皆さんは、きちんとしている人と言うと、どのような人を想像しますか?

やはり何かにつけてルーズな人というよりかは、きちんとしている方の方が好印象であるところがあります。

ですので、少しでもきちんとした人を目指していきたいものですね。

ではきちんとしている人とはどのようなところがあるのでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

️きちんとしている人って魅力的

やはりきちんとしている人というのは、人からして魅力的に見えます。

中には堅苦しいというような人もいるかもしれませんが、それでも圧倒的にきちんとしている方の人が人気を博しているところがよくあるのです。

特に日本では、きちんとしている人が好きです。

このようなところはあげてみると、社会で成功出来たり、結婚生活で良い生活ができるという点においても、きちんとしている人の方がそうなりやすいところがあります。

だからこそ、きちんとした人を目指していくということで幸せを掴みとっていきましょう。

「きちんとしなさい!」と叱られた経験ありませんか?

子供の時によく「きちんとしなさい!」という風にしかれたことはありませんか?

なぜきちんとしないといけないのかと言うと、やはり外で振る舞う印象としては、きちんとしている方がより良いところがあるからです。

それで外で恥をかかないようにという親心から、そのような事で怒られることがあるのです。

このように「きちんとしなさい!」と叱られて、その当時は鬱陶しい親だという風に思っていても、大きくなるとそれが実感できるところがあります。

”きちんと感”は周りの人たちから好印象!

やはりきちんと感は、周りの人から好印象を与えるところがあります。

周りの人の印象としては、きちんと感があるほうの印象は圧倒的に良いケースが多いです。

だからこそ、きちんとしていきたいと思うものですね。

やはりきちんとしている人というのは、皆から好かれます。

堅苦しいという人もいても、そのような人は少数派であるということから、社会人としてやっていくためには、きちんとしている方が圧倒的に良いところがありますので、きちんとした人を目指すほうが、社会的に成功しやすい所があります。

では、きちんとというだけでは抽象的ですので、もっと色々ときちんとしているところについて、具体的なところを見ていきましょう。

️きちんとしている人の17個の特徴

きちんとしている人の特徴は、主に具体的な例を挙げると17個あります。

やはり音の特徴を見てもきちんとしている人が、必ず獲得しているであろう特徴の一つです適当な人であれば、この一つ一つの習慣づけが大変なところもあるかもしれません。

著者も、どちらかというとそこまできちんとしている方ではなく、適当な一面もあるという風に認めていますので、このようにきちんとするということをやっていきたいなと思います。

ではこのきちんと知る人の特徴を17個答えて決めていきましょう。

言葉遣いが丁寧


基本的にきちんとしている人は、言葉遣いが丁寧です。

敬語はもちろんですが、丁寧語、謙遜語、尊敬語などもうまく使い分けているというところがあります。

きちんと使っているからこそ、周りの方に良い印象を与えられるところがあります。

そしてよくありがちな「マジ」とか「ガチ」という言葉もあまり使わないところがあります。

この言葉はどちらかというと若い方がよく使うところがありますが、ともすれば30倍代半ばの芸能人の方でも使っている場面をよく見ますので、広く浸透している言葉のひとつです。

具体例を挙げると「マジですごいと思います!」とか「ガチで頑張らさせて頂きます!」ということを言っても、言葉遣いが丁寧に聞こえないところがあります。

特に非常に若い方だともうこの言葉が浸透しすぎて、中には丁寧に言えば何とかなると思ってしまうところもあるでしょう。

このように公式なところであまり使わない言葉というのもありますので、それも同時に覚えておきましょう。

動作がきれい

基本的にきちんとしている人は、動作が綺麗なところがあります。

物を拾う時のしぐさも大変きれいなところがあるのです。

例えば普通でしたらただ、かがんで取るというところもあるでしょう。

ですがより丁寧な印象を要するには、ちゃんとしゃがんだ上で物を拾うというような形を徹底しています。

このようにすることで操作がより綺麗なところがあります。

そしてくしゃみの時も反射的に出てしまうというところもあり、ついうっかりということもあるかもしれませんが、できれば人がいるところから顔をそらし、口を覆ってからくしゃみをするようにしましょう。

礼儀作法的な話は別として、衛生的には昨今は手で押さえるのではなく、腕のほうに口をむけてくしゃみをすることによって手に唾がつくことを防ぐことができると言われています。

そして、くしゃみをうっかりしてしまったとしたら「失礼しました」ということも礼儀です。

このように動作をきちんとしている人は、感じがよく見られるところはあります。

自己管理ができる

そして自己管理もきちんとしている人の条件の一つです。

それはなぜかと言うと、バタバタと準備をしていくということであれば、何かにつけ慌ただしいですし抜けがある可能性もあります。

自己管理ができ、前もって色々と準備をすることができるということで自己管理ができる人の方が、きちんと冷静に対処することができるところがあります。

ですので自己管理ができるということは、非常に重要なことです。

ただ自己管理が非常に難しいという人もいるかもしれません。

そのような人はタイムスケジュールを作りましょう。

手帳などに大まかに何時に何をするというようなことを記入したり、この時はこの行事があるから何を準備したらいいのかということを考えるようにする事などを手帳に書いていくことによって、だんだんと自己管理ができる人に近付いていくことができます。

整理整頓ができる

そして整理整頓も得意な人と不得意な人に大きく分かれるところです。

得意な人であれば問題なく自然とこなすことができますが、苦手な人であれば、段々と汚くなっていく身の回りのものについて悩みを抱いている方も多いでしょう。

そして、なんで自分はこんなに管理ができないのかという風に悩んでいる人もいるのかもしれません。

しかしこれも少しの心がけで、簡単に片付くことができるので安心してください。

それはどのようにしたらいいのかと言うと、所有しているものを減らすのです。

そうすることによって、管理する力が弱い人も、うまくもの管理ができるようになります。

ですのでいるものに関しても、物の絶対数を減らすことによって暮らしやすくなります。

そして曲者なのが、思い出のものですが、この思い出のものも最近は写真を撮ってそれをアルバムにするようなアプリも数多くありますので、それを思い出として写真をとっておきあと処分しましょう。

そうすることによって身の回りのものを減らすことは出来ます。

もしどうしても一人では難しいということであれば、友達や家族の方に手伝ってもらったり掃除の外注してみても良いでしょう。

身だしなみを整えている


身だしなみを整えている人もいる人と、きちんとしている人見られます。

アイロンがけをして綺麗にしているものを着ているだけで、きちんとしている人に見えます。

さらに汚れなども見落としがちですが、汚れがあるときちんとしている人には見えないところがありますので、汚れを見つけ次第きちんと洗濯をするようにしましょう。

洗濯機に放り込むだけでは落ちないということもありますので、温かいお湯にアクリルウォッシュなどを入れたりするというような感じで、ちょっと特別な洗濯する必要があります。

ただ、こちらも慣れればすぐにできることですので安心してください。

よくありがちな汚れとしては男性のワイシャツについてですが、結構襟回りとかが黒くなることが多いです。

ですのでこのようにお湯でつけ置き洗いをしその上で、こすり洗いをするようにすることで綺麗になります。

欲や周りに流されない

ついつい人間は欲望に流されてしまいがちなところがあります。

確かにそのままで生きられたら楽なところがあるでしょう。

しかし欲があまりないというわけではなく、上手く自制することができるという人もきちんとしている人の特徴です。

さらに周りが楽をしているような環境であっても、そこに流されることなくきちんと自分でやるべきことをやっている人も、きちんとしている人の特徴です。

朱に染まれば赤くなるという言葉もあるように、人はついつい周りに流されがちなものです。

良い方向性に流されるのであればまだしも、そうでなければ悪い方に流れてしまうことを指します。

だからこそ人間は自分の環境の身を置く環境を選ぶことが必要と言われていますが、きちんとしている人はどのような環境であってもきちんとしているものです。

約束や時間を守る

そして約束や時間を、きちんと守ることができるのも、このような人の特徴です。

約束の時間があったら、だいたい約束の5分前に着くように前倒しをして準備をするということができるのも、このような人です。

さらにはもし雪が降っているなどで、遅刻をしそうということであればその雪が降って遅刻をしそうなことを想定して、さらに学校や職場に行くということも出来る人がきちんとしている人の特徴です。

ですので約束や時間を守るというだけでも、非常に人に良い印象を与えることができます。

きちんとしている人は、前倒しで行動できることが多いです。

きれいな字を書く

器用さなど能力の違いはあるので一概には言えませんが、やはりきちんときれいな字を書く人の方がきちんとしている人に見られることが多いですので、できれば字の練習などをした方が良いのは言うまでもありません。

ただどうしても手先が不器用ということで、きれいな字に見えない人がいます。

例えば一生懸命きれいに書いてても、はみ出したり字のバランスがおかしいことで、なんだか綺麗な字に見えないということはよくあります。

このように、どうしても字をきれいに書くことが苦手だということであれば、せめて1字1字、心を込めて書くというような感じで、確かに上手とは言い難いけれど一生懸命書いているのが伝わるという文章を書くことを目指しましょう。

脱いだ靴を揃える

脱いだ靴を揃えるという習慣があるというだけで、きちんとしている人に見られるところがあります。

これがない人はうっかりとそのまま上がってしまったりすることで、靴がグジャグジャになるところがあるのです。

このような部分は育ちが出やすいと言われています。

ですので、脱いだ靴をきちんと揃えることができる人の方が、非常に印象が良いところがあります。

さらに言うと靴箱があるのであれば、靴箱に入れることによって、さらにきちんとした印象を与えることができるでしょう。

足を閉じて座る

そして足を閉じて座るというのは、女性にとっては必須と言っても良いでしょう。

特にスカートを履くことがあるので、足を開いて座ることで非常にみっともない格好になってしまうところがあります。

しかし緊張が緩むとつい足が開いてしまうという人もいるでしょう。

だからこそ常に足に力を入れておくということで、それができるときちんとした人に見えるところがあります。

さらに利点としてはこのようにずっと筋肉を使い続けることによって、足の筋肉が引き締まるということもありますので、ダイエットを意識する傍ら足をしっかりとついて座りましょう。

知性を感じられる

きちんとしている人には、知性を感じられるところがあります。

ですので、もしきちんとした人を目指したいということであれば、できるだけ本を読みましょう。

ひとまずは興味があるジャンルでいいです。

そこからだんだんと広げて行って、素敵な分野にも色々と知識の幅を広げていきましょう。

そしてなるべく冷静な思考であったり、倫理的な思考ができるように、思考の仕方についても学んでいきましょう。

そのようにすることで姿勢は身に付いていくところがあります。

そして何かの拍子に、姿勢が出ることによって「この人はちゃんとしている」と思ってもらうことがあります。

最近は本を読むのも電子書籍もありますし、電子書籍を読み上げるような機能もあったりすることから読み上げ機能を使って、自分が楽のように知識を入れるということも可能です。

ですのでこのようにサービスは柔軟に使っていくことで、本を読むのがイマイチ得意ではないという人も、知識を身につけることができます。

隠れて努力ができる

そして、そのような人は基本的に隠れて努力ができるところがあります。

自己顕示欲が強い人だと、明らかにわかるように努力をするというところもあるでしょう。

SNSでこのようなことを強調したりするような人も、自己顕示欲が強いタイプの人です。

しかしきちんとしている人というのは、そのようなことをわざわざしなくても、努力はできます。

そのような人は大抵は個々の努力は普通にご飯を食べるのと同じぐらいに、同一のものという捉え方をしている方もいるので、アピールするまでもない努力という考え方をしている可能性もあります。

このように隠れて努力ができるというのは、人に非常に良い印象を与えることができます。

穏やかで落ち着いている

そしてきちんとしている人は、基本的にそこまで怒ったりすることはありません。

それはなぜかと言うと、もし自分の中で負の感情が起こったとしても、それを表沙汰に出さないところがあります。

そしてもし、どうしても不満があるということであれば、冷静沈着にそれを伝えることができるという人もきちんとしている人です。

ですので感情的になって、喧嘩になったりということもあまりありません。

そしてこのような人は知性があることによって、自分の感情を客観的に穏やかに分析することができます。

ですので分析した感情を元に、色々と気持ちを持っていくことができるので、結果的に穏やかで落ち着いているのです。

さらには色々なもしもの状態というのも考慮しているところがありますので、もし何かあったとしてもあまり慌てることはなく、急なトラブルに対しても、落ち着いて対処できる人が多いです。

丁寧に仕事に取り組む

仕事の仕方も非常に丁寧で周りの人から、良い評価が得られるというところがあります。

そしてこのような基準としている人は、段取りからしてうまくできている所があるので、結果的に時間をかけるべきところに時間をかけることができるということから、丁寧な仕事ができるというところがあるのです。

例えば納期が五日後だったとして、この五日の間にどのような段取りで仕事をしていたら良いのかということも、計画をうまく立てられるところがあります。

その結果、沈着冷静になおかつ丁寧に仕事に取り組むことができるのです。

このような人の真似をするには、スケジュール帳を使うなどをして計画を立てるようにしましょう。

そうすることで、だんだんと丁寧な仕事にができるようになります。

人に対して優しい

そしてこのような人は人に対して、優しいところがあります。

それは性格的な優しさはもちろんのことですが、きちんと人に対しても優しくすることによって、どのような影響を与えるのかということをよく熟知しているからというのもあります。

だからこそ人に優しくできるのだと思います。

さらに言うと、自分が余裕を持って色々なことに取り組むことができることから、あまりイライラしません。

その結果、心に余裕ができ、人に優しくできるのだと思います。

敬語をちゃんと使える

きちんとしている人は、敬語をちゃんと使うことができます。

ちゃんと使えるというのは、丁寧語だけではありません。

「です・ます」だけではなく「〇〇でございます」とか「拝見しました」というような感じの、さらに丁寧な敬語も自然に使うことができます。

言葉は自然と変わっていくところがありますので、「〇〇でよろしかったでしょうか?」というような言葉がありますが、かなり親世代の方には使用法の誤りがあると違和感を感じている人も多いです。

きちんとしている人であれば、このような事も、よく分かっているところもあり、うまく敬語を使うことができます。

挨拶やお礼をしっかりする

きちんとしている人は、基本的に挨拶やお礼をしっかりとしています。

子供の時に挨拶やお礼については、かなりしつけられたという人の方が大半でしょう。

例えば「おはようございますは?」と言われたり「ありがとうは?」と言われたりすることもありましたよね。

それは挨拶やお礼をしっかりする大切さを、実感しているのです。

時代によって変わるところはありますので一概には言えませんが、どちらかと言うとお手紙や電話でお礼を言う事によって、よりきちんとしているという印象を与えることができます。

昔は電話の方が出始めた頃は、お手紙であったり会うことであったりで、お礼を言う事の方がきちんとしているとされていましたが、最近は電話もその項目に入ってきました。

その代わりメールやLINEというようなお礼方法というのは、あまりきちんとしたお礼方法ではないという風に認識している世代の人もいるのも事実です。

️きちんとした人に見られるためのポイント

ではきちんとした人に見られるためのポイントとは、どのようなものがあるのでしょうか?

きちんとした人に見られるためには、色々なポイントがありますので、それを押さえていき、だんだんと自分がそれに近づいていくことによって、きちんとした人を目指していくことができます。

礼儀正しさ

一番きちんとした人という印象を与えるところは、礼儀正しさによるのではないのでしょうか?

敬語などをきちんと使い、礼儀正しくすることできちんとした人だと見られるところがあります。

ついつい砕けてしまったりすることもあるでしょう。

ですが、基本的にそのような一面が少ない方が礼儀正しく好かれるところがあります。

だから礼儀正しさは重要視した方が、よりきちんとした人見られる傾向があります。

ですので、もしきちんとした人を目指すのであれば、礼儀正しさに磨きをかけましょう。

そして礼儀作法についても色々と学んでいくことによって、より礼儀正しさを感じさせられるところがあります。

自立している

この自立というのは何を指すのかにもよりますが、できれば経済的に自立をしている方がさらに望ましいです。

しかし、専業主婦はダメなのかと言うとそうではなく、専業主婦の方であっても、きちんとされている方はいます。

そのような場合は、どちらかというと精神的な自立のことを指すケースが多いです。

専業主婦が仕事をしている兼業主婦と、どちらにも関係することがあるのですが、よくあるケースとしては子供に依存しているというケースも少なからずあります。

それは夫が不在であったり、ほぼ仕事などで家庭に居場所がないというような状態だと、このような状態になりがちです。

例えば昔、自分がなれなかったものに娘になってほしいというような感じで、執拗に娘にその習い事をさせようとしたり、進路を選ばせようとしたりというような人だったら、それは精神的な自立をしているとは言いがたいです。

自分のことは自分で決めるとか、自分のことは自分でやるという風に自立している人こそが自立している人といえるでしょう。

周りへの気遣い

周りに気遣いができる人は、周りの人のことをよく見ているということです。

ですので自分のことばかりではなく、相手を気遣うことができるという点では、非常にきちんとしている人に見えるところがあります。

やはりこのように気遣いができず、マイペースでい続けるということは、大人としての態度に見られないところがあります。

気がつかないということで、周囲の人からマイナスイメージを持たれることがあります。

もちろん人間ですので、常に気がつく状態でいられるわけではありません。

疲れてぼーっとしてしまうこともあるでしょう。

そんな時があっても、できれば周りの人がいる限りは、きちんと気を遣うということを意識するようにしましょう。

気が利かないと言われたことがある人にとっては、これが非常に難しいと言われるところもあるでしょう。

しかし何とかしようという気持ちを持って、行動を起こしていたら、きっとうまくいったりその努力を認めてもらったりすることもできるでしょう。

大人っぽさ

基本的に自立をよしとしているので、大人っぽさがある方が、きちんとしているという印象を与えるところがあります。

さらには何かがあった時に人のせいにするような人は、大人っぽいとは言えません。

ですので自分で責任を持ち、自立をしっかりとするということが、その大人っぽさに繋がるところがあります。

そのような感じで責任転換をしてしまいたくなるということであれば、それを選んだのは自分であると改めて認識することによって、この大人っぽさを身に付けることができる可能性があります。

責任感がある

きちんとしている人は、基本的に責任感があります。

ですので仕事においても、そのきちんとした責任を全うとするところがあります。

だからこそ社会的にも評価されるケースが多く、中には昇給している人もいます。

そしてさらにはプライベートにおいても、きちんと責任感があるので、男女どちらにせよ中途半端に異性と遊ぶということもあまりありません。

異性関係にルーズな人というのは、基本的にきちんとした人に見られないというところがあります。

だからこそ、このようなプライベートでもきっちりとする必要があります。

そして本気の人には、本気で付き合い、それ以外の人であれば恋愛対象の対象にすらしないところが、きちんとしている人も所以です。

それは責任感があるからとも言えます。

立場をわきまえる

立場をわきまえるということも、きちんとしている人の特徴です。

この立場をわきまえるというのが簡単なようで難しいかもしれません。

非常に分かりやすい例は、秘書であれば部長など付いている人の言う事を聞くことが基本です。

秘書として使えている方の手となり足となり、色々な雑用のなどをして、その人を手助けするということが秘書の仕事です。

ここで立場をわきまえないことが何かと言うと、例えばその付いている方に意見をしたり、自分の思うように周囲に指図をして、まるで秘書ではなく部長などのように振る舞ってしまうことが、立場をわきまえていないという事にあたります。

社会人になっても、例えばその企業での勤務が長ければ、だんだんと自分が発言権が出てくると思ってしまうところがあり、そのような越権行為に出てしまうこともあります。

秘書をしている人は、本当にずっと付いている人の手となり足となりという役割を果たし、言われたことを忠実にこなしていくということが仕事です。

ただその秘書の仕事に求められることは違いますので、仮に秘書の仕事をやっていくということであれば、どこまでが秘書の仕事かということをしっかりと把握しておくことが必要です。

それは、プライベートでも似たような一面があります。

品格がある

そしてこのような人は品格があるところがありますので、佇んでいるだけできちんとしている人に見えるところがあります。

この品格があるというのは大変難しいところですが、この品格を身につけるためには、どうしたらよいかですが、基本的に立ち振舞いの美しさをマスターすることや、生き方を凛とする一本筋の通った生き方をするということで、品格が備わってくるところがあります。

さらには誰にでも丁寧に接したり、食べ方を気をつけたりすることなども品格に関わってくるところがありますので、マナーを覚え、立ち振舞いを習得することによって、品格を身に着けることができます。

女性らしさがある

基本的に、このような人は女性らしさがありますが、根は男女平等とはいえでも、やはり女性らしさに惹かれるような人は男女問わずいます。

このような例えではあまり的確ではないかもしれませんが、やはり色々な環境の中でどうしても男性の比率が上がってくると、中には反応に困ってしまうような話題を挙げてくるような人も一定数います。

このような人に対してどう接するかということにも、女性らしさが現れます。

一緒に大笑いをして盛り上がると、周囲の人はその人に女性らしさを感じることができません。

ともすれば男友達のような女性というような立ち位置になってしまうことがあります。

どちらかというと、このような時は、やはり恥じらうような態度があった方がより女性らしいともいえるでしょう。

やはり女性らしさとはこんなところにも現れることがあります。

️きちんとしている周りの人を観察してみよう

きちんとしている人が印象が非常に良いことがわかりましたが、ではどのようにしたらきちんとしているように見えるのかというのが悩みの種でもあります。

もちろん自己流できちんとしようと頑張っているということも素晴らしいのですが、もしそのきちんとした性格というものをあまり持ち合わせていないとなると、自己流だけでは限界があります。

無理やり自分に合わないようなやり方をしている可能性もなきにしもあらずです。

そんな時は身の回りのきちんとした人を見てみましょう。

ひょっとしたら、このようにしたら自分もきちんとできるかもしれないというような基準が見つかる可能性があります。

このようなことから、きちんとしている人を観察することで身につけていくということもできます。

もしどうしても身の回りに、きちんとした人が見当たらないということであれば、仕方がないところがありますが、できれば身の回りの人の方がこんな時はこうするという手本を見ることができる参考になります。

もしどうしてもこのような人がいないということであれば、マナー教室に通ってみるのも一つの手でしょう。