紳士的な男性は憧れるものがありますね。

男性の方の多くは、紳士的な振る舞いを身につけたいという方も多いでしょう。

今は若い方でも、だんだんと年齢を重ねていくと、そのように思っていくところもあると思われます。

そこで今回は、紳士が身につけたい品格についていろいろと取り上げていきます。

紳士としてみにつけたい品格5選

紳士として身につけたい品格というのは、主に5つあります。

ではこの紳士として身につけたい品格、5つについて詳しく見ていきましょう。

1.行動や所作がスマートである

基本的に紳士の方は行動や所作にスマートさがあるところがあります。

例えばですが、トイレを済ませて出る時に走りながらハンカチで手を拭くという様子を見ていても、美しいものではありません。

女性によく言われますが、男性も同じようなところがあります。

もしお手洗い手を洗ったとしたら、ハンカチがあるのであればハンカチで拭き、そうなければ乾燥機などで手をしっかりと乾燥させて、トイレから出た後にゴソゴソと動かないようにしましょう。

少なくてもスマートに歩くということから、紳士さが出るところがあります。

外見が磨かれている

さらには紳士な人が外見も磨かれている所があります。

ついつい、気が付かなかったなどの事情で寝癖をそのままにしてしまったりということもあるでしょう。

目立ったところであればすぐに治すことができますが、後ろなど気がつかないところも結構あります。

ですがこのような細やかな点についても、きちんと対処しておいてこそ紳士と言えるでしょう。

そして何より、身だしなみを非常に重要です。

女性もそのような一面はあるのですが、特に男性の場合は、襟周りなどが汚れやすいので気をつけましょう。

こちらは60°ぐらいのお湯につけた上で、アクリルウォッシュや重曹などを使うことによって皮脂汚れを落とすことができます。

疲れている時は少々面倒くさい過程ではあるものの、もし平日が忙しいということであれば、ワイシャツは5着ぐらい揃えておき、週末にまとめて洗うようにしましょう。

2.強いメンタルを持つ


そして紳士な男性は内面も非常に強いところがあります。

ですので強いメンタルを持つことこそが紳士の条件の一つです。

特に男性の場合は、何かに依存することなく自分の力で歩んでいくことこそが求められているところがあります。

最近は女性の自立について色々と言われているところはありますが、例えばアルバイトやパートで実家に住んでいると言う独身の男女がいた場合、女性の場合はそこまで警戒心は抱かれませんが、男性の場合は違和感を持たれるケースが多いです。

確かに男女平等の世の中で、少々おかしいところはあるのかもしれません。

しかしやはり昔からの価値観というのは、そんなにすぐにひっくり返せるものでありません。

だからこそ男性は自分の力で立っていくことが求められていくところがあるのです。

そのためにも、紳士な男性には強いメンタルが必要です。

人に流されない

そしてそのような人は人に流されないところがあります。

「自分はこのように生きていく」という指針が決まっているからこそできるところなのでしょう。

自分に自信がないと、このように人の意見に左右されてしまうところがあります。

このように自分の選択がまずいのではないかと常に不安にあっている状態だと人に流されてしまうところがあるのです。

もしそのように自分の選択について不安を感じがちであるということであれば、下記のことについて頭に入れておきましょう。

それは、「選んだ道こそが正しい道である」ということです。

後悔をする人もいますが、大抵はそのような人はどの道を選んでも多かれ少なかれ後悔するものです。

このようなタイプの人は、選ばかなかった道の方がもっと良かったのではないかと思ってしまうところがあるのです。

実は心理学的に選択肢が多いのは一見良いことのように思われるところがあるのですが、逆に選ぶという手間が増えることで、あまり幸福を感じられないというところがあります。

昨今は情報が色々と手に入る時代ですので、逆にそのことで頭を悩ませる時間が増えると言われているのです。

このようなことから情報の取捨選択の方法も自ら考えていく必要があるのです。

色々な情報過多な時代の中で情報を選び取っていくには、いろいろな選択肢で「いいな」と思うものをピックアップし、その中から選択をしていくというような方法も勧められている所があります。

3.心が広い

そして紳士な人は心に余裕があり、心が広い人が多いです。

このような人は少々の事は笑って流せるところがあります。

逆に言うとクレーマーのようなタイプの方は、心が広いとは言い難いところがあるでしょう。

しかし心に余裕があるからこそ、人のちょっとした欠点についてあまり気を揉まないところがあります。

このようなところが心が広いと言われる所以の一つなのです。

確かに心が広く落ち着いているということによって動きも落ち着いてくるところがありますし、そこが紳士に見えるというところなのでしょう。

親身になる

男性は人の気持ちに寄り添うのが苦手であると言われていますが、必ずしもそうではありません。

男性もどのようにすれば良いということを「型」で決めることによって、人の気持ちに寄り添い親身になるということができます。

もしその気持ちが低いということであれば、どのようなことをすれば人が喜ぶのかというようなところを勉強することから始め、その型にはまるような対応することから始めてみましょう。

例えば女性の悩み相談をする時、男性はついついアドバイスをしてしまいます。

それは自分がこのような時は解決策を見出してもらった方が嬉しいと思っているからということもあります。

しかし女性は基本的に解決方法を聞いてほしいから話を聞いて欲しいと思っているのではなく、多くの場合は共感してほしいという気持ちがあるからこそ、色々と話してくるところがあります。

男性からするとそれが少々じれったく感じられるのかもしれませんが、ここは女性の喜ぶように共感だけをしてあげるようにしましょう。

このように色々とケースをパターン化していくことによって、だんだんと親身になった色というのができるようになってきます。

4.何事も受け入れる

基本的に紳士な方は色々なことを受け入れるということをすることがあります。

確かに中には、人生に干渉するような人もいるのかもしれません。

それはお母さんかもしれませんし、奥様かもしれません。

もしくは彼女かもしれませんね。

しかし「そんな考え方もあるんだね」という風に話を受け入れ、そのうえで自分はこうしたいということを決めることができる一面があります。

確かに女性は色々とアドバイスをしてあげようと思って色々と言ってくるところがあります。

しかし一旦受け入れて、その上で自分がどうしたいかということを冷静に考えることができるのが紳士な方の特徴なのではないのでしょうか。

柔軟に対応できる

このように何事も受け入れることができることから、柔軟な対応することができます。

融通が利かない人というのは、きっちりとしていて真面目な一面があり、その特徴も悪くはないのですが、やはり何でもかんでも型にはまった対応というのは、現実世界でできないものがあります。

この柔軟な対応というのは、特に接客など人と接する仕事などにおいては特にそれが重要になってきます。

ルール通りにというのが基本的に難しいのが人と接する仕事であったり、人と接することであるということも言えます。

このようなことから柔軟に対応できるというのは、今の社会にとっては非常に重要なことです。

マニュアル通りに色々とこなしていくというのは、ともすれば機械でもできることです。

しかしこの世に柔軟な対応をするということこそ、機械では難しいことであるとも言えます。

ですのでこのような重要な対応が出来る紳士は、非常に仕事においても重要なところがあります。

5.善悪の判断ができる


そして善悪の判断をしっかりとできるというところが、紳士な人の特徴です。

この善意の判断をしっかりと持つ事は日常生活において非常に重要です。

もしこの善悪の判断ということについて苦手意識があるということであれば、いろいろな掲示板を見たり、色々なマナーの本を見たりするなどで、どれが良くてどれが悪いのかということを頭に叩き込みましょう。

ただ難しいのは、このようにマナーの通りにしたからといって、必ずしもそれが正しいとは言えないような事態もあるということです。

同じような対応でも、ケースによっては良くないということもあります。

例えば具体例をあげると、「嘘をつくのはいけない」と言われていますよね。

この時は「嘘をつく」のは、信頼を落としますし良くないということです。

しかし嘘も方便ということもあるように、嘘が必ずしも悪いということではないのです。

例えば重病で体調は悪そうな人に対して「本当に顔色が悪いね?大丈夫なの?」と聞くと不安を煽る結果になってしまいます。

そのような時は、明らかに体調が悪そうと思っても「今日は顔色がいいね」と言ってあげることで安心させてあげることもできるのです。

このように対応一つにしても善悪というのは、まるっきりひっくり返ってしまうということもあるのです。

このようなケースも色々と学びつつ、善悪の判断というのについて学んでいきましょう。

優柔不断にならない

今の社会は先ほども触れたように情報化社会です。

だからこそ選択肢が多すぎて困っているという人も多いのです。

色々な心理検査においても、選択肢が絞られている場合と、たくさんある場合とではどれを選び取るかという実験において、選択肢がある程度絞られていた方が選びやすいところがあったのです。

このようなことから優柔不断になりがちな世の中とも言えるでしょう。

しかし紳士の方であれば、この優柔不断にならないということは非常に重要なことです。

先ほども触れたように、情報化社会ではあるものの、この多い情報の中からどのように選び取っていくかを学ぶことによって優柔不断にならないところがあります。

紳士とは

このようにいろいろな紳士の特徴を見ていきましたが、さらにいろいろな特徴があります。

ではこの紳士とはどのような人なのかということをもっと掘り下げてみていきましょう。

上品で礼儀正しい人

基本的に紳士は上品で礼儀正しい人が多いです。

基本的に怒鳴りつけるということもなく、暴れるということは決してありません。

もちろんそのように上品で礼儀正しい人であっても怒るような場面はあるでしょう。

このような人も感情的に任せて大声で怒鳴ったりするということではなく、落ち着いて冷静に不満点を述べるということができるというのも、紳士の特徴のひとつです。

教養の高い人

またこのような人は、教養が高いところがあります。

ですので色々なことを知っていて、話すと色々なことを明確に答えることができる人です。

もちろん勉強ができたということもあるのかもしれませんが、これは必ずしも学校の勉強に限ったことではありません。

色々な雑学などについて興味深く話を聞き、他のジャンルについても知識を吸収することができることから色々な教養を身につけることができるところもあります。

このような人は学ぶ意欲があるともいえるでしょう。

立派な人

基本的にこのように真摯な人は立派な人であるということが多いです。

多くの人に人物像を聞いても、立派な人というような答えが返ってくることも多いです。

なぜ立派な人なのかと言われると、先ほども触れたように大声で怒鳴りつけたりしないというような落ち着き払ったような態度もあったり、色々なことを知っているということから、「この人に聞けば間違いない」とか「この人に仕事を任せれば間違いない」というような気持ちにさせられるところがあるのです。

紳士の特徴

では紳士の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。

このような特徴を知ることで、色々と真摯に近づくことができます。

では紳士の特徴について見ていきましょう。

レディーファーストができる

基本的にこのような人はレディーファーストができるところがあります。

特に日本人男性はこのことについて恥ずかしがるようなところがあります。

ともすれば、西洋かぶれのように見えてしまうところもあるでしょう。

しかし国際化社会において、日本だけに留まるという時代ではなくなってきつつあります。

日本の企業に勤めていても、中には英語が社内の公用語であるなんてところもあるぐらいです。

ですので紳士であるということは、レディーファーストもすんなりとできるということが大切になってくるところはあります。

紳士の必要条件

そしてこのようなレディーファーストというのは、紳士の必要条件であると考えられます。

例えばドアを開けて女性を通してあげるというのは非常にスムーズではありますが、その一方でドアを開けても自分だけがそそくさと行ってしまうというのは、決してカッコイイとは言えないところがあります。

さらには女性が困っているのに何もせずに通り過ぎてしまうというのも、紳士とは言えないところがあります。

確かに全く知らない人に対して手助けをするというのが素晴らしいことではある一方で、どのような人かはわからないということから、少なくともリスクはあります。

ですので、ひとまずは知っている女性に対してレディーファーストをすることから始めてみましょう。

誰に対しても優しい

基本的に紳士の方は誰に対しても優しいところがあります。

それはともすれば、立場的に高いとは言い難い人でもあっても同じです。

例えば新入社員の方でしたら、色々と指導される立場の人ですので、ともすればパワハラなどにあいやすい所があります。

しかし紳士の方であれば、決してそのようなパワハラのようなことをすることもなく、優しく接する事が出来る所があるのです。

このような点も、紳士の方が魅力的である特徴のひとつです。

地位や損得に関係なく接する

先ほども触れたように、紳士な方は損得などに関係なく接することができるところがあります。

よくありがちなのは、得をしないような人に対しては、非常に冷たいというようなところがある人もいます。

さらには地位が高い人には媚びへつらい、そうではない人には偉そうにしてるというような人もいます。

このような人は、地位が低いと思っていた人が実はそうではなかったとか、出世をして自分より偉くなったというような感じになると、いきなり態度を変えるようなところがあり、それが不信感を持たれるところがあります。

しかし紳士な方であれば、どの立場の人であっても優しくすることから、どんなときも態度が表一体化しており、それが人望を厚くするところがあります。

人の悪口を言わない

紳士な人は基本的に人の悪口は言いません。

それは悪口を言うと、それが自分に返ってくるということも分かっていますし、言ったからといって何になるというわけでもないということが分かっているからです。

このように賢いからこそ、人の悪口を言わないところがあります。

基本的に悪口を言うとスッキリとするところはありますが、もしお互いに知っている人だったりすると、それが広まってしまうところがあります。

このようなことから悪口を言うというのは、ともすればリスクを伴うことです。

不平不満も少ない

基本的にこのような紳士な人は、不平不満も少なく、どのようにこの状況を打破するかということに力を入れているところがあります。

このように不平不満ばかりを言って何もしないということではなく、どのように改善していくかということに力を入れていくところがあるので、結果的に不平不満も少なくなってくるところがあります。

いつも前向きである

そして紳士な人は、基本的にいつも前向きであることが多いです。

確かに人間ですので、常に前向きというわけにはいかないところもあるでしょう。

しかしそのようなところも見せないというところが、紳士である方の特徴です。

もしかしたら一人の時にどっぷりと落ち込んでいるのかもしれませんが、すぐに気持ちを切り替えたりして、前向きであるように努力をしているところがあるのでしょう。

このように前向きでいられるということから、どのようにしたらその悪い状況を打破することができるのかということを考えるところがありますので、結果的に良い結果を出すことができるのです。

それは仕事においてもプライベートにおいても同じところがあります。

色々と悲惨な状況であったとしても、前向きな人と後ろ向きな人だったら、意外とどうにかなってしまうという人は、前向きな人であるケースが多いです。

見ていて大丈夫なのと思われるような場面でも「何とかなる」と笑っていて、本当に何とかしてしまうというような事もある一面は、前向きな姿勢の人の特徴です

ネガティブなことは言わない

紳士な方は、基本的にネガティブなことは言いません。

「こんなの、やってられない」ということを言うこともなく、仕事についてもきちんと前向きに取り組みますし、プライベートでもやるべきことはやっているというようなところがあります。

前向きである所と同じ所があるのですが、ネガティブなことを考える前に、どうしたらよいのかということを考えますので、結果的にネガティブな発言がそんなに無いと言えます。

自分の行動に責任を持っている

意外とよくありがちなのは、自分の行動に責任を持ってないという人も結構います。

それはあまり深く考えていないとか、思いついたことをその場で色々と言うことによって、だんだんとその行動に矛盾が生じてしまうということがあるのです。

あとその行動に矛盾が出やすい人は、大義名分などを全面的に主張するけれど、本心は違うところにあるケースが多いです。

例えば最近は母と娘の軋轢について、注目されることがあります。

その中で自分が果たせなかった夢を娘にやらせようとする母親というのも一定数いると言われています。

よくありがちなのは、自分はもう年齢があってできないから娘にやってほしいということを言うことがあるのですが、大抵の場合は年齢は言い訳にしているだけであって、本当に年齢制限があるのかと言うとそうではないことも結構あります。

しかしそのことを指摘しても、決して自分ではやろうとしないというようなこともあると言われています。

これはなぜそのようなことが起きるのかと言うと、やりたいという気持ちがあるかのように見えますが、本当は苦労してまでやりたくないという本音が隠れているというケースもあります。

このように行動や発言について色々と変わったり、ちぐはぐであるというケースでは大義名分はあるけれど気持ちがついていってないということは割とあると言われています。

言動をコロコロ変えたりはしない

先程も触れているように、大義名分と本心が違うという人は発言が変わることがよくあります。

だからこそ矛盾点を突かれると、何も答えられなくなってしまうところがあるのです。

本心からそうしたいと思って実行に移せる人であれば、そのように本音と大義名分が違うということはありません。

紳士の方であれば本当に強い志を持っているケースが多いので、本音と主張が一致していることが多いです。

このような点から言動がころころ変わるということはありません。

このように発言が変わる人は、信念がないところがあります。

こだわりがある

紳士な人は自分の生き方に一貫したこだわりがあるということから、外見などについても色々とこだわりがあります。

ですので流行もありますが、流行に流されてどんどんと変わっていくということはありません。

少しの流行を取り入れるということはあるのかもしれませんが、基本的なスタイルは一貫しているところがあります。

それは自分にこだわりがあるからとも言えます。

外見や所作を気にする

外見を気にすると言うと、何となくチャラい感じがしますが、決してそうではありません。

紳士な方は第一印象が、かなり大きなウェイトを占めることを知っていることから、外見を気にするところがあるのです。

流行ばかりを気にしてチャラチャラしているというわけではなく、身だしなみを大切にして第一印象良くすることで、ビジネスチャンスにも恵まれる可能性があるということを知っているのです。

さらに外見だけが良くても所作が美しくないと駄目であるということも知っているため、所作にもこだわるところがあります。

周りへの配慮を忘れていない

周りへの配慮というのは、いろいろと考えていないと難しいところがあります。

ぼーっとしていると色々なことに気がつかずに過ぎ去ってしまうところがありますが、そうではなく周りへの配慮がしっかりとしていることが多いです。

しかもこの配慮というのは、そこそこに頭が良くないとできないことです。

配慮するというのは、その人にとって良い状況にするということを考える必要があるため、たとえポーズで配慮しているふりをしても結果的に良い状況になっていないと、ただの邪魔になってしまうところがあります。

ですのでこの配慮についても、この状況についてしっかりと理解するということの頭の良さも求められます。

みんなに慕われる

そしてそのような人は、皆に慕われるところがあります。

やはり配慮が出来ない人よりは配慮ができる人の方が好まれる所があるのは言うまでもありませんね。

昨今は発言などによって問題を引き起こす議員も多いですが、言葉も非常に重要ですので、配慮をしてどのような人も傷つかないような配慮をできるということも非常に大切なことです。

芯をしっかり持っている

基本的に、このような人は自分にしっかりとした芯を持っているところがあります。

この芯があるからこそ、この人は信頼できると思っているところがあります。

やはり色々な人と接していても人によって意見を左右されてしまうというタイプの人よりかは、芯がしっかりとしている方より信頼できるところがあります。

だからこそ紳士な方と言うと、このように信頼できるという方が多いのでしょう。

自分の意見を貫く

柔軟に対応するので人の意見については取り入れるところがあります。

だからこそ時には衝突するということもあるのかもしれません。

しかし確かに、このような考え方があるということは受け入れるけれど、自分の意見を貫くというところもあります。

色々な状況があるので一概には言えませんが、どうしても衝突してしまった場合、妥協案を出したりすることもあるのかもしれません。

しかし自分の意見については信念を曲げないというところがあります。

人を信頼している

基本的に自分一人で行えることというのは限度があります。

例えば平社員の方だったら、上司の方の指示に対して一人で動いていく事で済むところもあるでしょう。

しかしこれが上司の立場になると、そうはいかないところがあります。

仕事量も圧倒的に増えますので、ある程度部下を信頼して、色々と仕事を振っていかないといけないこともあります。

意外と平社員の時はできる社員であったにも関わらず、人を信頼したりすることができなかったり、人に仕事を振るのがうまくできないというタイプの方だと、管理職の立場になってからつまずいてしまうことがあります。

紳士な男性は基本的に、このような上司としての立場にも向くところがあります。

部下を信頼しているので、どんどんと仕事を任せることができるのです。

やはり人は一人では生きていけないもので、色々な人の力を頼るところがあります。

昨今はお金を出せば済むところがあり、ともすれば一人で生きているような錯覚をすることがありますが、決してそうではなく、いろいろな人の助け合いによって社会が回っている所があります。

紳士な男性はその事についてしっかりと理解しているので、仕事上においても部下や同僚などに仕事の手伝いをお願いしたりするということも躊躇なくできます。

それは人を信頼しているからです。

信頼された人はその信頼に応えるべく頑張る人の方が圧倒的に多いです。

その結果、仕事においても良いパフォーマンスを出すことができます。

懐が深い

なぜ人を信頼することができるのかと言うと、基本的に懐が深いところがあるからです。

懐が深いと言うと、色々な面がありますが、もちろん精神的な包容力があるとも言えます。

さらには理解力なども高いということから、人を上手く信頼することができるところがあります。

確かに人に裏切られた経験があったりすると、この「人を信頼する」ということが難しくなってしまうことがあります。

ついそのような辛い経験があると「どうせ人間は皆そうなんだ」と思ってしまうところがあります。

しかし決してそうではないというのは、だんだんと人生を歩んでいくにあたって分かってくるところがあります。

紳士な方は、そのように人に裏切られた経験がないというケースもあるのかもしれませんが、その一方でそのような経験を経て克服をしたというような人もいるでしょう。

紳士な人は色々な知識や教養を取り入れたり、人との接し方で色々なことを学んでいくことにより、この懐の深さを身につけていくところがあります。

すぐにはにはできないのかもしれませんが、このことも本を読むことはもちろんのこと、色々な対人関係で学んでいくことができます。

まとめ

紳士な男性についていかがでしたでしょうか?

色々と心身の男性については特徴がありますよね。

もちろん全てをすぐに見つけることは容易ではないのかもしれません。

しかし色々と知識を蓄え、経験を積むことによって紳士な男性に向かって行くことができます。