皆さんはおしゃまという言葉を知っていますか?

よく小さな女の子に使われるところがあり、特にお子さんがいる環境が使われることもあるでしょう。

仮にお子さんがいらっしゃらないという状態でもあっても、皆さんが女性であったら小さい頃に「おしゃま」と言われたことはありませんか?

今回はこの「おしゃま」という言葉について掘り下げてみていきましょう。

おしゃまってどういうとき使う?

特にお子さんがいない方であっても、おしゃまいう言葉だけを聞いたことがある方もいるでしょう。

ではこの「おしゃま」という時は、どのような言葉をどのように使うのでしょうか?

おしゃまとは、どのような時に使うのかを見ていきましょう。

子どもの様子を表す言葉「おしゃま」

基本的に「おしゃま」という言葉を使う時は、子供の様子を表す言葉であると言われています。

ですので大人の女性に関して使われることはありません。

さらには、「おしゃま」という言葉は、女の子とのことを指すので、男の子に「おしゃま」という言葉を使うこともありません。

おしゃまの意味

よく小さな女の子に使われる「おしゃま」という意味ですが、どのような意味があるのでしょうか?

その意味を解説していきます。

小さいのにませている様子

基本的に小さいのに、ませている様子を表しているところがあります。

よく使われるのは就園児とか、小学生ぐらいの子に使われるところがあるでしょう。

中学生以降になると、この「おしゃま」という言葉は、あまり使われなくなります。

その一方で、ませている様子を(よくない言葉ではあるのかもしれませんが)「マセガキ」なんて言ったりしますが、中学生以上の子に関しては、おしゃまという言葉はあまり使われなくなってきます。

基本的に小さいのにませているという「小さい」という所を重要視した意味合いがあるところがあります。

女の子に対してよく使われる

基本的に、このおしゃまという言葉は、女の子によく使われる言葉ですので、基本的に男の子に使われることはありません。

先ほども触れたようにも、「マセガキ」というと、嫌な感じがするところがありますが、「おしゃま」だと、そのませている様子が可愛いというような、少々プラスのお見合いを込めて言っているところもあります。

ですので、どちらかというと「可愛い」という思いに愛をこめて使っているところがある一面があります。

ですので、おしゃまな女の子と言うと、ませていて可愛い様子を表しているところがあります。

ませているの意味

この「おしゃま」という言葉を使う時に、よく「ませている」という意味合いのことをよく言われることがあります。

「おしゃま」という言葉を説明するときに、「ませている」というのはたくさん出てくるところがあります。

では、その「ませている」という意味合いについていろいろと見ていきましょう。

年齢の割に大人びている様子

この混ぜているというのは、年齢の割に大人びている様子を表します。

ともすれば、「色気付いている」というような感じにも捉えられるようなところがありますが、それは中学生頃の話です。

おしゃまという意味合いや説明するときの「ませている」という意味合いですが、年齢の割には大人びているという意味合いで言われることが多いです。

例えば幼稚園児なのに、好きな男の子がいるとか、化粧したりオシャレに目覚めているというような様子を表すことがあります。

幼稚園の子が化粧をすると言うと、なんだか大人びているなと思いますよね。

このように大人びている様子というのが、このませているという意味合いになってくるところがあるのです。

早熟な様子を表す

そして早熟な様子を表すところがあります。

例えば恋愛に目覚めていたら、早熟だなと思いますよね。

そして最近は色々な情報もありますし、テレビ番組でも取り上げていただいているので、どちらかと言うと早熟な子の方が多いのではないのでしょうか。

色々な動画などを見ていても思いますが、家には小学生の子供がいるのですが、小学生の子供の人形劇を題材にしているのに、すでに小学生にして彼氏や彼女がいるというような設定のものも多いです。

そういうものをわくわくして見ている小学生の女の子を見ると、早熟だなと感じさせるところがあります。

小学校の低学年中学年と言うと、そんなに彼氏彼女の関係になるなんてないところもあります。

ところがそのような動画を見ると、小学校の低学年にして彼氏や彼女がいるという設定のものも多く、早熟だと感じさせるところがあります。

しかしもしかしたら、ただの憧れであったりすることもあるのかもしれませんね。

ちなみにうちは女の子が二人おり、うち一人は中学生ですが、そのようなことは小学校時代は全くなかったです。

下の子に関しても同じなので、そのような動画を見て憧れを募らせるだけで、特にそのようなこともないという説も考えられます。

おしゃまな子どもの8個の特徴

では「おしゃま」な子供の特徴はどのようなものがあると思いますか?

その特徴については8個あります。

では、この「おしゃま」な子供の特徴について見ていきましょう。

おしゃれな服装


おしゃまな子は、基本的におしゃれな子が多いです。

多かれ少なかれ女の子でしたら、服装に関してはかなり気にしている子が多いのではないでしょうか。

例えば幼稚園の時でも、「スカートを履かないと幼稚園に行かない!」と言うように主張する女の子もいます。

「幼稚園にはこれを着ていく」と決めていく子も多いようですね。

このように女の子は服装については、おしゃれについてこだわりがあるところもあります。

しかし最近の子供は、どのようなスカートを履かないとというような感じの問題ではなく、子供向けの洋服ブランドについてのこだわりがある子がいるようですね。

このような話を聞くと、女の子を持つと衣料費がかかりそうだなと思ってしまうものです。

ただおしゃれなお母さんだと、子供もおしゃれな子になることも多いと感じさせるところがありますね。

子ども向けの洋服ブランドも多い

皆さんは子供向けブランドについてどれぐらいご存知ですか?

著者は、あまりこのようなファッションブランドには詳しくないので、主には西松屋とかユニクロ程度で、ミキハウスが高級というような程度の認識でした。

しかし最近は、子供向け洋服ブランドは非常に多岐にわたり、驚くところがあります。

中には聞いたこともないようなところもありますが、それは著者がファッションに疎いだけであり、色々な子供向けのファッションブランドについて見てみると、そのブランドが乱立しているといってもいいぐらいにたくさんありますよね。

もちろん普段着用のGUなどの庶民的なファッションブランドもあります。

このような色々なブランドがあるので、その中で自分が好きなファッションを選ぶということもできるのです。

最近の子どものおしゃれにかける情熱はすごいなと思いますね。

子どものファッション雑誌もある

なんと驚くべきことに子供向けのファッション雑誌まであります。

子供向けの雑誌と言うと「小学校何年生」というような感じの雑誌だったり、少年ジャンプとか少女漫画の「りぼん」などという程度の認識でしたが、ファッション雑誌もあるとは驚きです。

今著者は40代ですが、昔はそんなことは考えられませんでした。

最近はそれぐらいの小学生はおしゃれに関心があると言ってもいいのかもしれません。

確かに小学校は制服を着るようなところもありますが、中には私服の学校も多くあるのも事実です。

だからこそ、どんな服装したらおしゃれに見えるのかを、このような子供向けのファッション雑誌で研究をするのかもしれませんね。

うちは幸い制服の学校ですので、そのようなことに頭を悩ませるようなことがなく、良かったなと親目線では思います。

ただ子供からしたらまた違う感想を持つのかもしれませんね。

メイクをする


驚くべきことに、なんと最近の子供達はメイクまでするようです!

なんと子供のおもちゃを売っているような所に、メイクセットが売っていたりします。

さらには、時には雑誌の付録などでついていること言うこともあるぐらいなのです。

最近は雑誌は、色々な付録が充実している所があります。

昔の雑誌の付録と言うと、紙製の何かを作るとか、袋とか巾着袋程度の付録でしたが、昨今は付録が豪勢であるという理由から、雑誌を買うというような事情があり、雑誌の付録が中にはメイクセットが付いているというところもあるのです。

そのようなことから、小学生くらいの女の子であってもメイクをするようになってくるところがあります。

よくゲームセンターとかショッピングモールに遊びに行くと、明らかに幼い子なのに唇が異様に若い子と買っていませんか?

昨今はオルチャンメイクが流行っているというのもあるのかもしれませんが、やっぱりこのように小学生くらいの子でもメイクを楽しむようになってきています。

キッズコスメが女の子に人気

キッズコスメが女の子に人気で、先ほども触れたようにトイザらスのようなおもちゃ屋さんでも、キッズコスメの取り扱いがあります。

さらには付録でも、ついているぐらいですので、やはり小学生女子ぐらいの子もメイクに目覚めやすい事情があるのでしょう。

もちろん中学生も。

そのような付録を楽しんでいるところがあり、うちの子は上の子が中学生ですが、「付録に付いていた」と化粧セットを見せてくれました。

そのように小さな女の子でも、中高生ぐらいでも、メイクに興味があるという子は多いのでしょう。

本格的内容はにお母さんもびっくり!

そしてそのような付録や商品を見てみると、そのメイクセットはかなり本格的でお母さんもびっくりするぐらいです。

先ほども触れたように、中学生の子は「母さんも使ってみる?」と、その化粧セットを勧めてくれました。

それほどに本当に充実している所があります。

ともすれば化粧品を買うというよりかは、付録を普段のメイクセットにしても良いのではないかと思うぐらいに本格的です^^;。

美意識が高い

小学生女子以下の子が関心があるのは、ファッションやメイクだけではありません。

意識がそもそも高く、スキンケアに抜かりがない子もいます。

色々な子がいるので一概には言えませんが、やはり友達の影響を受けたりして、そのようになると思いますし、お母さんが美意識が高いということで真似をして美意識が高いという子もいます。

小学生女子以下の子だから、そんなに意識しなくてもいいのではないかと思うのですが、それでも意識の高さからスキンケアなどを抜かりなく行なっているという子もいます。

では美意識の高い子というのは、どのようなことをしているのでしょうか?

化粧水などでスキンケア

小学生以下のような、肌がそもそもピチピチしているような子であっても、化粧水などのスキンケアを怠らない子も結構います。

やはり、早い子はお母さんがスキンケアをしていることがあるので、肌をきれいにするにはスキンケアが大切だということに早くから気付いている子が圧倒的です。

うちの子もそんなに美意識が高い感じでもないの、化粧水をつけている様子を見ると、付けてみたいと言ってきたりします。

うちの子は、そんなに美意識がどうのこうのというタイプではありませんが、そのような感じではない子供でも化粧水に興味を持つくらいですので、美意識が高い子だったらこのような化粧水は、ともすれば自分専門のそのを持つぐらいに、スキンケアにこだわっている子も多いことでしょう。

ボディクリームを塗る子も

さらにそのようなスキンケアは顔だけに及びません。

体にもボディクリームを塗る子もいるのだとか。

このボディークリームは、色々なものがあり、昔からかなりいい匂いがするものもあります。

よく小さな女の子とすれ違っても、そのような人工的な良い匂いが漂うということはよくあります。

ですのでボディクリームを塗って、綺麗にスキンケアをしている子もいるのでしょう。

中学生の子がアトピーで、この子が小学生の時に薬を塗るのが面倒くさいていた時に「年頃になったら、こんな風にアトピーがなくても、みんなボディクリームを塗るようになるから、すぐに違和感を感じなくなるよ」というようなことを言いましたが、もしかしたら昨今は、小学生くらいからそのようなボディクリームを塗ることに違和感を感じないというような世代になりつつあるのかもしれませんね。

ヘアオイルなどのヘアケア

美容にはそのような肌だけではなく、髪の毛もサラサラな方がより美しく見えるというところがあります。

だからこそ、そのようにヘアオイルなどにも抜かりなくなっているというところもあるのでしょう。

早くからこのようなスキンケアに気を使うというところは、小学生以下の女子もやっているとなると非常におしゃまな感じがしますね。

ここまで抜かりなくやるとは、大人の自分でもあまりに無頓着だったりするので、小学生以下の女子を見習って行かないといけないなと思ったものです。

うちの子は、どちらかというと中学生以降にそのようなことを気にするようになりましたが、最近は小学生くらいでもそのようにヘアケアまで気にするというのは非常に早熟だなと個人的には思いますね。