男子大学生との恋愛はどういうものでしょうか?

そして、恋愛するためには男子大学生との出会いが当然のことながら必要です。

今回は出会う方法と男子大学生との恋愛の特徴についてまとめてみました。

男子大学生との恋愛のリアル

男子大学生との恋愛と聞くとどういうイメージが湧きますか?
年下女子、同年代女子、大人女子、男子大学生に興味津々な方は多いのではないでしょうか?

女子高生にとっての男子大学生との恋愛、大学生同士の恋愛、社会人女性と男子大学生の恋愛、人妻と男子大学生との恋愛など、一言で男子大学生との恋愛と言っても、出会う場所や恋愛の進み方には違いがあります。

男子大学生の生活パターンや、行動形態などを把握して恋愛のリアルを探ってみましょう。

時間も自由もある男子大学生との恋愛

男子大学生の大きな特徴は生活や心の自由度が高いということです。

大学で何を専攻しているのか、就職活動をしている時期なのかどうかによって違いはあり、一概には言えませんが社会人に比べたら時間的に余裕があるのは確かです。

「自分は大学生だ、まだ社会人ではない」という気持ちの自由さもあります。

会社などの組織に所属していないという気持ちの自由さです。

大学に通っているではないか?と思われるかもしれませんが、大学はこちらがお金を支払って通っている場所です。

一方会社はお金をいいただく場所です。

この二つの違いはとても大きいのです。

お金を支払っているということはこちらに優先権があるようなものです。

しかも通常は4年間という期限付きですので、いつまでもこの場所にとどまることはないということが最初からわかっているのです。

会社というのは、終身雇用ということが死語になりつつある現代でも、しばらくは、そしてできるならが長くその場にとどまるほうが何かと都合の良い場所ではあります。

仕事をし、お給料をいただくありがたい場所とはいえ、自分自身をしばりつけられているような圧迫感を感じずにはいられないものなのです。

日本の男子大学生という立場は、そのような場所に立ち入る前の自由さを満喫している期間であるとも言えますね。

入るために大変な労力を使い、入りさえすればあとはこっちのもの!という日本の大学制度が問題視されているのは今も昔も同じですね。

もちろんすべての男子大学生がそうだとは言えません。

勉学に励み、遊ぶ時間もないという大学生も少ないですがいることは確かですが。

男子大学生と出会って恋愛してみたい


そんな男子大学生と出会って恋愛してみたい女子はたくさんいますよね。

高校生以下の年下女子にとっては男子大学生は、自由さを持った大人の男の魅力を感じ、同じ大学生女子にとっては仲間意識が湧き、共通の話題も多い男子大学生との恋愛は楽しいものになるでしょう。

大人の女性にとっては心も体も若々しい男子大学生はまぶしく感じるのです。

一生のうちたった4年~6年の限られた期間だからこそ、まぶしく感じるのかもしれないですね。

限られた大学生時代の男性との恋愛を繰り返す大人の女性もいるようですよ。

男子大学生の恋愛って実際どうなの?

男子大学生との恋愛って実際どのように進んでいくのでしょうか?

時間と心の自由度が高い男子大学生ですが、よほどのお金持ちのお父さんやお母さんを持っていないと、金銭面では自由度が低いのではないのかと心配になっている人もいるのではないでしょうか?

男性としては、若くてはつらつとしているという反面、まだまだ大人としての成熟度が低くて、女性としては心配な部分もあるのは確かです。

男子大学生との恋愛の7個の特徴


ここでは生活面、心の充足感など男子大学生との恋愛の特徴を具体的に見ていきたいと思います。

空いてる時間はいつも一緒にいられる

時間的自由度が高いということはどういうことかというと、プライベートな時間が多いということです。

空き時間が多いですね。

社会人となると8時間勤務というのは名ばかりで、10時間以上働いている、会社に拘束されている、取引先に出向いているというのは結構あたりまえです。

その点、大学生は朝から夜遅くまで講義を受けているということはまずないですよね。

勉強をしているにしてもずっとではありません。

男子大学生はスキマ時間が多い

要するに、スキマ時間が多いということになります。

バイトに励んでいる男子大学生でも、学校とバイトとの間の時間、午前中は大学に行かなくてよい日などもあります。

急に休講ということもあります。

本業は学業なので、バイトベッタリということにもできません。

いくら日本の大学生は勉強をしないと言われていても、やはり勉強の時間を確保しながらのバイトや遊びになります。

そのためある程度の余裕を持ったスケジュールを組まないといけないのです。

ビジネスマンのように予定の相手が人間であることもありますが、その場合のかなりの部分がデートの相手であったり友達であったりします。

自分の気分次第で変更できる予定が多くなるため、必然的に男子大学生はスキマ時間が多くなります。

当日になって突然の誘いも多々ある

ということは、突然のお誘いも多くなるということです。

「今日、空いてるんだけど、会える?」なんてことになります。

うれしい悲鳴かもしれませんが、こちらにも都合というものもありますよね。

でも、社会人の彼ではまずそういうことはないので、そこは男子大学生との恋愛の嬉しい一面とも言えます。

男子大学生の彼と付き合っていて、遊びの恋愛ではなく、この先も続けていきたいと考えているのでしたら、今のこの時を思う存分楽しみましょう!

一人暮らしだと半同棲気味になる

スキマ時間の多い男子大学生との恋愛で、彼やあなたが1人暮らしだと、どうしても半同棲気味になってきます。

いつも彼女と部屋で一緒に過ごす

彼が1人暮らしだと、当然大学からそう離れていないところに住んでいるはずです。

彼女とどこかで待ち合わせてデートをするより、大学の近くの自分の部屋に彼女が来てくれると、大学と家との往復だけで済みますよね。

お金がない男子大学生にとっては交通費やホテル代の節約になります。

お互いが一人暮らしの場合は、お互いの部屋を行ったり来たりすることで、気分転換になりますね。

ただ、半同棲になる大きな原因はやはり金銭的な面ですね

帰らせたくなくてあれこれ気をひく

帰らせたくなくてあれこれと気をひいてくることも考えられます。

お世話を焼いてくれる女性なら、部屋が汚れているから掃除をして欲しいなと言ってみたり、ご飯を作って欲しいなと言ってきたり。

男子大学生は甘え上手です。

大学生の間は自立していなくても、甘えていても許されると思っているようです。

女子高生ブランドというものもずいぶん流行りましたが、男子大学生ブランドというものが存在するのかもしれませんね。

もちろんすべての男子大学生がそうだとは言えません。

自立心が強く成熟度の高い男子大学生もいますが。

人間関係の広さに浮気の心配が多い

ただ、ちょっと心配なのは、家庭的なお世話を焼いているうち、なんとなくお互いが新鮮味を感じなくなり、そんなときに彼の人間関係の広さに浮気の心配がチラホラと出てくることです。

生活と自由度が高い男子大学生は、大学内やバイト先など人間関係が広くなりがちです。

社会人と違って上下関係というものに縛られることが少ないので、フランクになれます。

同じ大学のいつメンたち

上下関係や利害関係が生まれない同じ大学のいつメン=いつも一緒にいるメンバーとの関係が濃厚になりがちです。

性格にもよりますが、彼女や恋愛に関して、いつメンたちと張り合うという傾向が出てきます。

本当は自分の彼女のことが好きなんだけれど、ついつい張り合ったり見栄を張ったりして遊び人を気取ることがあるかもしれません。

いつメン自身が、恋愛の邪魔をしてくることも考えられますよ。

バイト先での仲間たち

バイトをしている彼なら、バイト先でも仲間ができます。

バイト仲間は男子のこともあるし、女子のこともあります。

ちょっと心配ですね。

サークル活動でのメンバー

サークル活動している彼なら当然、その仲間がいます。

ちなみに部活とサークル活動の違いを少しだけお話ししますね。

サークル活動とは部活と違って、学校に部活動として認められていない活動を言います。

サークル団体は、もちろん何某かの目的を持って活動するのですが大学には認められていない団体なので、部活のように成果を出すことを絶対的な目的にしていないことも多いのです。

したがって、気持ちの面からも活動の面からも自由度が部活以上に大きいということです。

そんなサークル活動でのメンバーの中には女子もいますよね。

同じもの、同じことに興味を持ち活動している仲間とは結束力も強まり、接触する機会ももちろん多くなります。

記念日や誕生日は気合を入れてくれる

男子大学生との恋愛は、ちょっぴり浮気の心配な面がありますが、嬉しいこともたくさんありますのでご紹介しますね。

まずは、記念日は誕生日に気合を入れてくれるということです。

大人っぽくロマンティックさを大事にする

ようやく大人の仲間入りをしたばかりのころの男子大学生は、大人の男性としてふるまいたい、女性を大切にしたいという気持ちから、ロマンティックさを大事にしてくれるのです。

社会的なストレスも少ないのでロマンティックな気分に浸りたいという想いも強いようです。

車離れが進んでいると言われています。

数人で車のシェアリングが流行ってもいます。

でも、男子大学生は運転免許を取ってまださほど時間がたっていないため、ドライブデートに誘ってくれる率が高くなります。

社会人で仕事で車の運転をしている男性の中には、休みの時くらい運転をしたくないという人がいますが、男子大学生はそんなこと言いません。

ドライブデートが大好きという女子は嬉しいですね。

一生懸命バイトしてお祝いしてくれる

記念日は誕生日に気合を入れるためには先立つものが必要です。

つまりお金です。

この時ばかりと奮発するために、一生懸命バイトをしてお祝いしてくれる可愛い男子大学生が多いです。

自分はこんなに女性を喜ばせることができるんだ!ということを自分自身にも相手の女性にも示したいという気持ちがあるようですね。

そういったことをできるようになってからまだ日が浅いということも関係しているようです。

初々しいのです。

ちょっとオーバーに、思いっきり喜びを表現してあげましょう。

「何が欲しい?」と聞かれたり、「どこに行きたい?」と聞かれたら、あまり厚かましい態度はいただけませんが、ちょっと可愛くおねだりしてみたら叶えてくれるかもしれませんよ。

やたらと金欠気味

半面、普段はやたらと金欠気味です。

それは仕方ないですよね。

お金持ちの息子でない限り親御さんも一生懸命働いて学費や寮費などを工面しているのです。

お小遣いまでふんだんに与えることができないのは当然です。

奨学金をもらいながらお小遣いはバイトで稼ぐという男子大学生も多いです。

「お金がない、お金がない」というのが口癖になっていても、あまり責めないであげてくださいね。

なにせ、男子大学生の本業は学業なのです。

学費も親まかせ、奨学金に頼っている状態なのですからお金があるほうが不思議です。

普段のデートはチェーンの安めの居酒屋

記念日や誕生日は豪勢にレストランでディナーでお祝いをしてくれるかもしれませんが、普段のデートは安めの居酒屋チェーン店で、なんてことは当たり前です。

何しろ食べ盛り飲み盛りの男子大学生ですから、味やムードよりガッツリ感が大切なのです。

質より量な食生活です。

まだまだ若いですから、健康のために食生活を考えるということをする男子も少ないです。

サークルや合宿費など結構お金がかかる

サークル活動や部活をしている男子大学生は合宿費やその交通費などにも結構なお金がかかるのです。

授業料は親が出してくれても、サークル活動費までは面倒をみてくれないかもしれません。

バイトをしてやりくりしている男子大学生も多くいます。

精神的に幼い部分がある

それでは実際の男子大学生の心理面はどうなのかを見てみましょう。

残念ながら、精神的には幼い部分があるのは否めません。

人は、色々な人や状況、社会との関わり成熟していきますが、男子大学生はまだまだ経験が少ないのです。

人は人を見て自分自身を知っていくのですが、人を見てきていないのですから。

先に男子大学生は人間関係が広くて浮気の心配があると言いましたが、それはあくまで自分の都合の良い人間関係です。

嫌いな人とは関わり合わなければ済みます。

バイトも気に入らなければやめることが安易にできます。

上下関係で揉まれることもない男子大学生は社会的にはまだ子どもと言わざるを得ません。

どのようなことが特徴として現れてくるようになるのでしょうか?
まず大きく分けて2つのことが言えます。

自分が自分がということと、自分が絶対正しいという態度をとることです。

自分が自分がということは、自分のことしか頭にないということです。

横柄な態度をとってくることが多くなりますね。

自分がおかしいとか幼いということは頭にないのです。

好きな人同士でかたまっている学校生活では人は成熟しきれないものなのですね。

また、自分を疑うということをしないので、自分に否があるときでも素直に自分が失敗したんだ、悪かったと認められないのです。

自分の否を認めることは強さの表れなのですね。

ちょっとしたことで喧嘩をする

このように精神的に幼い部分がある彼氏との恋愛はどうしても喧嘩が多くなります。

ちょっとしてことで喧嘩に発展してしまいがちです。

でもこれが社会人になってからもそうであれば性格的に問題があるのですが、成熟しきれていない男子大学生となれば許せるものですよね。

彼はまだまだ成熟への階段を上っているんだと思える度量の大きさが男子大学生との恋愛には必要です。

わがままな部分が気になる

喧嘩にまで発展しないまでも、日々の中でどうしてもわがままな部分が気になってきます。

自分がするのはいいのだけれど相手にされると気に障って文句を言うとか、ちょっとやっかいなことがあると逃げるなど。

自分がして欲しいことをしてくれないと機嫌が悪くなったりするかもしれません。

彼女に対しては小さな子供の部分が出てくることも多いはずです。

わがままが可愛いと思えるうちは良いですが、鼻につきだしたら喧嘩が耐えなくなるかもしれません。

大人女子があえて年下の男子大学生狙いだということは、まさか成熟度の高い男性を望んでということではないはずです。

もしそうならあまりにも矛盾していますからね。

男子大学生を狙っておきながら、わがままな部分が気になるなんてわがままは言わないでおきましょうね。

飲み会はダメなど束縛をする

精神的に幼い人の特徴として嫉妬深さがあります。

これも性格的にもともと嫉妬深い人と、少々のことは気にならない人がいるので一概には言えませんが、男子大学生との恋愛では自分は行くくせに、彼女が飲み会に行くのはダメなど理不尽な束縛をしてくることがあります。

人は自分がすることを人もするものだと思うところがあります。

自由度が高い生活を自身がおくっているため、相手も自由に遊んでいるのではないのかと思ってしまうのです。

忙しいと放置気味になる

自分がいいけど相手はダメと言い、自分が忙しいと相手を放置することもあります。

男子大学生の恋愛傾向は放置プレイ型です。

もちろん人にもより、マメな男子もいますが、まじめな男子でも基本は気まぐれさを感じさせる傾向があります。

何しろ人間関係が広くて、気持ちも広がりやすい男子大学生は、興味の対象も変わりやすく人間関係も気軽に広がります。

新しい人間関係をきっかけにして、急に忙しくなることがあります。

友達とのノリで急にイベントが入ることもあります。

空気を読む男子は本当は行きたくなくても、ノリの悪い奴だと思われたくないばかりにお付き合いするかもしれません。

そんなときは放置していることさえ忘れてしまっているはずです。

テストやサークルなど意外と忙しい

何度も男子大学生は自由度が高い生活を送っていると言いましたが、スキマ時間が多いのは確かですが、細切れに忙しい時期が訪れるのです。

テストやサークル活動など意外と忙しい時期もあるのです。

自由度が高いということは、なにもずっと暇だということを意味しているわけではないのです。

突然空き時間ができるけれど、また突然予定ができるということでもあります。

突然、今会える?なんてお誘いが入ることもあります。

振り回されるかもしれませんよ。

また逆に、放置されているのは浮気しているからだと心配になるかもしれませんが、それだけが原因ではないことを理解してあげましょう。

自分が大学生経験があったり、大学生の場合は理解しやすいですが、そうでない場合は男子大学生の生態がわからずあらぬ不信感を抱いてしまわないようにしないといけませんね。

飲み会中は連絡はなくなりがち

飲み会のときにはメール確認や、ましてや電話などはしてこれないと思ったほうがいいですよ。

盛り上がっている最中にたとえ好きな彼女からのメールでもチェックしにくいのが普通です。

出会ってまもない頃、交際初期なら飲み会の最中でも彼女のことしか頭にないということも考えられますが、交際の安定期に入ったなら、もしくは倦怠期に突入しているならなおのこと飲み会中は連絡してきませんね。

男子大学生と出会う方法

さて、ここまでは男子大学生との恋愛はどのようになるのかということについてお話してきましたが、そんな男子大学生といったいどうやって出会うのか、その方法をご紹介しましょう。

サークル

先にもご紹介しましたが、サークルは部活と似てはいますが、大きく違う点があります。

部活は大学側が承認している活動であり、サークル活動は承認されていません。

あくまでも自分たちが好きで活動しているという点です。

もちろん部活も好きで活動してはいるのですが、大学側に承認されているということはそのぶん様々な義務も生じてきます。

それらの義務を果たすことでサークル活動にはない権利も与えられることになるのですが。

サークル活動の説明はこのくらいにして、自由度の高いサークル活動において男子大学生と知り合えるきっかけがうまれるのは当然、女子大学生です。

人と人は共通の趣味や目的、目標を持つことによって親近感が生まれます。

同志のような心の繋がりが生まれます。

彼氏を作るためにサークルに入るというのは姑息な感じがしてイヤだと思う人もいるかもしれませんが、動機はなんであれ行動してみる価値はありますよ。

学生イベント

学生イベントの中で出会いイベントというものがあります。

街コンというのは出会いはもちろんのこと、グルメをはじめとして地域活性化をめざして街ぐるみで行う合コンのことなのですが、学生が行う合コンはずばり彼氏彼女を見つけるためのコンパです。

出会いや交流目的でないイベントの種類として、フットサルやマラソンなどのアウトドアスポーツ系サークルイベント、アニメや演劇などインドア系のサークルイベントなどでも男女の出会いが多くあります。

アルバイト

学生と言えばアルバイトですね。

お小遣いをふんだんにもらえる学生は少ないです。

時間が自由に使いやすい大学生はアルバイトに精を出しています。

大学内での出会いと違ってアルバイト先の出会いは、年齢や趣味がこれまで出会った相手とは異なる人たちになる可能性があります。

そのため新鮮で恋に落ちやすいようですね。

学園祭

学園祭は年に1度とあって、気分が盛り上がります。

イベントの構想から準備の期間中ずっと一緒の学園祭は一体感が強まり恋に進展しやすいようです。

女子高生はこぞって大学の学園祭に出向いています。

大きな大学では著名なアーティストがゲストとして呼ばれていることも多いことが一因ですが、やっぱり男子大学生目当てなのです。

居酒屋ナンパ

サークルやイベント以外で行きつけの居酒屋さんで知り合うというパターンもあります。

お酒の力を借りて気分が盛り上がります。

いわゆるナンパというやつですね。

高校生はお酒を飲めませんが、居酒屋では年代の違う人たちとの出会いが叶いますよ。

男子大学生と言っても、お目当ての大学の生徒を狙っている女子も多いようです。

そういう人は、お目当ての大学の近くの居酒屋を狙いましょう。

大学の試験期間はいつなのかリサーチしておくことも忘れずに。

試験期間に飲みに立ち寄る男子大学生もいないことはないかもしれませんが、やっぱり狙い目は試験が終わった後、学園祭シーズン、忘年会シーズンでしょうか。

合コン

学生イベントのところでもお話ししましたが、男女の出会いを目的とした合コンは、言葉は悪いですが手っ取り早い出会いの場です。

その場に参加するということは、お相手を見つけるつもりがありますよということです。

友人に誘われてイヤイヤ参加する人もいるかもしれませんが、合コンに参加しておいて、私は今日はそんな気持ちで来たのではありません、なんて言われることはないはずの場ですから。

イベント会社が主催する合コンもあれば、誰かが友人たちに声をかけて開催される合コンもあります。

お相手の条件を男子大学生、と指定して開催すると男子大学生が集まってきますよ。

ただし、男子大学生になりすまして社会人が参加してくることもあるかもしれませんが。

相席屋

相席屋というのは、知らない人同士が合コンを行うことです。

通常の合コンはイベント会社なりある特定のいわゆる幹事さん的な人が声をかけて人を集めて開催されますが、相席屋は合コンの場を提供してくれるのです。

たとえば男性は30分1500円という金額設定だとすると、30分の間に相席屋に来ている女生と知り合い意気投合すれば1500円で彼女をゲットできます。

女性は無料となっているところがほとんどです。

ただ、問題は1時間居れば3000円ということになります。

割がいいか悪いかは男性側の腕の見せ所ということですね。

男子大学生も顔を良く出す相席屋に行ってみるのも男子大学生ゲットの手段としては有効です。

何しろ女性は無料なのですから。

マッチングアプリ

男女の出会いの最近の王道はマッチングアプリだという人もいるようですね。

男女の出会いだけではなく様々な人員募集にも使われています。

真剣な交際を望む人たちを引き合わせてくれるところ、軽い気持ちで登録できるところなど。

入力した条件が合う人同士を引き合わせてくれます。

人と人を、人と物を、人と状況を結び付けてくれるマッチングアプリで男子大学生と知チ合ってみましょう。

ただし軽い気持ちではあっても、知り合った相手にはあくまでも誠実な気持ちで接しようという気持ちを持って登録してくださいね。

最初はネット上でのお知り合いになるわけですからミステリアスでドキドキしますね。

恋活パーティー

恋活パーティーも出会いにはうってつけです。

パーティーですからビジュアル的に気に入った人がいれば、勇気さえあればすぐにお話しできます。

お互いが気に入るか気に入らないかは別として。

婚活と違って、あくまでもまずは恋愛をしたい男女が集まるばしょですから、社会人より男子大学生の参加率が高くなります。

ただ、マッチングアプリにしろ恋活パーティーにしろ、サクラが混じって参加していることが多いようですが、その場合はほとんどが女性のサクラですので心配ご無用です。

出会うなら自然な形で好きな人と・・・なんて思っているあなた!
合コン、相席屋、マッチングアプリ、恋活パーティーの4つは彼氏と彼女を作るためにターゲットを絞っているのですからある意味純粋な出会いなのです。

罪悪感なんて感じる必要はありません。

どんどん参加してみましょう。

男子大学生との恋愛ってやっぱり楽しそう!

お金はあまりないですが、時間的な余裕と体力ある男子大学生との恋愛は楽しくなりそうですね。

男子大学生は恋愛に対しての期待感やロマンチックな気持ちがまだまだ失われていませんから、ちょっぴり金欠ぎみなところを十分カバーできます。

とはいえ、一生懸命バイトをしてくれる男子大学生もいます。

母性本能をくすぐられることに生きがいを見出す年上女子にとっても男子大学生との恋愛はドキドキが長く続きますよ。

男子大学生という期間は長い人生の中でたったの4年。

医学生なら6年、もしかしたら留年してしまえばもっと長い可能性もありますが。

その限られたキラキラ、あるいはギラギラした期間の男子大学生との恋愛を楽しみましょう。