人間がこの世の中を生きていこうと思ったら、欠かす事の出来ないものの一つに「人づきあい」があります。

人づきあいは年代によっても男女によってもそれぞれのやり方があるので、一つ間違えてしまうとあなたの評価は一気にガタ落ち。

変なイメージをつけられて苦労する羽目に陥ってしまう可能性もあります。

そして人づきあいほど厄介で面倒なものもありません。

自分の思い通りにいかないもののベスト3に入るくらいの難しさがあります。

では今回は「人づきあい」について、いろいろな角度から見てみましょう。

人づきあい程めんどくさくて大変なものはない!

人づきあいが苦手だという人も多いのではないでしょうか。

人づきあいには自分の主張やワガママが通じない部分が多分にあります。

我慢や辛抱、抑圧や不条理、理不尽な言動などが人づきあいを行う上で、避けては通れない要素となって立ちふさがってくるからです。

そういった意味では、人づきあい程、面倒くさくて大変なものはないかもしれません。

しかしながら人づきあいなしでは、人間社会が成り立たなくなってしまいます。

では「人づきあい」というものをじっくりとみていく事にしましょう。

人づきあいが苦手な人もぜひ参考にしてみてください。

人づきあいが楽になる10個のコツとは?

それでは次に参ります。

ここからは人づきあいが楽になるコツというものを考えていきたいと思います。

苦手意識を持ってしまうととことん、「ドツボ」にはまってしまいそうなのが「人づきあい」。

そんな苦手意識を少しでもなくして、気を遣い過ぎない人づきあいをするにはどうしたらいいのか?それについて考えていきましょう。

相手の機嫌をうかがわない


人づきあいが楽になるコツの最初の1つ目は「相手の機嫌をうかがわない」です。

人と人の付き合い方の鉄則は「フィフティー・フィフティー」です。

お互いが遠慮し合うことなく何の貸し借りもなく、言いたい事を比較的自由に言い合える。

これが原則です。

よって一方が妙に下手に出て、ゴマをすったりオベンチャラばかり言うような人間関係では、まともな人づきあいとはなりにくいでしょう。

無論、相手の機嫌を全く気にせず、こちらの言いたい事だけを喋るというのもいただけません。

多少なりとも相手のその時の機嫌というものも配慮していない事には、大人の人づきあいにはならないでしょう。

要はお互いがいかに「対等」に近い状態で付き合えるかどうかです。

円滑な会話が弾む関係ならば人づきあいも苦になることはありませんよね。

まずはこちら側が必要以上に相手の機嫌を伺い過ぎない。

ここからスタートすることがいいと思います。

自分の感情を優先する

人づきあいが楽になるコツの2つ目は「自分の感情を優先する」です。

自分の感情を押し殺してまで周りの人間と溶け込もうと思っても、それは無理があるのでうまくいかない可能性があります。

人づきあいというのは相手と自分のいいところ、悪いところを包み隠さずさらけだしてそれを相手に受け入れてもらって初めて関係が成り立ってきます。

だから円満な人づきあいというものになるのですよね。

相手の長所も短所もお互いが知り尽くしているので、気を遣い合う必要がないのです。

これは人づきあいを行っていく上で非常に重要なポイントになると思います。

逆に相手の素性もお互いに分かっていない付き合いは、どこか空々しく一歩も二歩も引いた付き合いになってしまいます。

互いに気を遣い合って本心を表現できない付き合い方になってしまいます。

これでは関係が長続きしない可能性があります。

自分の感情をまずは優先させて相手に自分の本心を分かってもらう。

それを相手が受容してはじめて人づきあいのスタートが切れるというわけです。

嫌われる勇気を持つ


人づきあいが楽になるコツの3つ目は「嫌われる勇気を持つ」です。

人づきあいにおいて相手に嫌われたくない一心で、自分の事を偽りの表現で伝える方がいます。

このようなやり方、ハッキリ言って「失敗」する付き合い方だと思ってください。

人づきあいというものには「信頼」がない事には成り立ちません。

相手は自分の素顔をさらけだして付き合っているのです。

なのにあなたの方が嘘の自分を演出して付き合ってみたところで底がすぐにバレてしまうでしょう。

だから最初から勇気を持って、「嫌われてもいい」というくらいの覚悟を持ってぶつかればいいのです。

自分の本当の姿というのは今更、変えようがありません。

人づきあいとはそのようなキャラクターのあなたを認知して付き合うものなのです。

人から嫌われそうな要素があったとしても、それを隠さずにさらけ出さない事には相手はあなたの真の姿を認識できませんからね。

まともな付き合いになるかどうかはそれからの話でいいのです。

最初から姑息な手を打って自分の事を良く見せようとしても、すぐに見破られてしまいますからね。

誰にでもいい顔をしない

人づきあいが楽になるコツの4つ目は「誰にでもいい顔をしない」です。

これは誰に対しても「いい子ちゃん」ぶった顔をして接しない、という事を言っています。

人というものは実によく自分以外の人間を見ています。

その人間が本心から接してきているのか。

それともおべんちゃらを言って適当ぶりを発揮しているだけなのか。

そういった部分からその人間の信用度を計っているのです。

この人間は嘘をつく人間か、それともちゃんと信用して付き合っていける人間か、をです。

よって誰に対しても「いい顔」ばかりする人間に対して、多くの人は信用できない気持ちにさせられるのです。

そんな人間に限って、自分の本心を隠して何かよからぬ企みを企てようとしているに違いない、あるいはこっちではいい顔をしておいて他の人間と会っている時はこちらの悪口を言いふらしているのではないか?と思われたりしているのです。

どんな人間にも喜怒哀楽があるはずです。

怒りたくなる時、悲しい時、おかしな時。

それぞれのシーンにおいて気持ちも変わるはずです。

正直に喜怒哀楽を表現してくれる人間が最も信用できるのではないでしょうか?

悪口や陰口にはのらない

人づきあいが楽になるコツの5つ目は「悪口や陰口にはのらない」です。

悪口や陰口の類は人間関係を決して良好な方向には持って行ってくれません。

逆にその人物を「要注意人物」としてマークされてしまうでしょう。

悪口や陰口というのは明らかに「ネガティブ思考」の象徴のようなものです。

マイナス思考の人間とは誰も付き合いたくないはずですよね。

それが「悪口」や「陰口」といった手段に乗って公然と皆の前で言いふらす人間とあなたが認識されてしまったらどうしますか?

人は明るくて朗らかな人間と付き合いたいと思っても悪口や陰口を平気で言う人間とは付き合いたくないと思うでしょう。

あなたもこの事を重々、注意して日頃の言動に気をつけましょうね。

感情を表情に出さない

人づきあいが楽になるコツの6つ目は「感情を表情に出さない」です。

先程、人間には「喜怒哀楽」というものがあって、それを正直に表現できない人間とは付き合いを避けた方がいい、と紹介致しました。

しかしながら世の中の人間関係というものは実に機微に飛んでいます。

「喜怒哀楽」もケースバイケース。

例えば年がら年中、怒りまくっていたとしたらどうでしょう?誰も寄り付きたくないですよね。

このように自身の感情をあまりにもあけすけに出していたら、相手はあなたの人間性に疑いを持ち、離れていってしまうでしょう。

そう、人間同士の付き合いは「平静」さを保つ、というのが必要なのです。

よって感情というものはなるべく表に出さない方が得策といえるでしょうね。

特に誰かの批判とか会社の悪口といったマイナス思考の話題になったら口を黙っていた方がいいでしょうね。

しかし、皆が喜んでいる場面で一人ムッツリしているのも違和感があります。

いかにしてその場の空気感を大事にするか。

ここなんですよね。

基本的に聞き手に回る

人づきあいが楽になるコツの7つ目は「基本的に聞き手に回る」です。

人づきあいにおいていかに円滑な関係を構築するか。

この簡単そうなテーマが、実は人間にとって最も難しいテーマである、と判断できる方はなかなかの人たらしかも分かりませんね。

人は自分の意見を喋りたいのです。

誰かに自分の考えや意見を聞いてもらう事で至福の喜びに浸れるのです。

反対に人の意見を聞かされると非常に気持ちが憂鬱になります。

いかに人間が「喋りたがり」な生き物か、が分かる瞬間でしょうね。

上手く聞き流す

話し好きな人に「聞き役に徹しろ」と言われたら、恐らく地獄の苦しみにも匹敵するくらい、苦しい思いをすることでしょう。

しかしながらこの「聞き手に回る」という手法は「聞き上手」という事になりますよね。

「聞き上手」は世の中全般を通して、認められる人間になるための必須の方法なのです。

じっと我慢して相手の話を聞き、途中で何度か相槌を打ってさえおけばそれでいいのです。

これだけであなたは百戦錬磨の世渡り上手になり人づきあいにおいて他を圧倒できる存在になれるのです。

ところが、先にも触れました通り、人間というものは自分の得意話しや自慢話をしたくてうずうずしている生き物なのです。

とても人の話しを聞くだけで納得できるようには出来ていないのです。

だから「聞き上手」なる単語が生まれ、それが出来る人が何かにつけて頭角を表すようになったのです。

よって、聞き上手に徹するのが難しいと思うのなら、何とかして相手の話を聞き流しましょう。

それもいかにも聞いているふりを装って、です。

この芸当が上手に出来るようになったら、あなたもかなりの「人たらし」となれるでしょう。

距離感を保つ

人づきあいが楽になるコツの8つ目は「距離感を保つ」です。

人付きあいにおいて、相手の人が皆、好きな人ならば何の問題もありません。

そういった人達とならば気持ちよく会話もはずむでしょうし、気を遣うこともないでしょう。

問題は人付きあいの永遠のテーマである「嫌いな」あるいは「話したくない」相手とのつきあいです。

これさえマスターできれば今後は人づきあいで悩まされる事も起こらないでしょう。

しかし、それが出来ないから多くの人が悩んでいるのです。

よってこの問題で人づきあいを楽にさせようと思ったなら、信念をもって「距離」を保つ行動に出ることです。

距離さえ意識的に保っていれば嫌な相手とでも何とか人づきあいは出来るでしょう。

ただ、中には意識的にその距離を破壊してあなたの懐に入ってくる強者もいます。

こんな時、露骨に嫌そうな顔をしてしまったらおしまいです。

相手に悟られぬよう注意を払って距離を作る工夫をしてください。

まあ本当はそんな芸当を使わなくても気にならないくらいの図太い神経を持ってほしいと思うのですけれどもね。

飲みに行きすぎない

人づきあいが楽になるコツの9つ目は「飲みに行きすぎない」です。

飲みに行く行為は人間関係を良好にするための潤滑油の役割を果たしてくれます。

お酒の力を借りているとはいえ、それによって双方が腹を割って屈託のない付き合いができるようになる事は往々にしてあります。

まさに「ノミュニケーション」ともいえるこの行為は人づきあいが楽になるための手っ取り早い格好の方法といえるものなのです。

ただ、飲みに行く回数はほどほどにしておくのがノミュニケーションの鉄則ともいえるのです。

それは人間、酔いが回るといい面と悪い面の両方がハッキリしてしまうからです。

酒の席での失敗で圧倒的に多いのが「酒癖」です。

飲めば陽気になってどんどん会話が弾むようになるのはいいのですが度を越してくると人間の悪い面が出てしまうのも酒の特徴なのです。

酔った勢いで相手にからんだり悪口を言ったり、挙句の果ては手が出たり足が出たりする人もいます。

こうなってしまったら人づきあい以前の問題になってしまいますよね。

それもこれもお互いが飲みに行きすぎてタガが外れた状態になってしまうのも原因の一つとなるでしょう。

酒はのめのめ、しかし酒には飲まれるな。

この鉄則をしっかり頭に叩き込んで飲みに行きましょうね。

人によって態度を変えない

人づきあいが楽になるコツの最後の10個目は「人によって態度を変えない」です。

相手によってあなたの接し方が変わることは危険かもしれません。

それは人間というものがそこまで完璧に自分の事をコントロールできないからです。

上司の前では徹底的にゴマをすり調子のいい人間を演じている。

しかし、同僚の女子の前では威張りちらして上から目線がはなはだしい。

これではすぐにあなたの評判が会社内に広まってしまう可能性があります。

人づきあいが苦手な人ってどんな人?

それでは次に参りましょう。

今度は「人づきあいが苦手な人」についてみていきたいと思います。

団体行動が苦手

人づきあいが苦手な人の特徴の1つ目は「団体行動が苦手」です。

団体行動というものは、確固とした決まりごとがあります。

それを皆が守って初めて団体で行動する秩序が保たれるのです。

しかし、中にはバス旅行で集合時間に遅れてくるような人もいますよね。

このような人が一人でもいたら、その団体の予定に大きな支障が出てしまいます。

団体行動をするにはまわりのことを考える必要があります。

一人が好き

団体行動が苦手な人たちに共通する特徴は「一人が好き」という単純な理由の場合もあります。

普段から周囲の人との接触を避け、なんでも一人で行っている。

おまけに周囲の人たちとの挨拶もほとんど交わさない。

一人が好きという理由は表向きで、実はわがままな部分もあるのかもしれません。

自分が団体のルールや決まりごとに束縛されたくないから組織に背を向けて生きている可能性もあります。

だから自然と人づきあいも疎遠になるという訳です。

このようなタイプの人と付き合っていくのは難しいかもしれません。

友達が少ない

人づきあいが苦手な人の特徴の2つ目は「友達が少ない」です。

人づきあいが苦手な人に友達がたくさんいる、という事は考えにくいと思います。

人づきあいが苦手だから友達も少ないと思った方が自然でしょう。

友達という存在は、自らが心を開いて前向きな気持ちにならない限り出来にくいものです。

ただ友達が少ないと言っても、全く友達がいないという状況ではありません。

本人の努力次第で友達の数を増やすことは可能なはずです。

しかし、あえてそうしないのかもしれません。

つまり友達というのは必要最低限の数がいればそれで充分、と考えていらっしゃる方です。

そのような方が特に人づきあいが苦手と断定するのは、少し気が早いかもしれません。

要は、たくさんの人との付き合いが面倒だと考えている節もあるでしょう。

しかしながら友達が少ない状況というのは、周囲の人からは人づきあいの悪い人という印象を与えている可能性もあります。

空気を読み過ぎる

人づきあいが苦手な人の特徴の3つ目は「空気を読み過ぎる」です。

つまり性格的に「内向的」とみなされている可能性があります。

周囲の雰囲気や空気を読むのは、自分に変な役回りや過大な責任をかぶされるのを恐れているのかもしれません。

だから過敏に周りの空気を読んで、早めの退散を行っているのかもしれません。

せっかく、空気を読むという素晴らしい能力を持っているのですから、それを応用して自分から積極的に周りの人達に話しかけてみてはどうでしょうか?

きっと周囲からの評価も変わると思います。

家が大好き

人づきあいが苦手な人の特徴の4つ目は「家が大好き」です。

外に出て人と会ってワイワイ騒ぐより、家にいて自分のやりたい事を存分にやっていた方がいいというタイプなのでしょう。

家の中に居続ければ人づきあいの機会が減ってしまうため、人づきあいが苦手になっていくことが考えられます。

人混みが嫌い

人づきあいが苦手な人の特徴の5つ目は「人混みが嫌い」です。

人づきあいが苦手な人は自然と人の多くいる場所を好みません。

よって満員の電車や人で溢れかえっているような繁華街、観光地などは苦手です。

意識してそれらの場所を避ける人もいます。

それでも普段の人づきあいはしっかりやれているけれども、人混みだけは苦手、という方もいるでしょう。

コミュニケーション能力が低い

人づきあいが苦手な人の特徴の6つ目は「コミュニケーション能力が低い」です。

コミュニケーションというものは相手が何を考え、何を望んでいるかを瞬時に察知してこちらの言葉を選ぶ手段です。

確かにコミュニケーション能力が低ければ、人づきあいも円滑には運ばないかもしれません。

自分の意見を言うのが苦手

人づきあいが苦手な人の特徴の最後の7つ目は「自分の意見を言うのが苦手」です。

これもコミュニケーション能力が低い人に見られる傾向と言えるでしょう。

つまり相手のニーズを掴む能力が欠けていると、こちらの意思決定も出来ないという事になるのです。

こちらの意思が定まらないのなら、人づきあいは難しいかもしれません。

何でもかんでも相手の言いなりになっていればいいという訳ではありません。

お互いがフィフティ・フィフティの関係を維持できて初めてまともな人づきあいになると思います。

自分の意見を言うのが苦手な人が円滑な人づきあいができないのは致し方ありません。

よって今後は自分の意思を持ち、少しづつでもいいので相手との距離を保って人づきあいが出来るように練習するといいと思います。

人づきあいが上手な人の特徴とは

ここからは「人づきあいが上手な人の特徴」を8個ご紹介します。

自分から挨拶をする

人づきあいが上手な人の特徴の1つ目は「自分から挨拶をする」です。

人づきあいが上手だという事は、人間関係を構築するのも上手という事になります。

それらを円滑に行うにあたっての基本となるのが「挨拶」です。

挨拶は全ての物事の「必須項目」という位置づけになっているのです。

世間一般の総意でみれば、「挨拶がまともに出来ない人間に対した人物はいない」という風潮が定着しているのもやむを得ない事実かもしれません。

全ての始まりは「挨拶」という事を覚えておきましょう。

いつも笑っている

人づきあいが上手な人の特徴の2つ目は「いつも笑っている」です。

「いつも笑っている」という事は、その人には「笑顔」が絶えないという事を意味していますよね。

これは非常に重要な事です。

笑顔には不思議な力が宿っています。

いつも笑顔の絶えない人の周りにはなぜか、多くの人が寄ってきます。

「笑顔」には人間が安心してその人とお近づきになりたい「何か」が宿っているのです。

だから笑顔が多い人は、人づきあいにおいても苦にせずこなしていけるということです。

笑顔がある人ならば何か楽しい事をやってくれそうな、そんな雰囲気がありますね。

冗談が通じる

人づきあいが上手な人の特徴の3つ目は「冗談が通じる」です。

冗談が通じるということは、つまりジョークを飛ばして笑いを誘える人という事になりますね。

相手の人に笑ってもらって、少しでもその場の雰囲気をよくしたいという気持ちがあるからこそ冗談も通じるし、その場に笑いのムードを持ってこられるのです。

これも人づきあいを上手にこなしていくための重要な要素になります。

褒め上手

人づきあいが上手な人の特徴の4つ目は「褒め上手」です。

人を褒めるのが上手な人に運の悪い人はいないでしょう。

人を褒めるという事は、間違いなく「ポジティブ」な思考によって起こる行動様式です。

褒められて悪い気を起こす人は少ないと思います。

だから褒め上手な人の周りにはいつも大勢の人が集まってくるのです。

反対に口を開けば人の悪口や陰口を言う人。こんな人の近くにあなたは行きたいと思いますか?

近寄るだけでも運気が逃げていってしまいそうな気分になりますよね。

人づきあいをする上にあたって、相手の人間のいいところを見つけて即座に褒められる人に変な運気は回ってこないでしょう。

だから多くの人がその人物と付き合うのですよ。

楽しませるのが好き

人づきあいが上手な人の特徴の5つ目は「楽しませるのが好き」です。

ここにも人づきあいの極意が隠されています。

相手の人が自分の事を楽しませてくれる事に対して悪意を持ったり嫌悪感を抱く事などほとんどないと思います。

反対に楽しませてもらったら、どんな人間でも気持ちが良くなり幸せな気分になるでしょう。

そして自分の事を楽しませてくれる相手とは何度でも会いたいと思うはずです。

これが人づきあいを良好に保ち長続きさせるコツでもあるのです。

この事例の格好の題材になるのが「お笑い芸人さん」ではないでしょうか?お笑い芸人さんたちは相手の人を笑わせる事を職業にしているとはいえ、その話術や顔の表情は実に巧みであり自分の事を決して優先的に扱ったりしません。

相手をたてながら相手の笑いのツボを押さえて楽しい気分にさせる。

だから人づきあいを上手に行えるのだと思います。

困ったら人に頼れる

人づきあいが上手な人の特徴の6つ目は「困ったら人に頼れる」です。

「頼る」という行為。

これが案外、人づきあいを恒久的に保つ秘訣になるのです。

人間は、困っている人から頼られると悪い気はしません。

むしろ自分の事を頼りにしてくれているんだという気持ちになって、喜々とした気分でその困りごとの解決を行うでしょう。

これも人間の機微を抑えた巧みな手法と言えるでしょう。

趣味がある

人づきあいが上手な人の特徴の7つ目は「趣味がある」です。

趣味がある人は心が潤滑で潤いがあり、話題も豊富に持っています。

これも趣味というものがその人の心を豊かにしているからでしょう。

そのような人と一緒にいる事は、こちらの方にも様々な恩恵を被る事が出来ます。

また趣味の嗜好が同じならば恰好の話し相手にもなれます。

趣味が同じという事は、それだけで人づきあいの始まりがスタートするという事になります。

オンオフの付け方が上手い

人づきあいが上手な人の特徴の8つ目は「オンオフの付け方が上手い」です。

人は何をするにしてもダラダラとやっていたらメリハリがなくなり、そこから逃げたくなる心境に陥ります。

だから物事全般に対してオンオフを上手に付ける人と付き合うのです。

人にはそれぞれの予定や用事があります。

それを上手に察してくれて時間がきたらピシッと会うのを打ちあげて次の日の約束を取り交わす。

こうした関係をしっかり構築してくれる相手に好感を持つのです。

それをダラダラ、いつまでも目的もないのに引っ張り続けられたらどうでしょう?もうあなたは二度とこのような人とは会わないでしょうね。

人づきあいには最低限のモラルがあることを理解していない事には長続きは難しいかもしれません。

人づきあいのコツを掴めば一気に楽になれるはず!

如何だったでしょうか?今回は「人づきあい」に関して見てきました。

では今回の内容を簡単にもう一度、振り返りますと、

・人づきあい程めんどくさくて大変なものはない!
・人づきあいが楽になる10個のコツとは?
・人づきあいが苦手な人ってどんな人?
・人づきあいが上手な人の特徴とは

という事になっていました。

人間は一人で生きていけるものではありません。

これから先も人間関係はずっと続いていきます。

人づきあいが苦手という人は、この記事を読み少しでも克服していただけたらと思います。