学生の頃、どんなに真面目に授業を受けていたとしても社会に出てから経験する事の量にはかないません。

話では聞いていたような事も、実際に経験する事によって改めてその素晴らしさや大変さを考える事が出来るようになる事もあるでしょう。

だからこそ、社会に出る事は人間が成長する為には必要な事なのです。

さて、社会に出るといえば仕事をするという意味に等しいと言えるでしょう。

社会に出て仕事をする事によって、多くの経験を積み人間として成長する事が出来るのです。

仕事は楽しい事ばかりではありません。

ですが、その中でも確実に自分の人生を豊かにする経験を積んでいく事が出来るようになるのです。

だからこそ、どんな時も仕事をする事は大切です。

「仕事」と一口に言ってもいろいろな種類があります。

体を動かす事をメインとする仕事もあれば、自分のセンスによって仕事をする場合もあります。

机に座ってPCを使用する事によって仕事としている場合だってあるでしょう。

どんな方法でお金を稼いでいたとしても、それが合法であるのであれば何の問題もありません。

全ての仕事は同等な価値があるはずです。

仕事をする際、一人ですべてをこなす人などそういるものではありません。

きっと多くの人が、いろいろな人と関わる事によって暮らしているのです。

多くの人が関わる場合には、それを円滑に進める為に話し合いをする必要があります。

それがいわゆる『会議』です。

会議があるからこそ、多くの人と同じ仕事をこなしていく事が出来るのです。

けれど、会議は難しい側面も持っています。

皆が皆言いたいことを言い合ってしまえば結果はついてきません。

悲しい思いをする人がでてしまうかもしれないのです。

そうならないようにするには、出来るだけ効率的かつ前向きに会議を進めていかなければならないのです。

だからこそ、会議をする事に意味があるのですから。

そこで今回は会議の上手な進め方についてご紹介させていただきます。

今現在会議を仕切る立場にある人は勿論、これから会議を仕切る可能性のある新入社員の人々も是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

仕事をする上で重要な会議!どんなことを話し合うか知ってますか?

仕事をしているう場合、必ず「会議」という言葉を耳にします。

例え事務職のように常に机に向かって仕事をしている人では無かったとしても、多くの人が一緒に集まって仕事をしている場合には、会議は開かれるものなのです。

それは、一緒に居る人とコミュニケーションを取ると共に仕事をより効率的に進める為に必要なポイントでもあるのです。

だからこそ、その会議を進め方によって仕事全体の士気にかかわってくるでしょう。

ですが、人間経験していないものに対してはどうしても逃げ腰になってしまうものです。

まだ会議に出た事が無い人は、会議を怖いものと思ってるのではないでしょうか。

学生の事は「会議」と言っても遊びのようなものでした。

絶対的な上司が居ないからこそ、好きな事を好きなように話すことが出来たんです。

それは会議と言うよりは「話し合い」です。

同等の立場の人だからこそ、思っている事を簡単に話す事が出来るのです。

けれど会議は違います。

目上の人も居れば、ライバルだっているかもしれません。

その環境の中でいかに自分を相手に受け入れて貰うかを考えて話をしていかなければならないのです。

はたから見れば簡単そうなプレゼンも実際やってみると難しい事がいっぱいあります。

何を話しているか分からない会議の世界は意外と奥が深いのかもしれません。

会議を効率よく進める9個のポイント


それではここからは会議を効率よく進めるポイントについてご紹介させていただきます。

今までなかなか要図に会議を進める事が出来なかった人は、このポイントが分かっていないだけなのかもしれません。

少しコツを掴むだけで前に進む事が出来る事だってあるでしょう。

全ての方法があなたに合うかどうかは分かりません。

議題によっては全くとんちんかんな事をする事になってしまう事だってあるでしょう。

ですが何もせずにただぼんやりと会議を始めるよりはよっぽど意味のある行為と言えるでしょう。

色々難しい事は考えず。

まずチャレンジしてみてください。

それが結果的に良い効果を発揮してくれるようになるかもしれません。

少人数で行う

会議をより効率的に進めるための方法としてご紹介したい方法があります。

それが少人数で行なう事です。

人数を絞ることによって、それぞれの意見をより正確に聞く事が出来ます。

例え自分と違う意見なんだとしてもじっくい話し合う事によって分かり合う事が出来るようになるかもしれません。

大人数で会議をした方が効率的に思う人も居るでしょう。

ですが実際には、その方がなかなか話の
方向性を決める事が出来ずにズルズルと時がたってしまう恐れおあります。

だからこそ、会議をする際には少人数ですすめた方が良い場合もたたあります。

勿論、中には大人数出なければならない会議もあります。

その為すべてに適応する事が出来るわけではありません。

しかしながら、少しでも興味がありなおかつ実践する事が出来そうな人の場合には体験してみるに限ります。

そうする事によって見えてくるものもあるはずです。

準備したものを事前に確認する

会議はいきなり始まるものばかりではありません。

中には、計画的に予定を決めて進まれていくものもあります。

その場合には事前に会議用の資料の準備をしていたとしてもおかしなことでは無いのです。

その準備したものは、会議直前に必ず確認しておきましょう。

自分で会議用の資料を作っているのですから、中に何が書かれているのか。

どう説明していけば良いかなどは分かり切っている事だと思われています。

ですが、人間緊張すると頭の回転が遅くなります。

自分で作ったはずの資料でさえ、緊張すれば分からなくなってしまうのです。

ましてや、オオ大人数で一つの資料を作り上げた際には、自分の事しか確認しておかないといざ指名された時に
テンパってしまう恐れがあります。

何が何だか分からなくなってしまうのです。

それを説明する相手の前でしてしまえば、社内であれ後から取り戻す事が難しくなってしまう恐れもあります。

一度確認しておく事によって、自分の中にもその資料が入る事となります。

全てを覚える事が出来な方としても、話の内容を自分の体の中に入れておく事によって、いつか困った事が身に起きたとしても対処する事が出来るようになるかもしれません。

シュミレーションする

既に何度も会議を経験されているのであれば、会議の内容を用意するだけでいいのでしょう。

自分が話す内容などによって、さほど緊張する事も無く話をする事が出来るはずです。

問題は、会議の経験が少ない人です。

その場合、自分がなにをどう話したら良いのか分からなくなってしまうのです。

そのせいで自信がない話し方になってしまい、結果的にその会議は失敗してしまうのでしょう。

だからこそ、そうなってしまわないようにシュミレーションをしてみる事が大切です。

何事にも練習は必要です。

練習する事によって落ち着いて物事をすすめる事が出来るようになるのです。

会議にあまり参加したことが無いからこそ、会議をする事に緊張してしまい上手く話をする事が出来ない人だっているでしょう。

そんな人は練習すればいいのです。

大人になっても自分の事を信用するには練習以外に方法はありません。

それも踏まえ、シュミレーションを重ねていく事が大切なのでしょう。

ダラダラ話さない

会議とはあくまでも人に話を聞いて貰う事をさします。

だからこそ、他人に話をしている内容が伝わらないと意味がないのです。

その根本的な考え方が分かっていないと、後から困る事になるでしょう。

たとえば話し方もその一つです。

友人など、近い存在の人とならどんな話も気にせずする事が出来るでしょう。

起承転結が無かったとしても思いのまま好き勝手に話をするのです。

それが出来るからこそ、友人なのでしょう。

ですが、それは面と向かって話をする事が出来るケースです。

会議の場合にはその話し方は良くありません。

要点が見えない会話は聞いているだけでうんざりしてきます。

結局何が大切なのかが相手に伝わらなければ会議をする意味はないでしょう。

だからこそ、だらだら話してはいけないのです。

会話の流れをきちんと決め、相手に何を伝えたいのか。

どこを強調して知って欲しいのか。

そんな事を考えながら会話をする事が大切です。

開始時間や終了時間を決める


会議をする場合、大事な事があります。

それは時間を管理する事です。

時間を決めずに、皆んなが皆んな好き勝手な事を話していては何も結果に繋がりません。

無駄な時間が流れるだけなのです。

だからこそ大事なことは、開始時間や集合時間などの時間を決めることです。

時間を決めることによって、集中して作業を行うことが出来るようになります。

どんなに長い時間会議をしたとしても、そこに内容が無ければ意味がありません。

長い時間会議をする事によって、何となく仕事をしたような気持ちになる事は多々ありますが、それは自分の錯覚です。

そう思ってしまっているだけで実際にはきっとて無駄な時間となっている事も多々あります。

人間には集中する事が出来る時間には限りがあります。

だからこそ、ただただ長く会議をしていても意味がないのです。

大事な事は、意味のある会議にする事のはずです。

その為にも、きちんと時間を決め集中する時間を確保する事が何よりも大事だと言えるでしょう。

決めたいことが決まったらすぐに終了する

会議は決められた時間すべてを使用しなければならないわけではありません。

例え3時間と会議時間が決められていたとしても1時間で決めたい事が決まったのであればそれで終わりにして良いのです。

日本人は基本的に真面目な性格をしている人が多く居ます。

だからこそ、決められた時間より早く終わってしまうと「もっと話し合う事が出来たのではないか」「本当はもっといい方法があったのではないか」など色々な事を考えてしまうのです。

けれど、それは大きな間違いです。

早く物事が決まる事。

それは決して悪い事では無いのですから。

物事を決めるさい、余裕をもって時間を確保しておく事もあるでしょう。

そうする事によって多くの人が落ち着いて話をする事が出来る場合もあります。

ですが、逆を言えば時間がありすぎるせいで優柔不断になってしまうケースも確かにあるのです。

だとすれば、私たちはそうならないようにする為にも、ある程度制約のあるなかで生活をしていかなければならないのかもしれません。

決めたい事がきまったのであれば、そのまま会議は終了してしまいましょう。

そうする事によって、時間を他に使う事が出来るようになります。

限られた時間を有意義に使う事は、私たちに
とって大変重要な事だと言えるでしょう。

簡潔に話す

会議の時間が長くなる大きな原因の一つに話が長くなてしまう事があります。

相手に自分の考えや会社の方針などをわかって欲しいという思いが強ければ強いほど、会話が長くなってしまうのです。

ですがそれでは結局相手に本当に伝わりた事は伝わりません。

長々と説明するよりも、簡潔に自分の思っている事を当てに伝える方がよっぽど分かりやすいはずです。

簡潔に話す事は、意識していないと出来ない場合が多々あります。

本当はもっと話したいと思う気持ちも分からないではありませんが、簡潔に話をする事を出来るようになれば結果的に自分の思いを相手に伝えやすくなる事でしょう。

だからこそ、まずは熱い思いを抑えつつ簡潔に話をする事を学ぶと言う意味でも、多くの会議を経験し話をする勉強をしてみてはいかがでしょか。

目的を明確にする

会議をするには様々な意味がある事でしょう。

定期的な事業内容を報告するような事もあれば、緊急の相談が合って相談する場合もあるでしょう。

どんな会議で合っても必ず開催するには意味があるはずなのです。

その意味を考えずに会議をしても意味のある会議にする事は出来ません。

目的を明確にする事によって、話をする気持ちも前向きにする事が出来るようになるかもしれません。

それによって、会議の質が上がるはずです。

だからこそ、何の為に仕事の手を止めてまで会議をする時間を確保しているのかをしっかりと考えておきましょう。

一回一回人の意見に口出ししない

会議をする場合、互いに意見を出し合う事もあるでしょう。

その中で、自分の意見と合わない意見が出てくる事だってあるでしょう。

そのせいでイライラしたり口を出したくなる気持ちも分からないではありません。

ですが、それをいちいちしていては一向に会話は進まないはずです。

どんな状況であったとしても、まず一度受け止める。

それが大事なのかもしれません。

普通の会話の場合には、一回一回相手の話に相槌をうったり同調する事も必要でしょう。

ですが、それはあくまでも普通の会話の場合です。

会議という多くの人が居る場合には、そのやり方がそぐわない場合もあるのです。

にも関わらず、その方法をっとってしまう場合、結果的にその場の空気を壊してしまう事になるでしょう。

だからこそそうならないようにする為にも一回一回反応しないようにしましょう。

会議には進行役の人が居るはずです。

その人が周りの人の意見をまとめる事によって色々な考え方をまとめる事が出来るようになるのです。

ですが、その人が一つの意見に固執したり反対したりしてしまっては、結局会議がまとまらなくなってしまう事もあるのです。

それでは意味がありません。

本当にまとめる気持ちがあるのであれば、いちいち口出しなどせずに自分の考えを一度忘れ考えて行動する事が大事なのかもしれません。