して考える力のこと。

要は対応力のことです。

例えば1度失敗をして苦しい思いをするとその失敗の経験を基に「こうすると失敗してしまうんだな」というのが分かるようになるので、「じゃあ次はこうしてみよう」なんていう風に他の対策を色々と考えるようになったりしますよね?

そうすると問題に対して考えるという力を自然と鍛えられるようになっていくわけですし、実際失敗しないための良い対策なども考えられるようになり対応力も身につくようになっていく、というわけです。

つまりは「失敗は成功のもと」ということですよね。

だから先程も言ったように、到底無理なことだからといって失敗などを恐れる必要はまるでないということ。

むしろそうやって失敗は成功に繋がるようになるんだ、と前向きに考えるようにして、どんどん挑戦していくようにしていった方が良いというわけなんですね。

人生で語れることが増える

お話したように、到底無理と思えるような難しいことなどに挑戦すると色々経験できることも多くなってくるものですが…そうした経験は自身の成長だけでなく、人生で語れることを増やしてくれるというまた違うメリットを引き出すようにもなったりするんです。

例えば挑戦するために自分がどんなことをしたのかというのもそうですし、先程言ったような失敗の経験などもそう。

あるいはそういった経験から感じたことや学んだことなど、実体験を基にした色々な話のネタができ、そしてそれを周囲のいろんな人に語れるようになるわけです。

しかもそれらは到底無理なことに挑戦したという自分が頑張ったという証になる話ですから、どれも自信を持って語れるものばかり。

だから誇らしい立派な話としてたくさんの人に堂々と話すことができますし、それを話すことで自分自身もより誇らしく気持ち良い気分になれたりもするんですよね。

周囲の人にアドバイスもできる

そうした実体験を基にした話というのはただ語るだけでなく、アドバイスとして周囲の人に伝える、なんてこともできるようになります。

「自分はこうして上手くいったから同じようにやると良い」あるいは「自分はこれで失敗をしたから気を付けた方が良い」といったように、実体験を踏まえた上で適切なアドバイスをできるようになるんですね。

そうするとただただ語って気持ち良い気分になれるというだけでなく、実際周囲の人の役にも立てるわけですから、より誇らしい気分にもなれるわけですよね。

もしかしたら自分自身のそういう経験を聞くことで周囲の人も難しいことに挑戦する勇気を持てるようになるかもしれないわけですし。

そう考えるとこの「語れることが増える」というのもやはり意義のある非常に嬉しいメリットと言えるようになってきますよね。

挑戦しなければ分からなかったことが分かる

到底無理なことに挑戦して色々な経験ができるようになると、新たに発見することや改めて学ぶことなど、色々分かることもそれだけたくさん出てくるようになります。

つまり、挑戦しなければ絶対に分からなかった物事・世界が分かるようになる。

そんなメリットも得られるようになるということです。

そうするとこれまで以上にいろんなことを知って吸収できるようになるわけですから単純に楽しいですし、そうして得た知識なども様々な場面で役立てられるようにもなったりしますよね。

またそうして新たに分かることが出てくればそれだけ自分自身の視野を大きく広げられるようにもなるので、それによって考え方などを変えられるようになったり偏見を持たないようになったりと、やはり自分の良い成長にも繋がるようになっていくということに。

挑戦しなければ決して得られなかった良いところもたくさん得られるようにもなる、というわけなんですよね。

思考力が高まる

やはり人というのは難しいことに挑戦するとより様々なことを考えるようになり、それだけ頭を使うようになりますよね。

なので到底無理なことに挑戦した時も当然そうして考え頭を使うということが多くなってくるので、段々と思考力が高まってくるといったメリットも見られるようになってくるんですよ。

例えば到底無理なことに挑戦となると物事がすんなりとは進まないようにもなってきますから、どうしたら上手く進められるようになるのかというのも常に考えるようになってきますよね。

また問題や壁にぶつかることも増えてくるので、そのための対策だって考えたりもしますし。

先程お話したように、失敗した時などには次に成功するための方法を考えるのに頭を使うようにもなります。

このように到底無理なことに挑戦した時というのは本当に様々なことに対して考えるということをするようになるわけです。

だから自然と思考力も高まるようになっていき、頭の回転が速くなったり良い考えを導き出せるようになったりと、そういった効果も段々と出てくるようになるというわけなんですね。

エネルギーが湧く

お話したように、人というのは到底無理なことに直面すると自信や意欲も持ちづらくなってしまい、なかなか挑戦もしづらくなってしまうものです。

だから挑戦した後も「なかなかやる気なんて出ないんじゃないかなぁ」と思われがちだったりするんですが……実際は真逆の場合があります。

実は到底無理なことに挑戦すると、反対にエネルギーが湧きやすくなる、なんていう意外なメリットも得られるようになるんですよ。

というのも、確かに到底無理なことというのは自信や意欲を持ちづらくなってしまうほど難しいものや厳しいものになってくるのですが、でもだからこそいざ挑戦すると「必死で頑張らなきゃ!」と不思議とエネルギーが湧わいてくるようになったりすることもあります。

やっぱり到底無理なことに挑戦する人というのはそれなりの覚悟を持って挑戦するわけですし、「やるからには!」と気合いが入るのでしょうね。

なので、挑戦する前は色々不安という人も多いかもしれませんが、そういう人でもやってみたら結構前向きに頑張れるようになるかもしれません。

成功に近付けるようになる

先程もお話しましたが、到底無理と思えるくらい難しいことなどに挑戦すると人は成功のために色々考え試行錯誤するようになります。

初めは何度か失敗をすることもあるかもしれませんが、そうした失敗の経験をすることによってより最適な対策などもどんどん考えられるようになってくるものです。

なのでそれだけ確実に成功に近付けるようになるという素晴らしいメリットも出てくるようになるんですよね。

しかもそういう経験は何度か繰り返すことで段々と要領が掴めるようになってきて、「こっちのやり方の方が上手くいきそうだな」「成功率が高そうだな」という風に成功のための良い方法というのも大体分かるようになってきます。

だから他の様々なことに挑戦した時などにも確実に成功に近い方法をすぐに導き出せるようになるわけですし、実際成功する確率も上げられるようになっていく、というわけなんですよね。

自分に自信がつく

ここまで見てきて皆さんにもよく分かっていただけたと思いますが、やはり到底無理なことに挑戦するというのは色々な力が付くようになりますし、人間として大きく成長できるようになります。

そのためそんな自分にどんどん自信が持てるようにもなっていくのです。

さらにその自信というのは「無理…」と思えるような難しいことに挑戦したという、その経験によってもつくようになります。

最終的にその難しいことを乗り越えたり良い結果が残せるようになれば、その自信はより大きなものになると思います。

仮にもし結果が悪かったとしても「とにかく挑戦したんだ」という達成感・充実感は残り、それだけでも十分な自信になるのではないでしょうか。

そしてその自信があることによって、その後また他の様々なことにもどんどん挑戦できるようになっていくと思います。

後悔が残らない

到底無理なことに勇気を出して挑戦することでもう1つ、得られるようになるメリットがあります。

それは、後悔が残らないというメリットです。

何度もお話したように、到底無理なことというのは思わず「無理…」と不安になってしまい挑戦するかどうかも悩んでしまうものですが、でもそれでもやっぱりみんな基本的には「やってみたい」「できることなら挑戦したい」という強い気持ちがあってこそそうして悩むのだと思います。

だからいざ挑戦ができればそのやりたいことをできるようになるので、やらないよりは後悔は残らないと思います。

先程の「自分に自信がつく」のところでも言ったように、過程や結果がどうであろうと挑戦して頑張ったということに変わりはなく、「やってやったぞ」という充実感・達成感も十分得られるようになります。

後悔が残らないと挑戦したことが良い記憶として残り前向きになれるようになるので、その後他の場面でも「また挑戦してみよう!」という気持ちが持ちやすくなります。

挑戦する強さを身に着けるにはどうしたらいいのか

ここまでは到底無理なことに挑戦した時に得られるメリットについて詳しくお話してきましたが、いかがだったでしょう?

色々メリットを見たことで「挑戦するとこんな良いメリットがあるんだ」「挑戦してみるのも良いのかもしれない」なんていう風に気持ちが変化したという人も結構いらっしゃったのではないでしょうか?

ただ、中にはそれでもまだ挑戦する気になれないという人もいるでしょうし、挑戦する気持ちが湧いてきたという人でもやっぱりまだ不安や心配がありますよね。

そこでここからは皆さんが挑戦する勇気をさらに持てるようヒントを伝授したいと思います。

到底無理なことに挑戦するための強さを身に着ける方法・挑戦できるような強い人になるための方法についてご紹介していきたいと思いますよ。

実際に到底無理なことに挑戦できる人の中にもこういう特徴を持った人は多いものなので、きっとここも大いに参考になるはずです。

なのでここも最後まで読んで、「こういう人を目指せばいいんだ」ということを知り、挑戦するためのモチベーションをさらに上げるようにしていってみてくださいね!

過去を振り返らない

到底無理なことに挑戦できる人の中には、過去を振り返らないという人が多かったりするものです。

やはり人というのは過去の自分の経験や力量から自分がどれくらいできる人間なのかというのを判断するようになり、そしてそれによって挑戦する際の自信も変わってきたりしてしまいます。

こういう特徴を持った人はそういう過去のことは気にせず、「次!次!」と気持ちを切り替えられるようになるので、割と前向きな気持ちですんなりと挑戦できるようになったりします。

なので挑戦する強さが欲しい人は、こういうところも真似するようにすると良いかもしれません。

過去を全く気にしないというのもなかなか難しいかもしれませんが、とりあえず過去の悪い記憶のことは考えないようにするなど、少しずつ考え方を変えていくようにすると良いかもしれません。

自分で限界を決めない

これも先程の「過去を振り返らない」のお話に近くなってくるのですが、到底無理なことに挑戦できる人の中には、自分で限界を決めないようにする、という心掛けを持っている人も多かったりします。

人というのはこれまでの経験・力量などから自分がどれくらいできる人間なのかを判断して、勝手に自分の限界を想像し決めつけてしまいがちです。

こういう特徴を持った人は、そういうことをしないようにしているわけです。

基本的に「やってみなければ分からない」という気持ちを持っているので、限界や結果などを気にせず、とにかく何にでも前向きに挑戦できるようになるんですね。

物事というのは自身の能力で全て決まるというわけではありませんし、やってみたら意外に良い方向に進むということもあるかもしれません。

なのでこれも挑戦する強さを持つために、ぜひ皆さんも参考にしてみましょう。

他人を意識しない

人というのは自分自身の能力だけでなく、他人の能力なども気にしがちです。

そうして他人の能力を知ることで自分と比較して、「あの人に比べると自分なんて…」という風にこれまた勝手に自分の限界を決めてしまったり、挑戦する自信を失ってしまったりします。

なのでそうならないようにするため、自分だけでなく、他人の能力などもそこまで意識しないようにすることも非常に大切になってきます。

あくまで自分は自分、他人は他人です。

自分自身が実際に挑戦してみなければ物事はどうなるか分かりません。

そんな他人を意識して自信をなくしてしまうというのは、もったいない気がします。

他人は気にせず自分を強く信じましょう。

それを心掛けて、挑戦するための強さ・前向きな気持ちを作っていくようにしましょう。

きちんと目標を立てる

到底無理なことに挑戦するための強さが欲しいなら、きちんと目標を立てるようにしましょう。

これも実は非常に効果的な方法になってきます。

何故なら人というのは明確な目標、つまり目指していくものがあることでそれだけモチベーションも上げられるようになります。

そしてその目指すもののためなら多少困難なことでも頑張ろうという強い気持ちも持てるようになり、挑戦する勇気なども湧くようになるわけですね。

なので挑戦する前に、まずは自分自身のきちんとした目標を決めておくようにしましょう。

挑戦して将来こうなっていきたい、という先の夢を見据えたものでも良いですし、もちろん単純に、挑戦を乗り越えたい・成功させたい、なんていう目標でもOKです。

とにかく曖昧な気持ちでやるのではなく、自分が何のために頑張りたいのかという目指すものをハッキリと決めて、そのために行動を起こすようにしていくのが良いのではないでしょうか。

言い訳をしない

到底無理なことに挑戦できるような強い人になりたいのなら、物事に対して言い訳をしないようにする、というのも心掛けるようにしましょう。

やはり言い訳というのは理由をつけて自分を正当化・擁護する行為になってしまうので、自分のしたことに対して反省などをすることもなくなってしまい、自分を成長・強くさせることが全くできなくなってしまいます。

結果、挑戦するためのメンタルなども持てなくなってしまうことになりかねません。

また言い訳してばかりでそういう癖がついてしまうと、どんな状況でも上手い理由を見つけて自分を正当化することができてしまうので、逃げたり諦めたりということも平気でできるようになってしまう可能性があります。

なので挑戦することも平気で諦めてしまうかもしれません。

そうして言い訳というのは自分に対して悪い影響ばかり与えて、挑戦する強さをどんどん失くしてしまうわけです。

ですから日頃からできるだけしないよう心掛けておいて、自身のメンタルを鍛えておくようにしましょう。

他人と交流して知識を得る

先程「他人を意識しない」というお話をさせていただきましたが、それはあくまで他人の能力などを意識して自分と比較するのはやめた方がいいという話であって、他人と交流して必要な知識を得るというのはもちろんOKです。

むしろ挑戦するための強さを身につけたいのなら積極的にそういうことをしていくのも必要になってくると思います。

特に、自分がこれから挑戦しようとしていることを過去にもう挑戦したことがあるという人や、そのことに対して詳しい知識を持っているなんて人とはより接するようにしていった方が良いですね。

何故ならそういう人達と接して話を聞くようにすれば当然挑戦しようとしていることに関する知識・実際の経験など色々な情報を知れて、それを自分の強みにできるようになると思います。

そうして色々情報を得られれば不安や心配も多少なくなるので、より自信を持って挑戦することもできるようになっていくんですよね。

なので、もしも身近でそんな人を見つけたのなら積極的に近付くようにしてみましょう。

そして参考になりそうな情報はどんどんいただいて、挑戦に対するモチベーションもどんどん上げていくようにしましょう。

到底無理なことに挑戦して失敗しても絶対に無駄にならない!

今回の記事を読んでみていかがだったでしょうか?

到底無理なことというのはやはり「辛いことや苦しいことが多そう」「結果が上手くいかなそう」という悪いイメージを持ちやすく、これまで諦めがちだったという人もたくさんいらっしゃったかもしれません。

今回こうして色々なメリットなどを知れたことでそのイメージが少し変わった、という人も多かったのではないでしょうか?

しかもお話したようにこうした様々なメリットというのは結果に関係なく、挑戦して頑張ったという時点で得られるものがほとんどです。

つまりもし仮に失敗などをしてもその努力は決して無駄にはならず、ちゃんと自分の力として身につくということです。

到底無理なことでも挑戦してみるというのは本当に意義のあることだと思います。

なので、今後皆さんも「無理そうだなぁ…」ということに直面することもあるかもしれませんが、その時は勇気を出して積極的に挑戦するようにしてみてはどうでしょうか?

それでもやっぱり不安という人は、ご紹介した強さを身につけるための方法などを使って、ゆっくり自信をつけてからでもOKです。

とにかくすぐに諦めずに、まずは挑戦するということに前向きになってみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!