皆さんは別れ話をする時ってどうしますか?

男女の付き合いというのは、そのまま結婚に至るということもあるかもしれませんが、残念ながら破局するということもあります。

別れ話の際に、LINEを使う事について、いろいろと賛否が分かれているところがあります。

では別れ話をLINEでするというようなことについては賛否について見ていきましょう。

別れ話をLINEで…それってどうなの?

別れ話をする時に「大切なことだから、会って話した方が良い」という価値観が主流でしたが、それが電話になり、さらにはメールやLINEなどになってきたところがあります。

時代によって変わってくるところがありますので一概には言えません。

電話が普及して間がない頃は、電話と言うとあまり良いイメージがなく、ともすれば横着であると思われていたところがあります。

しかし最近は電話も主流になってきましたので、別れ話が電話であると言っても、そこまで悪い反応を起こさないという人もいます。

ただその一方で最近LINEが出回ってきたというところがあり、「LINEでの別れ話についてどうなの?」というような声があるのもまた事実です。

では別れ話をLINEでするのはアリなのかということについてや、そのことを理由についてを見ていきましょう。

別れ話をLINEでするのは賛否両論

LINEで別れ話をするというのは賛否両論が分かれています。

特に別れを告げられる側からしたら悲しい思いすることは必至ですので、それでLINEで別れ話をすることについて否定的であるという見方もあります。

しかし別れ話をする側の方としては、いろいろと見方があります。

ではLINEで別れ話をすることについての、賛否両論についてもいろいろと見ていきましょう。

する側される側両方の意見を見てみよう

先ほども触れたように別れ話をする側とされる側によって感じ方が違います。

それはなぜかと言うと、する側は必然的にその相手に冷めているので、その相手のことについてあまり思いやるというようなところがないケースも多いです。

ただ別れ話をされる側というのは覚悟をしていたということであればまだしも、そうでなければ青天の霹靂でショックであるということがあります。

そんな大事な話を、なぜ対面でしてくれなかったのだろうと思ってしまうというところもあり、いろいろと賛否両論が分かれるところがあります。

別れ話をLINEでするのはアリ?ナシ?


皆さんは別れ話をLINEでするのはありだと思いますか?

それともなしだと思いますか?

LINEでの別れ話については、いろいろと賛否両論が分かれていますので、色々な観点から見ていきましょう。

別れ話をLINEでするのはアリ派の意見

ではまず別れ話をLINEでするのが、あり派というのはどのような意見があるのでしょうか。

そのLINEで別れ話をするのがあり派の意見について見ていきましょう。

もうどうでもいいからLINEでいい

すっかりと相手に冷め切っていて、「もう、どうでもいいから」ということでLINEで済ませたいというところがあります。

つまり会う価値もないということです。

それほどに冷めてしまったということなのですね。

ただ冷めてしまったという一言で言っても理由は様々です。

それほどに酷い目に合わされたということであれば、納得のいく一面がありますが、ただの心変わりで、相手には全く非がないということであれば、その相手の方が気の毒な感じにも思えます。

ただLINEでの別れ話をありとしている人は、どちらかと言うと冷めていて別れ話をするというタイプの人に、このような意見が多い一面があります。

会って話すと情が湧きそうで怖い


やはりこのような別れ話というのは、相手を断ち切るということですので、ともすれば情がわきそうだから、なるべく会いたくないと思うのは自然なことです。

こちらはどちらかと言うと冷め切ってしまったというよりかは、情はあるけれどやはり別れた方がお互いのためだと思っている人に多いところがあります。

確かに男女の付き合いというのは楽しく良い関係というのもありますが、その一方で共依存のような関係になってしまったりというような感じで、どうにも健全に関係を築けないような関係性もあります。

そんな時に逆戻りしそうで怖いから会いたくないというのは、非常に納得のいく話です。

直接だとせがまれたり面倒くさくなりそう

こちらは冷め切ってしまっても、そうではなくても会って話すことによって「別れないでほしい」というようなことをせがまれるような感じで言われて、めんどくさくなりそうだから会いたくないというような感じもあります。

このような時は対面ではなく逢わずに済ませたいというのも納得のいくところがあります。

こちらもやはり別れる派の意見であったりするところがありますね。

やはり別れ話をするからには、もうすっぱりと別れて次に行きたいとか、もう彼から解放されたいと思っているような人が多いです。

そのような時にせがまれたりすると面倒くさいというような感じで労力を使いたくないというところがあるのは否定できません。

納得してくれないから一方的に終わらせる

別れ話に至った経緯がどのような感じなのかにもよりますが、相手はまだ自分のことは好きで一方で自分は冷めてしまったという時、別れ話をしてすんなりと納得をしてくれるかと言うとそうでもありません。

別れ話がすんなりと行くのは、お互いにされていたり納得がいくからこそ、そのように綺麗に分かれるところができるところがあります。

しかし納得してくれないところがあると、もう別れたいのは決まっている場合は一方的に終わらせたいっていう気持ちがあります。

そのようなことでLINEで別れ話を済ませたいという人もいます。

新しい彼氏や好きな人に悪いから

新しい彼氏や好きな人が新しくできたということであれば、今付き合っている彼とは別れるしかありません。

しかし元彼とは言っても、異性であることには変わりありません。

ですのでそんな異性と二人きりで会うというのは、新しい彼氏に悪いとか、まだ彼氏ではなくても好きな人に対して気が引けるからということで、別れ話を会うことなく済ませたいという人もいます。

電話や手紙という方法もあるにはありますが、昨今はLINEが主流ですので、LINEでどうにかして別れ話をしたいというような考え方をするのも特徴です。

嫌いすぎてもう顔も見たくない

こちらも、もうすっかり冷め切ってしまった側の人の意見で、嫌いすぎるからも顔も見たくない、どうにかして接点を断ちたいという人が、そのようなLINEでの別れ話をよしとしている人がいます。

そこまでになってしまったら大変で、別れ話をするというのは非常に非現実的に感じられる所はあるでしょう。

そのような点から、接点を持たずに別れ話ができるラインは非常に都合のいいところがあります。

すぐ会えないような遠距離だと難しい

別に会って別れ話をするのが嫌だというわけではないけれど、遠距離恋愛になってしまって、そこから距離ができて冷めてしまったという時に、遠距離だと難しいからLINEで別れを済ませたいというような感じでことも挙げられている所があります。

確かに会いに行くには交通費がかなりかかりますので、もう別れたいと思っている恋人に対してそこまでの費用を先たいと思っているという人もそんなにいないでしょう。

そのような点から遠距離で別れ話をするという時には、LINEでの別れ話はオッケーなのではないかというような意見もあるのは確かです。

相手が忙しすぎて仕方なくLINEで

こちらも会って別れ話をするのが嫌だというわけではないけれど、相手が忙しすぎてなかなか会えないという時は仕方がないのでLINEで別れ話をするというようなケースもあります。

確かに忙しすぎて会えなくなり、そこから心の距離感ができてきたということであれば、別れになってくるのは必至ではあるけれど、なかなか会う機会がないということであれば仕方がないところがありますので、LINEで別れ話をするというような感じになってくるところがあります。

キレて暴力を振るわれる危険があるから

特に女性側から別れ話をするということになると、恐ろしいのはその彼からの暴力などの可能性です。

特に暴力や暴言などがあって別れたいと思っている人も多いでしょう。

そのような人であれば対面で会うというのは、逆に危険です。

もしどうしても対面で別れ話をということであれば、誰か付き添いが必要です。

出来れば女性ではなく男性の方がいいでしょう。

そして血縁関係のない男性だと逆上する恐れがあることから、できれば血縁関係の方がいいです。

例えばお父様やお兄様、弟さんなどです。

このような人がいると普段暴力的な彼氏であっても、なかなか暴力を振るうことはできません。

さらには、力に自信があるというような親族の方でしたら、逆に返り討ちにすることができるでしょう。

別れ話をLINEでするのはナシ派の意見

その一方でやはり別れ話をLINEでするのは無しという人もいます。

では逆に別れ話をLINEでする事は、なし派の人の意見について見ていきましょう。

大事な話はやっぱり面と向かって

別れ話というのは男女交際においては、非常に重要なことです。

ここできっちりとけじめをつけることによって、新たな恋愛につなげて行ったりすることもできます。

自然消滅をするという手もあるにはありますが、別れたのかそうではないのかというのをはっきりしないという状態はあまり良くありません。

そのような点から非常に重要な話ということになり得ることです。

しかしこの大切な話というのはLINEやメールなどで済ませるのではなく、面と向かって話すことが大切なのではないかというのが、このLINEでの別れ話は無し派の意見です。

今までの時間も台無しになる気がする

特に男女交際においても、長い年月の付き合いともなると非常に膨大な時間を一緒に過ごしてきたということになります。

もちろんしばらくは、会わなかった時期があるということもあるかもしれませんが、大抵の場合は頻繁に会ったりして一緒に過ごしてきたことでしょう。

そんな関係性をLINEで終わりにするというのは、今までの時間を台無しにされてしまった気がして反対だというような意見があるのです。

確かに長く一緒に過ごして楽しく過ごしてきたにも関わらず、LINEでずっと来られるということによって納得はいかないという気持ちになるには分かるところがあります。

そのような点が、LINEでの別れ話は無しというような意見の人の特徴があるのです。

相手の気持ちもちゃんと知っておきたい

LINEだとどちらかと言うと、一方的であるというところがあります。

もちろん相手も返信はできるのでしょうけれど、LINEだとブロックをしたり既読無視をするというような選択肢も取れます。

別れ話というのは非常に相手にも大切な所がありますので、相手の意見を聞くためにはぜひとも会って別れ話をした方が良いというのは納得がいくところがあります。

LINEでの別れ話があり派の人にとっては、サクッと終わらせてしまいたいというところがあるにはありますが、この別れ話をされる側としては、こちらの気持ちも聞いてほしいという気持ちがあります。

だからこそ会って別れ話をし、双方の合意の上で別れる選択をしたいっていうのは非常に納得のいく意見であるとも言えるでしょう。

LINEだと適当な感じがしてしまう

そして一番の問題は、LINEだとなんだか適当な感じがするということです。

別れ話ですので、きちんとした方が良いにもかかわらず、ともすればスマホを落として誰かが勝手に操作をして、別れ話をしたとしても、顔が見えないということから、本当に本気なのかというのが分からないところがあります。

ともすれば本当に誰かが勝手に操作したのではないかと疑問に思う人もいるでしょう。

このような感じでLINEだと、本当に本人が送ったのかというのがよくわからないところがあります。

そのような点でLINEが適当な感じがしてしまうというのも納得がいくところがあるでしょう。

対面で言ったら、本当にその人が発言したというのが証明されるところがありますし、さらには手紙であっても筆跡などで、その人が送ったと分かるところがあります。

でもLINEだと誰かどうしてもよく分からないような感じもありますし、適当な感じがするところもあります。

後々になって後悔をしたくないから

別れ話というのはある程度のけじめというところがあります。

ですので、このけじめをしっかりとしなかったということで後悔する可能性があるからこそ、対面で別れ話をした方が良いというようなこともあるでしょう。

こちらは特に別れ話をされる側にとっては顕著な問題です。

一方的に別れを告げられて、こちらの弁明の余地もないということになると後悔してしまう可能性の方が高いでしょう。

だからこそお互いに会ってから言いたいことを言い合い、そこでよりを戻すのか別れるのかということを決めたいというのは納得のいくところです。

仮にこちらの弁明の余地があったとしたら、もしかしたら長く付き合えたかもしれないと思うと、それは後悔の引き金になってしまうこともあります。

だからこそ、会ってから納得のいくようにしたいというのはLINEの別れ話が無し派の方に該当するところがあります。

彼女の友達に言いふらされたくない

もし別れ話になってしまったとしたら、できればそのようなことは言い振らされたくないところがあります。

だからこそ彼女の友達に言いふらされたくないというところがあります。

ですのでLINEでの別れ話で別れが成立してから、言いふらされたくないという思いからLINEの別れ話は無しだ人の意見があります。

特に女性はおしゃべりな人が多いので、このようにインフラされたらたまったものではないというようなところも納得がいくところがありますね。

最後に相手の姿を一目見ておきたい

先ほども触れたようにLINEでの別れ話と言うと、ともすれば誰かが彼女のスマホなど勝手に操作をして別れ話をしたというような可能性もあります。

そして対面ではないということから、姿を見ることができません。

このようなことから本当に自分が別れ話をされたのかというのが、LINEだとどうしても信じることができないところがあります。

特に好きだった彼女で何としても別れたくないということであれば、ついつい誰かが悪意を持って操作をしたのではないかというように思い込みたいところはあります。

だからこそ、もし別れ話をするということであれば最後に相手の姿をきちんと見た上で別れを納得したいというのは非常に納得のいく理由の一つでしょう。

やはり対面で姿を見て別れ話をするということで、本当に好きだった彼女から別れを告げられたということを体感することができます。

このように好きだった相手の姿をきちんと見てから、次に進みたいというのは当然の心理といえばそうなのでしょう。

お互いに納得して円満に別れたい

基本的に対面で話し合うことによって、お互いの納得は得られるところがあります。

このようにお互いに納得をして円滑に別れるということが、非常に男女交際においては重要なところがあります。

もちろん一方的に関係性を切ってしまうという方法もあるでしょう。

ともすれば自然消滅で別れ話をすることなく、関係を解消するということもできるかもしれません。

ですがこのような方法は相手の納得は得られない方法であるとすれば、それが良くない方向性になってしまうということもあります。

このようにしっかりと別れなかったことによって、相手がストーカーのような行為に出てしまうということもあります。

このような点からお互いに納得をして円滑に別れるというのは非常に大切なことです。

特に暴力的な彼氏とか会うと危険だということであればまだしも、そうではないということであればお互いにきちんと納得して円滑に別れるということが大切であるというのが、LINEでの別れ話は無し派な人の意見の一つです。

別れ話をLINE以外でするときの方法

このようにLINEでの別れ話するのは賛否両論が分かれます。

このような点から別れ話はLINEでの話は避けた方が良いのかもしれません。

ですが別れ話をLINE以外でするとなると、どのような方法があるのでしょうか。

一番いいのは直接会って話すのが一番だと思っていても、理由によってはどうしてもそれができないこともあるでしょう。

先ほども触れたように遠距離で会うとなると、すごく交通費がかかるという場合もあります。

さらには別れ話をすることによって、暴力を振るわれる可能性があるというようなことがあると会って別れ話をするのは大変危険です。

しかしこのような別れ話というのは、必ずあって来ないといけないわけではないですし、色々な方法があります。

では別れ話をLINE以外でする時の方法についていろいろと見ていきましょう。

直接会って話す

やはり別れ話をするにあたって一番良いのは、できれば直接会って話すのが一番です。

特に相手の人が思い出があって、別れ話に納得しそうにないという時、LINEなど本当にその人が操作してるのかどうかが見えないという方法であると納得ができない場合があります。

しかし直接会って話すということによって、本当にその彼女本人が別れ話をしているというのが分かるところがあります。

このようになると、彼女は別れたがっているという事実を受け入れるしかありません。

確かにストーカー行為については褒められたことではないかもしれないけれど、このような気質を持っている人は一定数います。

このようにストーカー行為をしてしまう人は、LINEなどの本人かどうか確認できない方法だと、これは本当の彼女ではないのかもしれないと思ってしまうところがあります。

そして納得が出来ないけれど、なんか冷たくされているというようなところを感じられると、それが怒りになってしまうところがあります。

この怒りを行動に移す事でストーカー化してしまうことがあります。

ストーカー化で怖いところは、この怒りが爆発し傷害事件を起こしたりするようなところがある点です。

このようなことを防ぐためには、なるべく会って別れ話をするのが一番です。

もしどうしても怖い相手だということであれば、できれば血縁関係の男性に付き添ってもらうと良いでしょう。

もしくは、喫茶店など多くの人がいて人目があるところがベストです。

そして帰るときも人目が多い所を選ぶところが一番です。

例えば喫茶店を建てた後に、人通りが少ないところとなると、その人通りが少なくなったところで暴力行為に及ばれることがあります。

ただどうしてもそのようなリスクが強いということであれば、会う方法以外で、尚且つLINEではない方法で別れ話をする方が良いでしょう。

電話で話す

もし会うのがどうしても怖いとか、どうしても会いたくないっていうことであれば、電話で話すのもベストな方法です。

電話であれば声で誰かが分かるところがありますので、別れ話をしたのか本当に彼女自身なのかというような疑念を抱かれないところがあります。

そして会うことは叶わないかもしれないけれど、相手の言い分も聞くことが出来るという点から電話というのは非常にお勧めであるところがあります。

もし彼がどうしても暴力的で怖いということであれば、会うことは避けて電話にすることもよいでしょう。

仮に自宅を訪ねてきたとしても、いざとなったら警察に来てもらうということもできます。

だからこそ会って話すのはどうしても怖い相手だということであれば、電話で話して別れてしまうという手もあります。

さらには遠距離すぎてなかなか会う機会がないということであっても、電話であれば電話代のテレビ電話等で済むところがありますので、会うことがどうしても難しい場合には電話での別れ話というのもベストなところがあります。

手紙を送る

確かに会うことが難しかったら電話で別れ話をするのがベストであるというようなことも納得ができるところがあります。

ただ中には恫喝をするようなタイプがいて、どうしても怖いということもあるでしょう。

話すのも嫌だというような相手の場合は、手紙が大変有効です。

確かに一方的になってしまうところはありますが、中には話し合いでどうにか分かり合えるというような相手ではないということもあります。

色々と芸能ニュースなどを見ているとDVをするようなタイプの人は、話し合いで分かるようなタイプではないケースが多いです。

さらにはこのDVをするようなタイプの人は、ハネムーン期があると言うように非常に優しくなる時期があるのです。

この時に対面で話したり、電話で話すことによって心が揺らいでしまうということもあるでしょう。

このような時はもう会うことなく、ともすれば相手の言い分を聞くことなく別れてしまった方が結果的にいいということもあります。

そこで白羽の矢が立つのが手紙を送ることです。

手紙は一方的にはなりますが、筆跡で他の人が書いたかというのが分かるところがありますので、彼女が本当に書いたのだということが分かるところがあります。

そのような点で会うことも怖く電話も抵抗があるということであれば手紙を送るという手があります。

自然消滅を狙う

確かに良い方法とは言い難いところがあるのかもしれませんが、このように別れ話をすることによって刺激をしてしまうということで、何か恐ろしいことが起こるかもと恐れを抱いてしまうこともあるのかもしれません。

そんな時は、この際自然消滅を狙って刺激を与えないまま、別れを実行してしまうというのもありです。

先ほども触れたように話し合ったりして、どうにかなる相手ではない人というのも一定数います。

中にはこのように接触を断つことによって、周りに危害を加えるということを脅してくるような人がいるのも確かです。

このようなタイプの人であればもう刺激を与えることなく、気がついたら連絡がなくなっていたというような感じにするのが望ましいです。

そこまでのタイプの人だったら、引っ越しなどを済ませて環境を大きく変えた上で落ち着いたら連絡すると言って、それっきり連絡をしないというような感じにするしかありません。

自然消滅であれば確かに相手を刺激しないところがありますし、このような相手の人だったらもしかしたら他の人にターゲットを絞るという可能性もあります。

正々堂々と別れ話をするのが一番であるとわかっていても、中にはそれが通用しない相手もいます。

このような時に自分の身を守るためには自然消滅にするしかないというようなこともあるでしょう。

正々堂々と別れ話をするというのは確かに潔くてけじめがある一面がありますが、中にはそのような正当方法が通じないような人もいます。

向こうが言いだすのを待つ

中にはどうにもしつこい相手というのもいて、何をしても絶対に聞かないようなタイプの人もいます。

このような人だと別れ話をしても、非常にも縺れるところがあり、どうにもならないところがあります。

このような場合はどちらかと言うと、もう相手の方に冷めてもらうしかないところがあります。

こんな人とは付き合えないと思ってもらうことによって、別れがスムーズに行くところがあります。

ですのでこの人はありえないというような行動をすることによって、相手が覚めるのを待ってしまうというのも一つの手です。

例えば会いに行く時もおしゃれをせずにすっぴんで会いに行くとか、LINEでの返事にしても絵文字がないような感じで、本当にこの人は自分のことが好きなんだろうかとか、こんな人は嫌だと思わせるような行動をわざとするというようなことで、向こうから切り出してもらうのを待つという方法もあります。

このような方法だと相手の方も遺恨を残すことなく、ともすれば自分から振ってやったのだというような既成事実ができますので、向こうも安心して次に行くことができますし、こちらとしても別れ話をして、すがられる負担が増すようなこともなく、すんなりと別れることができます。

別れ話をLINEでするときはその良し悪しを考えてから

LINEは便利なツールであることから、最近は別れ話もLINEで済ませてしまうというような人もいます。

しかしLINEについてはまだ新しいために認知されておらず、賛否は両論です。

このようなことから別れ話をLINEでするのは必ず良い結果になるとは限りません。

ともすれば争いの火種になってしまうということもあります。

確かに別れ話と言うとスムーズにいかないところがあるでしょう。

もし問題がないということであれば、会って話すことが一番であるのは言うまでもありません。

しかし相手によってはどうしようもないということもあるでしょう。

共依存の関係ということであったりDVの被害者と加害者という関係ということであれば、会って話したりすることによって悪い方向性に進むことはあります。

そんな時はもう会わずにスッパリと切ってしまった方が良いところがあります。

危害を加える可能性がないというのと、もう会うことは二度とないということであれば、どう思われてもLINEで別れ話をするという方法もありではあります。

しかし遺恨を残しやすいとかストーカー気質ということであれば、なるべく納得のいくであろう方法で別れ話をした方が良いです。

ただそれは必ずしも対面である必要はなく、電話や手紙などを用いても良いでしょう。

このように相手によって別れの切り出し方というのは、色々と考えLINEについてはその良し悪しを考えてからにしましょう。