マンション住まいの人、一軒家住まいの人、それぞれご近所さんとの付き合い方には違いがあるようですね。

おとなりにどんな人が住んでいるのか顔も知らないという人もいらっしゃるようですが、ご近所に仲良くできる人が住んでいるというのは心強くて楽しいものです。

とはいえ、人間関係は上手くいっているときはいいですが、上手くいかないとなるとストレスの元でもあります。

ご近所さんとは仲良くすべきなのか、仲良くするメリットやデメリット、効果的なコミュニケーション方法をご紹介いたします。

ご近所さん付き合いってどうしてる?

昔はお祭りや住民の冠婚葬祭、お葬式は町内で協力し合っていた日本でした。

ご近所さんと密接な関係をつくり協力しながら生活をすることで治安に対する不安を解消していこうとしていたのです。

核家族化がすすみお隣に誰が住んでいるのか知らない、顔を合わせばご挨拶だけということも少なくなってきています。

お引越しの時に隣近所に石鹸やお砂糖などちょっとした贈り物を持っていきご挨拶をする人、そういった儀式的なことは一切しないという人もいますね。

お引越しをした先で、今後のご近所付き合いをどうしようと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

仲良くするべきなの…?

ご近所さんというのはどちらかがお引越しをしない限り、家の近所で顔を合わせることが多く仲良しようがしまいが、切っても切りづらいご縁ですね。

人間関係は仲が良いにこしたことはありませんが、仲が良いからといっていつまでも続くかというと難しいところもあります。

ひとたび仲が悪くなると、仲が悪い人がすぐ近くに住んでいるので気まずい想いをすることもあり得るのです。

ご近所さんとのお付き合いのメリットデメリットから見ていきたいと思います。

メリット・デメリットで考えてみよう!


メリット・デメリットから考えるということは、取引のような感じがして好きではないという方もいらっしゃるとは思いますが、いったんメリット・デメリットを把握することで、トラブルになったときの気持ちの整理もできます。

メリットを知ることでより親しくなるきっかけにもなりますし、デメリットを知ることでトラブル回避に役立ちます。

ご近所さんと仲良くするメリット

ご近所さんと仲良くするメリットから見ていきましょう。

子供同士が友達になれる


お互いに子供がいる場合は、子供同士が友達になります。

子供は意識的に、無意識的に親の庇護のもと、親の多大な影響を受けています。

親が憎しみ合っていれば敏感に感じ取り、親が指示しなくても憎んでいる家の子供を排除しようとしますし、親同士が仲が良ければ子供同士も好意を持ちます。

子供と言えども趣味趣向、好みがありますが、親が仲が良いということで身内のような意識が生まれるのです。

これはご近所だけに限らず、たとえば親戚同士でも親同士仲が良い子供同士は仲が良いものです。

子供にとって親は自分の身を守ってくれる存在。

その親と仲が良いということは子供にとってとても安心感を与えてくれる存在。

そしてその家の子供も同じです。

お土産やおすそわけなどがもらえる

旅行に行ったり、出張に行って帰ってきたら、仲良くしているご近所さんからはお土産がもらえることが多いです。

たまにしか会わない友人なら、旅行や出張の話をしないでも済みますが、ご近所さんともなると留守をしているのがなんとなくわかってしまいますよね。

お土産を買わないわけにはいかない、という側面もありますが、一軒家の方はしばらく留守にしている間、家の様子をそれとなく見守っていただいたお礼という意味合いも暗黙の了解のうちにあるようです。

ご近所の奥さまがお料理好きでおいしいお料理のおすそわけにあずかること、グルメな奥さまなら各地からお取り寄せしたおいしいものをおすそわけということもありますね。

困ったときに相談できる

「遠くの身内より近くの他人」とよく言われます。

血の繋がり意識は強烈かもしれませんが、遠くに住んでいては困ったときに頼れないことも多いです。

相談事は電話やメールでできますが、いざ何かしてもらおうと思っても遠くに住んでいてはどうにもなりません。

物知りのご近所さんがいれば色々教えてもらえたり、専門職についているご主人がいれば相談に乗ってもらったり、口利きしてもらったりということもあり得ます。

お隣のご主人が日曜大工が趣味で、こまごましたことをお願いするという人もいます。

なにも、大ごとを相談しなくても、ほんの些細なことでもちょっとしたことを相談できる存在が近くにいるのは心強いものです。

旅行中など留守中の頼みごとができる

旅行のお土産のやり取りにもつながる話ですが、しばらく留守にするので植木の水やりをお願いしたり、ペットを飼っていたら散歩をお願いすることもあるかもしれません。

ある程度大きくなれば子供だけお留守番で遠出をしなければいけないことがあるかもしれません。

そのようなときでも仲の良いご近所さんにお願いして子供たちは一緒に夕食をごちそうになるという良好なご近所付き合いを続けている人もいます。

体調不良や怪我などで助けを求められる

小さな子供やお年寄りがいる家庭では、体調不良や怪我のとき助けを求められるというメリットもあります。

あるご家庭ではおじいさんがベランダで転んで、そのとき家に誰もいなかったそうです。

おじいさんは大声で「たすけてー」と叫んだとか。

お隣さんが駆けつけ病院まで運んでもらったという人もいます。

新米ママさんが夫が出張中に小さな子供が熱を出した、というときにご近所の先輩ママさんに助けを求めた人もいます。

何かあったとき助けを求められる人が近くに住んでいるというのは本当に心強いものです。

調味料などを借りられる

仲良くなれば調味料など、買い忘れたものを借りに行けますね。

生姜やマヨネーズ、豆板醤やだしの素など、ついつい買い忘れてしまい、それがなければ今日の献立が成立しないとなれば、せっかくの予定や準備が台無しです。

ご近所に気軽に借りにいくことができるのは安心です。

良好な関係が築けていないと、「そんなものも無いの」「あつかましいわね」となることろかもしれませんが、「それはお互いさま、誰だってうっかりすることあるわよね、どうぞどうぞ」というご近所さんは本当にありがたいです。

不審者などの情報共有ができる

ご近所でこんなことがあった、あんなことがあったという情報を共有できるもの良好なご近所づきあいをしているメリットです。

中でも、変な人が歩いていたなど不審者の情報共有ができることは大きなメリットです。

ある一角で空き巣被害が続出しました。

何時ごろ、どういう不審者を誰が見かけた、こういうことはしないでおこうなどという情報は大切です。

近隣との強固な繋がりがあるところには不審者も入り込みにくくなる雰囲気が漂うものです。

一緒にお出かけしたり楽しさがある

仲良くなれば一緒にお出かけしたり、時には小旅行にでかけたりという楽しさが生まれます。

遠出をしなくてもお買い物に一緒に出かけたり、子供のイベントに一緒に参加する楽しさもありますね。

子供の人数が少なくなっている昨今ですが、ご近所の子供も含めて出かければにぎやかで大家族の雰囲気を体験できます。

わいわいがやがや楽しいですよ。

大人同士のお出かけだけでなく、子供の運動会に家族ぐるみのご近所さんも招待するなんてこともあります。

ご近所さんと仲良くするデメリット

ご近所さんと仲良くするのはメリットばかりではありません。

仲良くしたばかりに・・・というデメリットもしっかり把握しておくっことが結局は末長い良好なご近所づきあいを続けるコツになります。

疲れを感じることがある

ハリネズミの法則のように、離れていれば感じることのなかった傷み、疲れを密接になったがばかりに感じることがあります。

いかに仲の良い相手でもお付き合いしたくない事柄や時間も出てきます。

そのようなときになんて断ればいいのか、あれやこれや考えなければいけなくなったり、親切にされることで重荷になるケースもあります。

気遣わなければならない

色々気遣いが必要になるのもご近所付き合いというものです。

一例ですが、仲の良いご近所さんが嫌っている人と自分が仲良くしている場合、お隣さんにはこのことは内緒にしておこうというようなことも増えてくるかもしれません。

おすそわけをいただいたら、いただきっぱなしというわけにもいきません。

詮索される

仲が良いからと言って、何から何まで家の中のこと、家族のことを話してしまうということはないですよね。

秘密にするというより、まだ決まっていないことを話してしまわないようにすることも多いです。

たとえば、子供が受験する学校は、まだ子供自身も決めあぐねているという段階では家族間で試行錯誤しているはずです。

そんなときご近所さんから「どこを受験するの?」と聞かれても答えようがありません。

あれやこれや詮索好きなご近所さんだと悪気はなくても困ってしまいます。

こちらからしないようにしたいのは、収入、学歴、あちらから話してこないのに子供のことを聞く、これまでの経歴のことなどです。

仲良くなってもあちらから話してこなければ聞かないようにしましょう。

お互いのプライバシーは大切にしたいものですね。

「今!?」ってときの来訪

とても忙しいときや夜に急に来訪ということもあり得ます。

仲が良くてついつい気を許してしまうのはお互い様ですが、「今?」というときの来訪は、無下に追い返すわけにもいかず、相手も悪気があってのことではないので困ってしまいます。

物をねだられることも

言い方は悪いですが、物をねだられることがあるかもしれません。

商品を「ください」という意味だけではなく、自分が入っている会に、「あなたも入ってほしい」とか商売をしているごきんじょさんなら「買ってほしい」ということもあり得ます。

仲が良くなければお断りもしやすいですが、仲良くしているご近所さんだと気まずい思いをしたくはないという板挟みが起きますね。

長話のおつきあい

お話好きが高じて長話ばかりするご近所さんがいると少したいへんです。

暑いとき寒いときおかまいなしに長話になると体調も悪くなるかもしれません。

そんなときの対処法は、相手の話が途切れた時に、時計や携帯を見て「あ、もうこんな時間ですよ!」と言ってみてください。

そしてこちらから「また、こんなに足止めさせてしまってごめんなさい」などこちらが相手を引き留めて長話してしまったかのように言いながら「さあ、〇〇に行きますね」などと言いながらその場を後にしましょう。

こうすることで相手に不快な思いをさせずにその場から逃れやすくなります。

ご近所さんとの効果的なコミュニケーション

そんな、ありがたくもあり少々難しさのあるご近所さん付き合いで効果的なコミュニケーションはどういうものなのか見てみましょう。

笑顔で挨拶をする

人間関係はまずは挨拶からはじまります。

仲の良い相手であればこそ、「おはよう」「こんにちは」「しばらく顔をみなかったけど元気だった?」「最近調子はどう?」など挨拶やお声がけが必要です。

仏頂面ではいけません。

笑顔での挨拶を心がけましょう。

ちょこちょこ世間話をする

そして適度な世間話をすることも大切です。

ずっと井戸端会議のようにするのではなく、ちょこちょこが友好的です。

ごみ捨ての時に会ってほんの5分、家の前で挨拶をしてほんの5分など。

世間話は、そのときに話題になっている芸能人の話でもよいし、気候のことでもかまいません。

自分たちのことでないこと、そして身近な人の悪口ではないことを話すのです。

共通の話題を持てることで一体感が生まれます。

もちろん、もう少し踏み込んだ話やお互いの家庭のことも聞いたり話したりということもありながら、その合間にちょこちょこと世間話をする時間を取ることで、お互いに踏み込みすぎないというメリットがあります。

マナーはしっかり守る

どんなに親しき仲にも礼儀が必要です。

世間話でお互いに関することを話さないというのはマナーの一種です。

土足で踏み込んではいけません。

相手が話しづらそうだなというときは聞かない、よほどの急用でない限りは訪問時間に気を付ける、相手が興味がなさそうなことは無理に勧めないなどのマナーが大切です。

ご近所さんとの間で守らなければいけないルールといえば、ゴミ出しのルール、回覧板のルールです。

程よい距離感を保つ

親しき仲にも礼儀あり、そして親しき仲にも程よい距離感が必要です。

関係が密着しすぎれば、どんなに気の合う者同士でもぎくしゃくするきっかけが生まれやすくなります。

ご近所間の究極のマナーは突き詰めれば、程よい距離感を保つことと言っても過言ではありません。

程よい距離感がわからないという方がいらっしゃるかもしれませんが、いつも相手のことが頭の片隅にあるというのは、ご近所付き合いでは危険です。

反対に、自分がこまったときだけご近所を頼りあとは知らん顔というのもトラブルのもとにはなりますが。

そして、仲が良いことは隠し事なく頻繁に一緒にいる時間を増やすことと思っているひとはちょっと危険です。

他人の家にはその家なりのルールやくつろぎがあるものです。

そこに口出ししたり介入することもしないようにしたいものですね。

協力し合う意識

くっつき合うのではなく、介入し合うのではなく協力し合うという意識を持つことで程よい距離感が保てます。

「お互い様」の精神で、協力しますよという関係が保てれば最高です。

ご近所付き合いはライバル同士ではなく、敵対し合う相手でもありません。

協力し合う意識が根底にあれば良好な関係を築きやすくなります。

困ったことは感情を抑えて伝える

生活していれば、どうしても相手がすることでこちらが困ることが出てくるものです。

ご近所さんは悪気があってしているのではないものです。

そういうときは感情で訴えてしまうとトラブルになりかねません。

困ったことは感情で訴えるのではなく、事実だけをまずは伝えましょう。

そのうえで、困っているのですという気持ちを伝えると良いですね。

気をつけたいのは、手紙やメールなど書面でこちらの気持ちを伝えるときです。

文章にするとかたい表現になりがちですので、感情を抑えると冷たい印象を与えてしまいます。

相手に直接伝えたいときは書いたものは避けたほうが無難です。

まずは信頼のおける第三者、中立的な人に相談してみることをおすすめします。

ご近所付き合いのうえで気をつけたいこと

それでは、ご近所づきあいで起こりうる困りごとをいくつか具体的にお話ししますね。

騒音や足音

マンションで多いのが騒音や足音です。

とても親切でお互い気も合うご近所さんですが、子供が夜遅くまで騒いでその声や足音で困っているという話をよく聞きます。

ご近所さんのお宅も、他の部屋の人の騒音で困っているなら気づいてもくれますが、そうでなければ、気づいていないかもしれません。

マンションは騒音などはお互いの話し合いで解決するようすすめているので、直接お願いするしかありません。

そうは言っても、せっかくの人間関係を崩すのはイヤだし、もし騒音を出しているお宅にどんな人が住んでいるのかわからない場合は報復行動も気になるかもしれません。

ある人は、直接名指しではなく、「みなさん騒音でお困りではないでしょうか?お困りの人は一度集まってお話合いしたいところですが、まずはみなさんのお困り具合を管理員まで」というようなチラシを当事者を含めて数件ポスティングしたそうです。

これなら名指しで苦情申し立てということにはならず、本人ももしかして自分のところのことをいっているのでは?と感じ取ってくれるかもしれません。

ペット

かわいいペットちゃんですが、ある人にはかわいいペットかもしれなくてもある人にとっては身震いするほどに怖い存在かもしれません。

ましてはペット禁止のマンションなどで規約に反してペットを飼うことはさけなければいけません。

誰も見ていないから廊下で散歩をさせてみたり、近くの公園でウンチを取らずに帰ってきたりなどもってのほかですよ。

ご近所さんに直接ご迷惑をかけなくても、動物嫌いの人から見たら不愉快に受け止められることがあるかもしれません。

マンションのエレベーターに一緒に乗るのも嫌だという人もいます。

そんな態度をされるといくらいい人でも動物好きの人からしてみれば不愉快になるものです。

動物嫌いの人への配慮や、露骨に態度に表さない配慮なども必要です。

ゴミ出し

ゴミ出しのトラブルも多いですね。

一軒家ばかりの地域ではゴミステーション区画が決められています。

Aというゴミステーション区画に家があるにもかかわらず、Bゴミステーションのほうが近いからと言って、いつもBに捨てる人がいました。

ゴミステーションの清掃当番というのがあり、Bに捨てるならBの清掃当番のローテーションに入らなければいけないので、区画越境はやってはいけないことです。

どこに捨てても一緒とはいかないのです。

ゴミ出しのルールは住んでいる自治体ごとに違いますから、他地域からお引越しをしたなら自治体に問い合わせたり、ホームページを見て確認しておきましょう。

細かな分類があります。

ゴミ出し日の日程もなかなか覚えられないかもしれません。

ホームページをプリントアウトしたり、自治体発行の小冊子などを手元に置いてゴミ出しルールを間違いなく行いたいものです。

朝、ゴミを出すのが億劫などと言って前日に出す人がいますが、カラスやそのほかの動物が荒らしにくることがあります。

ゴミは決められた日、決められた時間帯に出すようにしましょうね。

回覧板の回し方

自治会に入っている人は回覧板の回し方も、お仕事をしていて昼間はお留守など、事前に何時ごろ持ってくるのが都合が良いのか、お留守のときは回覧板をどこに置けばよいのかなどを確認しておくとよいですよ。

回覧板を自分のところで止めてしまうのが続くと迷惑がかかり、こちらの信用も無くなってしまいます。

ご近所さんと共有して利用している場所、共有スペースのルールやマナーを守りましょう。

駐車場で人のスペースに無断で停めたり、マンションなら廊下に荷物を置きっぱなしにしたりなどです。

マンションのパーティールームや地域の自治会館を利用するときは、汚したらきれいにして退出することが大切です。

人の悪口・噂話

誰かの悪口を言っているときは連帯感が生まれるものです。

悲しいことですが人間は自分の悪口を言われることを恐れて、誰かをやり玉にあげるようなことをしがちです。

でもこれは恥ずかしいことですよね。

悪口が好きな人も確かに存在しますが、自分が悪口を言われるのを恐れるがゆえに人の悪口を言うことはやめましょう。

悪口は、その悪口を言った人は誰なのかという犯人捜しに発展しがちで、もめごとの主題がコロッと変わってしまいます。

「あそこの夫婦は仲が悪いらしい」「あそこの奥さんが男の人と歩いていた」「息子さんは成績が悪いらしい」など「らしい」という噂話をまきちらすことが好きな人もいます。

もちろんそれが本当であれ、噂話や悪口はしないほうがよいのですが、あらぬ噂で肩身が狭い思いをしている人もいます。

噂話をする人にとっては事の真偽はどうでも良いものです。

うっかり噂話に乗ってしまうと、聞いていただけなのに噂の発信源にされるという被害をこうむりかねません。

だからといって、誰かが誰かの悪口を言っているときに「そんなこと言うのはダメよ」なんて相手に言うと喧嘩になりかねません。

悪口を聞かされたり、言いたくなったときは、一呼吸置くことが必要です。

決して同調せずにかといって反論しない態度が大切なのです。

敷地の境界線にまつわるトラブル

一軒家の場合は、敷地内にお隣の植木の葉っぱが大量にはみ出してくる、ブロック塀が落ちてきたなど、境界線にまつわるトラブルも発生しがちです。

それまで良好なご近所付き合いをしていたのに、大雨でお隣の庭の土が流れ込んできたということをめぐって一気にもめごとに発展した人もいます。

日ごろから、自宅の周りをきれいに整え、台風や大雨になったときに隣近所にご迷惑がかからないようにしておくことも必要です。

喫煙に関するトラブル

マンションの場合、ベランダでも喫煙禁止というところも多いようです。

自宅のベランダなんだからわからないだろうと思うかもしれませんが、たばこの煙は隣近所上階や下階へも侵入していくものです。

また、喫煙者はたばこの煙のニオイに慣れてしまっていますが、たばこを吸わない人は遠くのたばこの煙のニオイでも敏感に感じ取るものです。

洗濯物にニオイがつく、ときには髪の毛にニオイがつく、自分の家には喫煙者が一人もいないのに窓からたばこの煙が入ってきて家の中がたばこ臭い、などの苦情が多いものです。

わからないだろうと吸っているとトラブルに発展することが多いですので気を付けましょう。

ご近所さん付き合いは自分のペースでOK!

あれやこれや細かいことが苦手な人は、めんどうだからご近所さん付き合いはしたくないと思われるかもしれませんが、程よい距離感を保った第二の親戚という安心感や楽しも味わえる喜びもあります。

群れないもヨシ、家族ぐるみの仲になってもヨシ

親子や兄弟とは違って、嫌ならお付き合いしなければよいのです。

メリットデメリットを超えて仲良くするほうが楽しいとは思いますが、群れないもヨシ、家族ぐるみの仲になってもヨシという気軽な気持ちでいるのが正解のようです。

仲の良いご近所付き合いをしている地域にお引越しをしたときには、緊張や疎外感を感じることがあるかもしれません。

共通点があったり気が合う人とはこちらが無理をしなくても仲良くなっていくものですが、人付き合いが苦手な人はなかなか上手くいかないかもしれませんね。

そういう人は無理をしなくてもいいですよ。

無理にお付き合いをしてストレスをためると家族関係や子供にも悪影響を与えがちです。

家にいるとどうしてもご近所さんとの接触が多くなりがちですので、パートを始めたり習い事をしてみてはいかがでしょうか?

ただトラブルには気をつけよう

群れない選択、家族ぐるみの仲になる選択、選択ではなくなりゆきでなってしまったとしても、トラブルにならないように気をつけましょう。

仲が良いほどトラブルの種が隠れているという気持ちを持つくらいでちょうど良いかもしれません。

一度トラブルになってしまうと修復しづらいのがご近所さんです。

ご近所つきあいで一番やっかいなのが嫉妬やねたみの感情です。

これはなにもご近所さんに限ったことではないですね。

親密な関係を築いていたのに新たなご近所さんが引っ越してきて、そちらと仲良くしていることによる嫉妬、どちらかの夫が出世したり事業に成功して生活レベルが変わってしまうことによる妬み、良かれと思って親切にしているにもかかわらず感謝されないことへの不満。

トラブルのネタはつきません。

何かあったときに対応できるように意識する

トラブルが発生する可能性がある、という心構えが大切です。

ご近所さんとは些細なことでトラブルが発生する可能性があるのです。

人は自分なりの価値観で生きています。

自分には当たり前でも人にとっては当たり前ではないことはたくさんあります。

何かあったときに対応できるように常に意識しておくことが必要です。

もし仲良くしていたとき、何かのきっかけでトラブルに発展してしまうと、そのトラブルがたとえ小さなものでも、それまでの仲良さとの対比でショックを受けたり、必要以上にお互いを攻め合ってしまいがちです。

「あんなに親切にしてあげていたのに、こんなささいなことで文句を言われた」などということも多いものです。

最初から、どんなに仲の良い相手でもトラブルになることがあるという認識が必要です。

ご近所さんと上手にお付き合い♪

何度も言いますが、遠くの親戚より近くの他人です。

何か困ったとき頼りになるのが近くの他人、ご近所さんかもしれません。

そのときのためにご近所さんと仲良くしようとなんて思いながら仲良くする人はあまりいないと思います。

そんなことを思いながら人間関係を築くと結局魂胆がバレるものなので、しないほうが良いのです。

ただ、特に仲良くしていなくても何かのご縁で近くに住むことになり、話したり相談し合ったりできる楽しさや心強さはありがたいものですよ。

お付き合いしてもよし、しなくてもよし、という気軽な気持ちで上手にお付き合いしていきたいものですね。