予感が当たる人ってうらやましいですよね。

宝くじを買ったら当たるんじゃないかなとか、色々妄想してしまいます。

でも、その人は本当に予感が当たる人なのでしょうか。

そもそも、予感が当たるとはどういうことなのかも含めて、掘り下げて考えてみましょう。

予感が当たる人も多い

「予感が当たった!」「言った通りでしょ!」ということは誰でも1度や2度はあるでしょう。

その頻度が高い人は、なぜそんなことができるのか不思議ですよね。

特に、他者から見て「いつもあの人の言うことは当たるなぁ」という場合、半ば占い師のような位置づけになることもあります。

つい予感をして当たることも

意識していたわけではないのに、ふと「こうなりそう」という気がして、本当にその通りになった、という経験。

どうしてそう思ったのかという理由を説明するのが難しいので、スピリチュアル的なものを感じざるを得ません。

運がいいだけ?

「宝くじが当たる気がする!」と思って買って当たったら嬉しいですが、悪い予感が当たることもありますよね。

この予感は、本当にスピリチュアルな世界からもたらされた運のようなものなのでしょうか。

どんな予感が当たったのかによって、それが運なのか、無意識で考えた結果なのかというのは変わってきそうです。

周りの人が当てていて凄いと感心することありませんか?


色々なことをズバズバと当てる人がいたら凄いと感じると思います。

その確率の高さによっては、ガチの占い師になることを勧められる人もいるかもしれません。

でも、ちょっと現実的な問題として考えてみましょう。

実は予感を当てにいっている人もいる?

営業マンが「なんとなくこの会社は案件くれそうだな」と思って訪ねたところ、大型案件を発注されたとします。

そんな経験が何度もあり、そのたびに同僚からは「運がいいね」と言われ、たしかに自分でもそう思う…。

でも、これを「運」で片づけるのは違う気がします。

以前訪ねたときに得た情報や、市場のこと、よその会社の事情など色々と総合して「今だ」と判断していたに過ぎません。

それが無自覚の判断だったというだけです。

その無自覚の判断に基づいて営業に出かけるという行動をとった結果、「やっぱり案件くれた」という次第。

予感があっても足を運ばなければ案件は来なかったでしょう。

本当に運であれば、挨拶をしたこともない会社から大型案件の問い合わせが来たはずです。

こういう具合で、予感を自らの行動で実現したということは大いにあり得ます。

それが悪い予感にもはたらいている可能性も否定できません。

デジャヴを感じている人などは当たりやすい

デジャヴ、日本語にすると「既視感」は基本的には脳のバグです。

今起きたことを昔見た“気がする”という錯覚を起こしている状態で、かなり脳が疲れていることを示しています。

が、中には本当にデジャヴを覚える人がいます。

予知夢的なもので、しっかり数日前に「こうなる」という断言ができていて、そのビジョンも見えていて、本当に数日後にそうなるようなケースです。

とはいえ、これもまた完全にオカルトの話とは言い切れません。

記憶能力や認識能力がずば抜けて高い場合、初めて見るものやことに対しても無意識で膨大な演算が行われ、脳内で映像として出てくるという可能性があります。

予感が当たる人の12個の特徴!そのように願っていると叶える力がある?

予感が当たる人は、自らその結末を引き寄せている可能性が高いです。

あるいは、誰よりも俯瞰的かつ総合的に物事を見る力に長けており、その視点からもたらされる結論が、極めて現実的ということもあります。

どのような特徴を持つ人がそれらに該当するのでしょうか。

1.感覚が鋭い

感覚が鋭い人というのは第六感うんぬんではなく、あらゆる物事に対してアンテナを張りつづけている状態を示しています。

つまり、ただそこに突っ立っているだけでも、凡人よりはるかに多くの情報を脳内でめまぐるしく処理しているということです。

五感を研ぎ澄ましている

五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のことです。

この中でも、視覚と聴覚に関して、人間は無意識の内に“絞る”ことを行っています。

人間の視野角度は18歳から29歳で平均174.2度、30~39歳で拡大して175.4度、そこから狭くなっていきますが、80歳以上でも146.9度もあります。

しかし、多くの人はこの角度内の全てを明確に認識しているわけではありません。

物が飛んで来れば避けることはできても「では先ほど見ていた景色を正確に描き起こしてください」と言われれば再現できないでしょう。

ところが、あるアーティストはこれが可能で、一度見ただけの街の全景を明確に描き起こしました。

それも、建物の窓の数までぴったり同じように。

このアーティストはサヴァン症候群で、障害を抱えつつも特定分野に優れた能力を発揮するという特徴を持っていました。

つまり、人は視野角度内にある全てのものを“見てはいる”のです。

しかし、多くの人は注目したい物しか“認知”しません。

聴覚も同じように、本当は雑音も全て聞こえてはいるけれども、今目の前で話している人の声に絞って聞き取っています。

五感を研ぎ澄ませている人は、おそらく一般よりも認知しているものが多いのでしょう。

誰かにとっては「そんなものあの場所にあった?」「そんな音した?」というようなものも認知して記憶しているので、凡人には理解できない予測を立てることも可能かもしれません。

常に神経を尖らせていることも

感覚が鋭い人は、嫌でも多くの情報を認知しているので、その分脳の処理速度も尋常ならざる速度であると考えられます。

そのため、誰よりも物事のリスクに気づくのが速かったり、場の空気を明確に察することができてしまうので、しばしば神経質な人物であると思われることがあるでしょう。

彼らにとってみれば、周りの人のほうが「鈍感」であり「どうしてそんなこともわかってくれないのか」とモヤモヤしているかもしれません。

2.正夢を見ることが多い


夢というのは起きている時間で得た情報などを整理して記憶する際に見るとされており、新しい刺激が多い毎日を送っている人ほど展開の多い夢を見るそうです。

しかし、起きる頃には夢の大半は忘れてしまいます。

とはいえ、情報の整理と記憶を行っている最中に見るものである以上、意識していないけれども見たもの、聞こえた音などが飛び交っているはずです。

それらを統合して生み出される映像の中に、未来を予測できるようなものがあったとしても不思議ではありません。

それを起きたときにも覚えていて、その予測に極めて近しいことが現実で起これば「正夢」となるわけです。

デジャヴを感じることもある

既視感を得たとき「これは前世の記憶かも」と思うかもしれませんが、実は本当に見たことがある可能性が高いです。

たとえば初めて来る街の景色なのに「来たことがある」と感じるのは、もしかしたら数年前に読んだ新聞の端っこに、その街の写真があったのかもしれません。

でもその新聞のことは忘れているので「見たことがある」が「来たことがある」に変化して感じられます。

脳のバグを起こすほど疲れてはいないのにデジャヴを見ることが多いという人は、多くの人が思い出すこともできないくらいの情報量を、瞬時に引き出す能力に長けている可能性が高いです。

3.行動力がある

行動力がある人は意識しているか無意識なのかは別にしても、自分が期待していることに向かっていくことができます。

そして、積極的に物事に取り組んでいくので、誰よりも経験することが多くなっていくでしょう。

そうすると、得られる情報や知識も増していきますから、予測する材料が揃いやすい状況にあるといえます。

積極性がある人は予感をしやすい?

行動力、積極性がもたらすものは“予感”というよりは“予測”です。

ただ、本人が無意識でそれを行っている場合に「予感がする」という表現になります。

本人がその理由を掘り下げ、明確に文言化できるようになれば、説得力のある予測を周囲も得ることができるでしょう。

4.経験を積み重ねている

仕事で上司の言う通りになったということはないでしょうか。

あるとすれば、その上司はとても有能な人物です。

オカルト的な能力で予測しているのではなく、経験から導き出されるものですからね。

こういう人は、脳内に大きな図書館があるようなイメージです。

そして、それらの全ての経験に索引がつけられており、目の前にある事象をキーワードとして調べることで似たような経験を引っ張りだすことができます。

過去の経験から予測をする

過去の経験のいくつかを引っ張り出して、似ているところを繋ぎ合わせると今起きていることに対処できる方法が予測できることは多々あります。

経験が多ければ多いほど、予測が当たる確率は高いです。

人がやることなんて、どれだけテクノロジーが進んでも大昔から大して変わりませんからね。

たとえば昔はそろばんを弾いていたのがパソコンになったからといって、計算するという大元は同じわけですから、やるべきこと、そうなるであろうことは、そんなにブレません。

予測した行動や対策もできる

経験からもたらされる結論には、その当時の解決策なども付随しているので今起きていることにも対応し得る情報がたくさんつまっています。

「年寄の話は聞いておけ」というのは、まさにこの情報があるからこそです。

経験が浅い人でも、経験が豊富な人の脳内ライブラリーを活用させてもらうことで、的確な対処方法をとれるようになります。

そうして自分自身にも成功体験を蓄積していけば、いつかは自分が予測を立てられる人間になることでしょう。

5.有言実行する力がある

有言実行する力があれば予感が当たるように見えるのは当たり前ですよね。

宣言してその通りにすればそうなるわけですから。

ただ、それを毎回実行しきるというのはスゴイことです。

とくに「今日は勉強するぞ!」ということではなくて「○○で成功する!」と結果を宣言するタイプが、予感が当たる人という扱いになります。

その通りになってしまうことが多い

他者から見ると有言実行する人には運がついているような感じがします。

努力だけでは難しいと思えることですら、言った通りになってしまうからです。

しかし、有言実行する人は自らその結果を引き寄せるための行動をとっています。

それが無自覚か否かは別としても、わりと最短距離で到達するので、平均的な人々からは理解しがたいものがあるでしょう。

どんな事でも成し遂げる

有言実行する人は、できるという見込みがあるものを宣言しているだけです。

見込みが0のものでは有言があっても実行はできませんからね。

ただ、多くの人が「無理だ」と思うことを有言実行できればかなり目立ちます。

だから予感が当たっていると思われるわけです。

たとえば「今日は勉強するぞ」はそりゃ出来るでしょう。

でも「東大に入るぞ」だと大変ですよね。

とはいえ「東大に入るぞ」は「今日は勉強するぞ」を毎日続けた結果ともいえます。

どの段階のことを宣言するかで周囲に与える印象が違うだけ、ではあるものの、言った通りにするまで諦めずに続けることが、他者との大きな差です。

6.運が良い

これまでご紹介してきた特徴は、程度の差こそあれ自分の言動が結果を引き寄せているものばかりでした。

しかし予感が当たる人の中には、どう考えたって運が良いとしか思えない人もいます。

それは偶然の出来事が重ならないと、そうはならないことです。

宝くじに当たる、寝坊して駅に走ったらちょうど電車が遅れていて乗れた、たまたま予約にキャンセルが出て人気店に入れた、などが挙げられます。

たまたま当たるという人も

予測できないことは、たまたま当たったとしか言えません。

これは善行を積んできたとかいうのは全然関係がなく、毎日悪いことばかりしている人でも当たるときは当たります。

宝くじを何十枚何百枚と買う人がいますが、天文学的な確率であり、1枚だけ買うのと大差ありません。

何百枚買っても当たらない人もいれば、1枚しか買っていない人が当たることだってあるわけです。

常に運が良い人もいる

上記のような運でしか当たらないようなことが常々舞い降りる最強の人ってたまにいますよね。

ギャンブルだけで飯が食えているようなタイプです。

こればっかりは、解説のしようもありません。

これらの人が「必勝法」を周囲に伝授することもありますが、それ通りにやっても多くの人は上手くいかないものです。